EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【化物語|ありがとう、阿良々木くん】頑張るヒトへ送る名言7つ

2019/11/28
 
化物語 名言 戦場ヶ原ひたぎ
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

原作西尾維新先生の『物語シリーズ』には名言がいっぱいでてきますよねこの記事では「人間の想い」、「背負うべき代償」といった人間の深さに切り込んだ、化物語の名言をまとめてみました

スポンサーリンク

 

① やればできるなんて、言葉に酔ってるだけですよ

化物語 鬼物語 名言集 八九寺真宵

やればできるなんて、聞こえのいい言葉に酔っていてはいけませんよ、阿良々木さん

その言葉を言うのは、やらない人だけです

出典元:化物語 八九寺真宵

本当にやっている人は、やる気のある人は、「やればできる」という言葉は使わないのでしょう。本当にやりたいこと、叶えたい願いはひとには逆に人には言えなかったりするものです。

 

② 背負わなくてはいけないもの

化物語 名言

どんな重かろうと、それはきみが背負わなくてはならないものだ

他人任せにしちゃあ―いけないね。

出典元:化物語 忍野メメ

人生良いことだけではなく、善悪に羞恥心、ときに何かを為すための代償といろんなものを経験していくわけですが。忘れるのではなく、誰かになすりつけるのではなく、ときには自分で背負っていかなければならないものもあるのです。

 

スポンサーリンク

 

③ 助けない、力は貸すけど

化物語 名言

助ける?そりゃ無理だ、君が勝手に一人で助かるだけだよ

出典元:化物語 忍野メメ

人は被害者にもなるし、加害者にもなりえる、見方を変えるだけでいかようにも捻じ曲がってしまう。被害者ぶるのは何の解決にもならない、事情を抱えている人なんてたくさんいるわけで、悲壮感に溺れていては、進めないことも世の中にはたくさんあるのしょう。

 

④ どうか私の重みを返してください

 化物語 名言 阿良々木暦 戦場ヶ原ひたぎ

ごめんなさい、そしてありがとうございました。

でも、もういいんです。それは私の気持ちで、私の想いで、私の記憶ですから。

私が背負います。お願いします、どうか私に私の重みを返してください。

私に私のお母さんを返してください。

出典元:化物語 戦場ヶ原ひたぎ

人の記憶っていうのは都合よくできているわけではなくて、悪い思い出だけぽいっと捨てることはできないんですよね。その中には、幸せで楽しい思い出も、しがらみもセットになって、心の中にひっそりとあるわけです。彼女は全てをなくして、はじめてその大切さに、気が付いたのかもしれません。

スポンサーリンク

⑤ 苦い記憶も含めて、全て自分なのだから

化物語 名言 戦場ヶ原ひたぎ

つまり戦場ヶ原は、カニに行き合った時に、母親へのしがらみを全部切ったのだ。母親のことで思い悩むことをやめた。思うのをやめた、重みをなくしたのだ。自ら進んでズルをした

ーそれなのに、それでも、それゆえに戦場ヶ原ひたぎは返して欲しかった。返して欲しがった。もうどうしようもない、母親の思い出を、記憶と悩みを

出典元:化物語 阿良々木暦

悩みも、つらいことも、しがらみも、ないに越したことはないのですが、それをどう乗り越えていくかで「人間らしさ」が深まっていくような気がします。苦い母親の記憶も含めて、そのすべてが彼女を作っている。楽しかった日々は戻ってこないけど、いまの彼女にとっては記憶が唯一の母親であり、何より大切なものだったのでしょう、先に進んでいくために

 

⑦ 何も変わらない、なんてことはないわ

化物語 名言 戦場ヶ原ひたぎ

りがとう、阿良々木くん。私はあなたにとても感謝しているわ。今までのこと、全部謝ります。図々しいかもしれないけれど、これからも仲良くしてくれたら、私とても嬉しいわ

出典元:化物語 戦場ヶ原ひたぎ

素直で飾らない言葉って、必ずひとに伝わるものです。悪いと思ったら、相手に対して申し訳ないことをしたと思ったらしっかりと謝る、自分の気持ちを素直に、飾らずに伝えるって人としてとても大切なことですよね。

スポンサーリンク

あとがきにかえて

化物語 名言 忍野メメ

化物語「ひたぎエンド」のなかには、人間の重み、しがらみに関するメッセージがたくさん込められています思い悩むのは面倒くさいって思ったりもするんですけど、それを一緒に解決するから絆が深まるし、心があったかくなったりもするんですよね。嫌なことをスパスパっと切るのもある意味賢明な判断ではあるのですが、「自分に必要な重み」というのもあるのかもしれません。

物語シリーズの名言集はこちら

この記事を読んだ人へオススメの記事

スポンサーリンク

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です