EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【化物語|つばさキャット】まじめすぎるヒトへ送る名言7つ

2019/11/28
 
化物語 名言 羽川翼
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

原作西尾維新先生の『物語シリーズ』には心を熱くする名言がいっぱいこの記事では優しいヒトへ送る名言に続き「ひとの表と裏」といった人間らしさに溢れた、化物語の名言をまとめてみました。

スポンサーリンク

 

① これでも感謝してるんだ

化物語 名言

誤解するにゃよ、人間。今回の俺は暴れようとするつもりはにゃい。

俺はこれでもお前には感謝してるにゃ。

出典元:化物語 ブラック羽川

「あの人はきっとこうだ」って思うことって、案外違っていたりするんですよね。憶測で動くと思わぬチャンスを逃してしまうことにも。大切な場面だからこそ冷静になることも大切なのでしょう。

 

② ストレスの権化

化物語 名言

俺はご主人のストレスの権化にゃ。

ストレスの大元が解消されれば、俺もまた消えるのにゃ。

出典元:化物語 ブラック羽川

ストレス解消として、全く別のことをして気を紛らわすのもひとつの手ではあるのですが。根本が解決されない限り、重いモヤモヤした何かが心に残り続けるものときには勇気を出して「何が自分を苦しめているか」を見つめてみることも必要なのかもしれません。

 

③ あの性格も含めて、好きなんだ

 化物語 名言

ぼくはあの性格を含めて、戦場ヶ原のことが好きなんだ

生まれて初めて、真剣にひとをすきになったんだよ

出典元:化物語 阿良々木暦

人間ですから色々な面を持っているわけですけども、それもすべてひっくるめて「好きだ」と言ってくれるって、これほど嬉しいことはないですよね。阿良々木くんの愛情深さを感じることばです。

スポンサーリンク

 

 

④ 事情はどうあれ、それは彼女の弱さなんだから

化物語 名言

事情はどうあれ、お前を出したのは羽川の弱さなんだ。さっきの言葉はお前じゃなくて、羽川が僕にいうべきだった。苦しい役目をお前に押し付けたに過ぎない。

羽川と同じ環境にいたって、怪異に頼らず、自分ひとりでその環境を生き抜いている奴もいるはずだ。

出典元:化物語 阿良々木暦

ここに生まれなければ」「あの人があんなことをしなければ人のせいにするとラクなんですけど、でもそれで自分の状況が変わるわけではないんですよね。「だからダメだ」と考えるか、「でもよかったこともある」と切り替えるかは自分次第、その選択で人生が変わって行くんですね。

 

⑤ 誰にでも優しいって、つまり誰にも関心がないってこと

 化物語 名言

誰にでも優しいって特別な人間ていないってことだにゃ

出典元:化物語 ブラック羽川

好きな人がいれば嫌いなひともいる、でも稀にどっちとも取らない人がいるんですよね。そういう人はいい意味でも、悪い意味でも人に関心がない、誰かに執着していないからこそ「誰にでも優しく」いられるのでしょうそう考えると「嫌いな人がいる」っていうのは、悪いことでなく普通のことなのかもですね。

 

⑥ お前を助けたいと思っている奴の存在を

化物語 名言

そりゃあ人は一人で勝手に助かるだけだけれど、助ける側にそんな事情が関係あるのかにゃお前を助けたいと思っている奴らが、一体どれだけいると思っている。それをお前は、ひとり残らず拒否するのかにゃ。

出典元:化物語 ブラック羽川

家族だったり、恋人だったり、自分が思っている以上に「自分を大切に思ってくれている人」っているんですよね。案外気が付いていないのは自分だけ、だったりするのかもしれません。

 

⑦ あの人はあれだ、そう、「おひとよし」

化物語 名言 忍野メメ

いつかは僕もこの街を出て行く。ーある日突然挨拶もなしで姿を消したりはしないさ。ぼくも大人だからね、そのくらいはわきまえている

化物語 名言 阿良々木暦

どうして気づかなかったんだ。あの台詞そのものが、どうしようもないくらいに、もう別れの挨拶じゃないか。別れの言葉を決して口にしない、人との別れが誰より苦手な、あの不器用な男の、精一杯の親愛の証

出典元:化物語 忍野メメ/阿良々木暦

忍野メメの気持ちを組んだ阿良々木くんは、これからは「自分で」「自分たちで」やっていかなければならないのだと悟るわけです。「別れの言葉」って難しいですよねでもその不器用さもひっくるめての忍野メメ、まさに「おひとよし」な彼らしい去り方だったのでしょう。

スポンサーリンク

あとがきにかえて

bakemonogatari.meigen

ストレスをうまく消化できず、それを「ブラック羽川」として切り離した羽川さん。自分を犠牲にしてでも、関わる全てのひとを助けようとする阿良々木暦。でもそんな「身を削ってでも人を助けてしまう阿良々木くん」を、犠牲の分だけ愛してくれる人たちがいるから彼は生きていられるのかもしれません。「助けている」つもりが、実は「助けられていたり」することもあるのですね。逆もまた然り、「助けられているつもり」が、実は人を救っているということもあるのでしょう。化物語は生きて行く上で大切なことがたくさん詰まっている気がしますね。

物語シリーズの名言集はこちら

この記事を読んだ人へオススメの記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です