EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

何事もひとつ、ひとつ

2019/01/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

最近中国の通関事情に翻弄されており。

輸送業者の日本支社を通して、

確認を取る煩わしさにしびれをきらして、

もう直接中国支社に電話してみた。

しかしながら、

「Sorry..what do you want to know?」

と、何回も言われ。

何回も説明するけどわかってもらえず、

メールアドレスを聞いて、結局メールで説明する。

初めて話す相手に、

今おかれている状況、

その問題、懸念点、課題、

私たちが望むこと、

を説明するのは案外難しい。

さっさとメールアドレス聞いて、

わからないところを電話で補足作戦のが早い。

なにがいいかなんてわからないけど、

スマートで、確実な方法をとるのは大切。

このアプリみなさんご存知でしょうか。

Duolingo

すごい楽しい、ゲーム感覚で、

言語学習が進むアプリを見つけた。

どんどんクリアして、

そのたびに自分の中の語彙や。

文法が増えて行くすごいアプリ。

ドラクエみたい

(やったことないけど)

どっちにしろゲームするんだったら、

こういうので、言語っていう

付加価値がついてくるほうが、

お得じゃないかなーとおもいました。

趣味で続けているスペイン語は、

なかなかたのしくて新鮮です。

スペイン語って、英語とすごい似てる。

時々4カ国、5カ国いけますって

ひとがいますけど、あながち、

できないことではないのかもしれない。

だって似てるもの。

発音も、文法も、文字も。

基礎は勉強する必要があるけど、

ちょっと応用したり、

ちょっとひねりが入るくらい。

それにその人たちが知っていて、

前社で、中途採用のモデルとして、

貿易の何が楽しいのか、何を見据えて仕事をしているのか、

取材を受ける機会があったのですが、

記者さんにこの話をしたら、

「なるほど..つまり、TOEICのように

ひとつひとつを積み重ねて、出来ないところを、

一個一個潰していけば、出来ないことはない

というところに気付かれたのですね」

とまとめてくださってまさにそれだ、と思いました。

そして、

何事も結果なんてすぐは出ない、

ことだって知っている

だからちょっと伸び悩んだからって、

ちょっと壁にぶつかったからって、

諦めたりなんかしない

おっきなおっきな木ですら、

暑さに耐え寒さに耐え、

地道に土の中に根をはり、

年輪を確実に積み重ねて、

おっきなおっきな木になっていく

わたしも熱中すると、

ついつい入り込んでしまうので、

勉強ばっかりしてるのが

良いとも限らないのだけれど、

でも、どうなりたいかは、

常に持っていたいと思うし、

いまも大切ですけれど、

いまが楽しいからいいってのではなく、

多少さみしかったり、しんどくとも。

何年後かに正しかったんだと思える、

あれは必要だったんだなあと思える、

そんな生き方をしていきたいなと。

家族のことも一緒。

後悔だけはしないよう、

いまを大切に使っていきたいですね。

(記事の元ネタは、自身が2017年に書き留めていたものです)

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です