EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

どれが正解とか、何が幸せとか

2019/01/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

TOEIC記事ランキング1位!
嬉しい、ありがとうございます、

20749記事のなかで1位は、結構嬉しい。

大変恐縮なのと、同時に、
必要な人に、必要な情報が
届くことが、とてもうれしいです。

前提をお伝えしておくと、
わたしは専門家でもなければ、
先生でもない、ただの、
通訳、翻訳、海外交渉を本業とする、
ただの、普通のビジネスパーソンです。

どれが正解とか、何が幸せとか、
それは自分自身が決めることで、
そこに一切タッチする気はありません。

ただ、少し、やり方を、
How toを知るだけで、
大きく人生が変わることを、
わたしは色々体感してきました。

わたしが併任でカウンセラーを務める、
Rk Englishリチャード川口先生の、
メソッドもそのひとつです。

個人的な願いとしては、
「無理だと思っている壁」を打ち破り、
色々な人が伸び伸びと、
次々にステージを変えられること

そしてそこで、
没頭できる何かに出会えること。

いま勤務している企業にも、色々人がいます。

台湾の人、帰国子女、
シンガポールから来た女の子。
誰とお話ししても、たのしいです。
とても、心は自由です。

でも、それは、
一定期間、ものすごい、
負荷をかけてきたからです。

謎のパワハラもあったし、
海外の代理店から怒鳴られ
毎日泣きそうになりながら会社へ、
通っていた日々もあったし、

昔から勉強ばっかりしていたので、
付き合い悪いなあ、協調性ないなあ、
そう思われていたとおもいます。

それでいいと思っていました。
(時に寂しかったけど)

でもその全てが、いまの、
自分を作っていると想います。

上場企業で、通訳、翻訳職に
就くことはわたしの、ひとつの、夢でした。

正社員では受からず、
(ほぼ案件もなかったので)、

日本の経済状態もみて、
雇われはちょっと怖いな、
と将来に不安を覚え、
頑張る方向性を変えようと、
経営の勉強を本格的にはじめたとき、
残業の時間を削りたいと、

Google先生に、
「英語 時給 高い 東京」
と聞いてみたところ、
たどり着いたのが、ここだったのです。

意図したわけではない、
唯一やっていたことは、いつ、どんな、
チャンスがきてもいいように、
ちゃんと準備をしていたことだけ。

だから、わたしは、
願ったことは、描いたことは、
必ず叶うと、想うのです。

いままでたくさんの大人に、
お世話になって来ました、今後は、
次世代に少しずつ、還元していく、
そんな時期だなと思っています。

新たな勉強をはじめています。
来たる時代に備えるために。

「革命のファンファーレ」でも、
ホリエモンの「ゼロ」でも共通して、
書かれているのが、

信用がお金に変わる時代が、
もう来ているという現実、

会社じゃない、
個人の力が試される時代が、
少しずつ近づいて来ています。

今負荷をかけている経営の勉強は、
もうまるっきりゼロで、初心者です、正直、
なにもわからない、でもだから、
ゼロだから学ぶんです、時につらい、
何をやるにも、一定期間の負荷は、
必要だと思っています。
楽して得たものは、いとも、簡単に、
手放してしまえるから。

日々の血のにじむような努力が、
血となり肉となり、今していることが、
5年前の未来に直結する、

それだけは、わたしが、心から、
感じていることです。

色々やってきました、
ステージを変え、奮闘しています。
だけどきっと、すべてが、
つながる日がきっとくる、いや、
自分で繋げてみせる。

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です