EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

普通ってなあに

2019/01/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

海外と仕事をしていると、

信じられないことが

山ほど起こる。

  • ドライバーに貨物を盗まれる
  • 荷物が神隠しにあう
  • 5分ごとにReminderが送られてくる
  • 逆にこっちがReminderすると、Reminderするなと怒られる
  • 何百万という証券を持った業者が、バスで居眠りをしてバックごとなくす

最初はめっちゃイライラした。

けど、数ヶ月して、これ、

イライラしてもしかたないなーと、

長いものに巻かれろ精神に変更した。

そもそも慣習も常識も通貨価値も

言葉も違う国が、商売を行うのだ。

空気読めない、って、

そもそもどの空気を読めばいいのか、

空気もなにもあったもんじゃなく、

どう本質を掴んで、雑念をとり、

Win-Winなビジネスを行うか、

ほんとにここが大切。

だから人一倍

わかりやすい文書にするし、

完結に、丁寧に、

一通のメールに情報を詰める。

(時差があるので、やりとり数削減)

契約時は、なにかあったとき、

被害を最小限に抑えられるよう、

徹底的に読み倒す、必要があれば足す。

トラブルは絶対あって然りで、

むしろトラブルがない日は、

ほんとに大丈夫か、と心配になる。

中国工場とか、マレーシア工場、

英語があまり話せないところは、

○とxで会話したりする。

(記号って世界共通)

  • 同じようにやろう
  • みんなでマニュアルを遵守しよう
  • 飛び抜けないよう皆でいっしょにやろう

だいっきらい。

コミットのために、皆で力をあわせて、

磨きあって、なにかを作るのはいい、

でも、そこを見ないで、

ただ決められたフローなんか守っていたら、

賢い国にさくっと持っていかれる。

効率は大切、

世界はいつも動いている。

いつだって、だれだって、

新しいパートナーになり得て、

儲かる展望と裏付けがあるなら、

いつだって可能性を考える。

現状維持は後退だ。

日本の会社で思いっきり、

日本語の生活をして、

あわないなーとおもった。

まじで、ほんとに、しんどかった。

しんどさを緩和するために、

プロジェクトとか、輸送実験とか、

色々立ち上げやったけど、

やっぱり、ちがうなーとおもった。

だからいま、すごく幸せ。

言葉も、慣習も、通貨も、季節も、

市場も、全てが異なる国々が、

同じルールの上で、共通言語を用いて、

毎日無数の取引を行い、

世界がまわっているのが、

とんでもなくおもしろいなーとおもう。

最初にはいった会社の、

社長と上司の影響が大きいとおもう、

未熟でも、大声でいいあっても、

ひとつずつ貯めてきた経験値が、

すべて、すべて繋がって、

生きている。

学生の頃ほんとに苦しくて、

なんで一緒じゃなきゃだめなんだろー

あわせなきゃいけないんだろー

変わっているねーと言われても、

なにを基準に変わっているのか。

皆なにが普通なのかよくわからない。

皆違っているのは大前提なんじゃない。

同調圧力、枠にはいるのは嫌いで、

まさか一生こんな感じなのとおもったら、

ほんとに大人になりたくなくて、

でもでも大学に出て、留学して、

世界はひろかったーって感動した。

世界中どこへいっても大丈夫って

いうのが一番の心の支え。

ここであわなかったら、

まあ、国200以上あるし、

どこかあう国があるだろうなーって

そんな感覚。

相当な鎖国をしていない限り、

貿易はどこの国もやるし、

ルールは世界共通、

仕事もほぼほぼ一緒なので、

大切なのは、メンタルとやる気だけ。

英語が通じなきゃ、

その国の言葉を覚えればいい。

いまは新しい知識とやり方、

いろいろ頭に詰め込み、行動に落とし、

ほんとうに色々な方々にお世話になり、

日々色々やらせていただいているけど、

経済基盤を作ったら、

趣味でいいので、

この世界にまた戻ってきたい。

それか自分で作ってしまいたい。

世界中飛び回って、

めっちゃいい何かを見つけて(アバウト)

パイプつくって、整備して、

新しい文化を日本に持ってきたい。

あと単発の通訳を、

コンスタントにしていきたい、

(日本にあるどこかの)大使館で、

秘書的なお仕事もしてみたい。

まさに、国境のど真ん中。

40までには全部やりたいなー。

旦那さん(30までにいるはず)と、

協力しながら、めっちゃ可愛い子供を

二人くらい育てながら(兄妹がいい)、

息子からは、

なんかむかつくけど、

「お母さんには勝てないんだよね」

と自慢したくなるような母に。

娘からは、

恋愛相談めっちゃ受けるような、

”一番の理解者であり、親友”になりたい。

両親がしてくれたように、

すごくすごく愛して、

いっぱいいっぱい可愛がって、

いけないことをしたら叱って、

誰からも愛される子に。

旦那と足りないところを補いながら、

時に甘えながら、

エネルギーチャージしながら、

(逆もしかり)

何より幸せなわたしで、

子供たちが誰より、何より、

幸せになれるような家庭を作りたい。

わたしがビジョンをかかげて

できなかったことはなにもなーい。

そのためにできることは、

一瞬一瞬を大切に、

目の前のことを一生懸命やる、

それだけだなーとおもいます(*^▽^*)

銀河鉄道の夜にある、

”ただ一番の幸いにいたるために、

いろいろの悲しみも神様の思し召し”です。

そのとおりー。

しかし、まあ、

いろいろ人生を変えてきたので、

いろいろ経験しすぎて、

やりすぎて、

もはや、留学とかは、

前世なんじゃないかっておもうくらい、

記憶がぼんやりとしています。

多分3年後いまのことを

覚えていない自信があるので、

ブログはほんとに、

わたしの外部記憶装置(笑)

職を変えても、結婚しても、

子供ができても、

自分は、自分で変わらないし、

自分らしくいられる環境を、

自分で、あるいは友達と、

仲間と、パートナーと、一緒に、

作っていけたら幸せだなーとおもいます。

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です