Wise man learns from History.

【バイリンガールちか】さんのYouTubeはなぜ炎上したのか

2020/04/14
 
アメリカ
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

久しぶりにバイリンガールちかさんの動画をみたら….炎上していた。一体何が起こったのかと冷静に見返していったら、どうやら説明不足により誤解がうまれ、批判コメントが殺到見た人へも怒りが伝染負の連鎖となり収拾がつかない事態になっているよう…

お手上げ

ただ相手を思う助言であっても言葉は使い方次第で凶器にもなるんですね。とくにコメント欄は匿名ですから、受ける方はとてつもなく痛いはずです。見る側と、発信者の間に色々と誤解があようだったので、なぜ炎上が起きたのか、論理的に分析していきたいとおもいます。

スポンサーリンク

(この記事について私情はいれず、あくまでトラブル解決としての第三者目線での分析といたします)

なぜ炎上にいたったのか、本質を時系列でみていく

こちらが最初にアップされた記事で、炎上の元となったものですね。

時系列でまとめると、

  • マレーシアから帰国することをYou Tubeで報告
  • ちかさんの顔に疲れがみえる、こんな状況でも動画では明るくという気遣い
  • 視聴者に心配させまいと頑張って動画をつくっていた (でも帰国の理由の説明がたりなかった)
  • 説明不足が故に、視聴者に「自分の都合で動く勝手な人」という印象が根付いた
  • 批判コメント殺到 帰ってくるな、自分勝手etc …)

ということですね。

 

視聴者はなぜ怒っているのか

怒る

コメント欄が荒れていますが、主な声は下記のようなものでした。

  • なんで今日本に帰ってくるの  (日本にウイルスを持ち込まないで)
  • 自分の都合でマレーシアにいったのに、やばくなったら帰ってくるのか
  • 影響力のある人が、自由に動き回るYoutubeを今投稿するのか
  • 自分のことしか考えていない
  • なぜヘラヘラ笑っているのか
  • 宣伝しているのか

次のパラグラフでは、つまり何がいいたいのか、この怒りの言葉を要約します。

 

この怒りの言葉をシンプルに要約すると…..

困る

  • ちかさんたちは事態を深刻に考えず、自由に動いている
  • そういう人が日本にウイルスを持ち込むんだ
  • ちかさんがそういう人だと思わなかった
  • ただでさえ影響力があるんだから、動かずじっとしてて (むしろStayHomeをよびかけて)

となりますね。

ただ批判コメントで溢れているなかで動画を見るとそう見えるかもしれませんが、おそらくコメントがオフになっていたり、#888の動画を先に見ていたら、その印象はまた違ったものになっていたでしょう。根拠を次のパラグラフで説明していきます

スポンサーリンク

#888動画での、ちかさんの追加説明と再炎上

#888の動画「先日の発表について自分たちの考えをお伝えします」では、いちばん多かった「今日本に変えるのはどうなのか」という意見に対して、具体的な説明がアップされていました

ビザ

  • 帰国理由は、ビザ (滞在期限) の限界が近づいているから
  • まだ今は、自分で航空券が取れる状にある
  • でもこの先コロナが深刻化したら、飛行機が飛ばない可能性もある

ということをふまえて、

  • むしろ「帰るという選択肢があるいま、「自粛して残ったら、
  • 政府のチャーター機に乗るなどイレギュラーな対応が必要になる
  • それこそ避けるべきでありそういった事情と族の安全を考えてこの決断に至った

と、こう文章でみるとたしかにと思う方もいるのではないでしょうか。

飛行機

マレーシアには日本の駐在員もたくさんおり、ギリギリまで頑張っていらっしゃる方もいるので、「チャーター機で帰国するのは最悪のケース自分たちが乗るのは違う」というのは、むしろ至極真っ当な意見ではないでしょうか。

 

1度目とはちがう形で、視聴者激怒

びっくり

追加であげられた動画#888には、また違ったコメントが寄せられていました。

  • 動画をみてもなぜ私がこんなことをしなきゃならないのと感じました
  • ちかさんまだ学んでないんですね、がっかりしました
  • 論点がずれているとおもいます
  • 意見が合わない人は、アンチですか
  • 見たくない人は見なければいいって、どの口がいうんですか
  • どうやってお金をもらっているとおもうんですか

コメント

えっと、とりあえず、この動画のタイトルは自分たちの考えをお伝えします」なので、タイトルと論点はずれていないですよね。動画では「なぜ今帰るのか」に焦点をあて、結論ありきでわかりやすく説明そして反応に対する自分たちの意見が述べられていました。

スポンサーリンク

視聴者が、不快に感じるのはなぜか

怒る

わかりやすい説明を受けても、なんともいえない気持ちが残るのはなぜか。それはあの動画から、客観的に見て(心無い言葉に対する) 悲しみと怒りがドカンと伝わってくるからだとおもいます。「わたしはこうです」っていうボールを、いきなり投げつけられたイメージでしょうか、それをうけ、また

  • 本当に反省してるのか
  • 意見が合わない人は見なければいい、なんてことをいうんだ

とちがう誤解が生まれてしまったのでしょう。

言葉や表情に思っていることは人間わかるものでして、究極のところ何処吹く風で謙虚さが感じられないと受け取り、新たな怒りが湧いてきたのかもしれません。(結局のところ、そんな意図はなく誤解だとおもわれるのですが… ..

 

なぜこの時期にマレーシアにいったのだ、という意見

ダンボールをかぶる人

またもう過ぎたことではありますが、『なぜこの時期にマレーシアにいったのだ』という批判続いているようです。ただ2020年のはじめでコロナがここまで広まることは誰が想像できたのか… 。日本国民の殆どは、ここまで広まることは考えていなかったのではないでしょうか。ただ、その分注意深く動く必要があったのは確かで、そこはご本人自ら説明されていました。

過ぎたことであり大切なのは次にどうするか」「それを受けてどうするか」で、「なんでいったのか説明してください」というコメントは的外れですね。いってしまえば、側からみれば発信者に対する八つ当たり…. (怒りの向けどころがなくなってしまったのか)

 

動画から読み取れる、ちかさんの意図

動画

今までのちかさんの動画と、今回のことを考察するに、

  • こんな時だからこそ、明るい動画を発信したいと思っていた
  • だからこそ疲れていても笑顔で、いまできることを一生懸命発信しようとした
  • でも伝え方の問題や不足があり何も考えていないと誤解をうむに至った
  • 続けられるかを悩むくらい、コメントに傷ついた (動画#888によると..)
  • それでも対応しなくては、と説明の動画をアップした (けれどまた違うコメントが… )

といった流れがあったのだとおもいます。

ご本人がいちばん覚悟されていることかとおもいますが、恐らく仕事をしながら子育てをしながらで、大変ななか動画をアップしていた皆を勇気付けるために作った動画が、ちょっとした誤解により炎上。結果として言葉がきついコメントを多く引っ張ってきてしまった…。

スポンサーリンク

誹謗中傷は『侮辱罪』にあたる、コメントする際は要注意

【韓国への輸出規制に対する世界の反応】報道内容まとめ

ちなみに「頭が悪い」「常識がない」といった相手を傷つけるような言葉を書き込むことは、『侮辱罪』にあたります。実際にネットで誹謗中傷を受けたとして本人特定で訴えられた事象もあります。(有名どころだと芸能人の川崎希さんの例ですね)

黒板

侮辱罪(ぶじょくざい)は、事実を摘示しないで、公然と人を侮辱することを内容とする犯罪である(刑法231条)

  • 本罪の行為は「公然と人を侮辱すること」である
  • 「公然」については、名誉毀損罪と同じ
  • 侮辱」とは、他人の人格を蔑視する価値判断を表示することをいい、態様を問わない

今回の発信者どうこうはおいておいて、コメント欄など公けの場所で人を侮辱することは犯罪にあたることは念頭においておくことが、自分のためにも良いのかなとおもいます。

 

あなたのことを思って、は単なる押し付け

斧

言葉はつかえ方を誤ると、厄介な凶器になるのです。

  • ちかさんのことをおもって言ってるんです
  • あなたのことをおもっていっているのに
  • みんなあなたを心配しているのに

これは単なる『押し付け』で、本当に相手のことを思っている人はこんなことは言いません。言葉に飾りをつけてごまかす手法は、軍隊でもよくつかわれていますが、「国のために殺した」「兵士を守るために発砲した」正義をふりかざしても、やっていることは変わらないんです。YouTubeは確かに「見る人」のおかげで成り立つのかもしれませんが、実際のお金の出どころは広告主」です。正義を振りかざして、相手に謝罪を求めたり、いうことを聞かせようとするのは征服欲でしかありません。

スポンサーリンク

あとがきにかえて

月

あまりにコメントが続いているようだったので、お節介にも、本記事をあげさせていただきました。事態が落ち着きましたらこの記事は消去しようと思っております。

コロナが思わぬ勢いで蔓延し、ストレスフルな毎日を送っていることは皆さん同じことと存じます。過敏になるのも当然で、また状況によっては意図していない言葉で傷ついたという人もいるかもしれません。ただやったこと、いったことって、いつか自分に返ってくるんです。ですからどうか、一時の感情に流されず、周りのコメントに流されず、自分を強くもって、「自分のためになること」をしてください。3年A組で柊先生が訴えていたことと一緒ですね。

YouTuberは自分を幸せにしてくれる万能の神ではありません。”他人に同調するより、他人を貶すより、まずは自分を律して磨いて作っていくことが大切なんじゃないのか 先生の言葉を思い出し、自分のためにも心を良い方へ使う方が増えることをいのっております

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です