EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

新卒で負け組と呼ばれた私が、ビズリーチで引っ張りだこになるまで(後編)

2019/06/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

前編では、中小企業で懸命に働いたものの、結局大手がいいと転職を決意したところまでをお伝えしました。今回は中小企業からの転職、ヘッドハンティングを受けるようになるまでのお話しです。瞬間だけ切り取ると辛いことも長い目でみれば、大きなメリットになる場合もありますから。キャリアに悩む、または奮闘している人の希望になれたら幸いです。

スポンサーリンク

あろうことか、会社を決める前に会社を辞めてしまった

あのとき一番後悔したのは、「転職先」が決まる前に「退職」してしまったこと

中小企業の皆様にはとてもお世話になったので、休みをとって面接を受けに行くのが申し訳なかったのです。

早々に「退職届」を出したんですが、これは失敗でした。

  • 国保に加入しないといけない
  • 住民税も自分で納めにいかないといけない
  • 「現職」じゃなく、「無職」での応募になるので書類選考が通りにくい
  • 引くに引けないので精神的に焦る

デメリットだらけだったのは、辞めたからわかったこと。

ただひとつよかったのは、戻る場所がないので進むしかなかったことでしょうか。

 

「そんな条件ないですよ」という声を押し切って、ひたすら大手を受けまくる

前社で「適当に就活する」と、その後が大変だと心底わかったので、条件を絞って活動しました。

  • 名の知れている企業
  • 家から45分以内(ドアツードア)
  • 貿易関連
  • 外国とのやり取りがある
  • 従業員が1,000人以上
  • 給与は350万以上

リクナビ●クストや、マイナ●からは、「そんな都合の良い条件は…」といわれたけど、それがあったんですね〜。パソ●の営業さんが、ネットに登録していた履歴書を見て、「ぴったりの会社があって、是非受けてみませんか」とお電話をくださったんです。

 

1社だけ受かって、あとは全滅(ボロクソ言われた)

翻訳、国際物流、外資、色々受けたんですが、全部1次面接でアウト。

留学と3年4ヵ月の経験をもってしても「経験が足りない」「ちょっと心配」とかボロクソ言われました。

あと一番多かったのは、「英語力が足りない」…これはほんとに悔しかったですねえ。

結局最終的に、最後まで進んだのは例のパソ●の営業さんが推奨した案件だけでした。

(一番入りたかったところなので、自身の力の入れ具合も違ったのかも)

スポンサーリンク

高層階で、憧れの仕事、描いていた以上に大きな仕事がたくさんできた

はじめての大きな会社は、規則が色々で戸惑うことも多かったですけど、それ以上に思いっきり仕事ができることが嬉しかったんです。

中小企業の頃は、閑散期は仕事がないことを気に病んでばかりだったので、その反動でしょうか、あれもこれもできる、もっとやりたい、端から手を上げて、プロジェクトマネジメント、貿易構築、コンプライアンスの見直し、色んなプロジェクトに携わりました。

 

転職時の悔しさをバネに英語を猛勉強、イチから鍛え直した

転職して、キャリアには自信を持ち始めていたものの、英語に関しては逆でした。

ボロクソ言われたのが悔しくて、猛勉強。

(詳細は【TOEIC】短期間でどれだけあがるか実験してみた|3ヶ月で900へ

本気でやったので3ヵ月でTOEIC900を越え、そこらへんから大きく人生が変わり始めました。

 

Linked in、ヘッドハンティング会社からメールや電話がくるように

転職して1年後、色んな会社から、お誘いのメールをちょこちょこいただくようになりました。

最初は凄く怪しんで、お会いすることも拒んでいたのですが、Robert waltersという、イギリス系の人材会社の方と直接お話ししたことがキッカケで、ヘッドハンティングに興味を持つようになり、ホテルのラウンジや、カフェなど、色々なところでお会いし、色んな仕事のお話しを聞きました。

色んなところにヘッドハンターは潜んでいるのですね〜。

 

ビズリーチは超画期的、企業を探す手間と書類選考をサクっとカット

ビズリーチは、凄く便利なシステムです。

自分の経歴を登録すると、自分に興味を持つハンター、企業から連絡がくるのです。

自分で企業を見つけて、書類選考を受けて…というあの煩わしさがすべてカットされ、「自分に興味に持つ企業」だけを見て、そこだけ受けることが可能なのです。

たとえその時はタイミングが合わなくても、「どうか末長い付き合いを、これからも機会があったらぜひ」で終わるので、その場限りでない関係が築けるのも大きな利点です。

 

経験と、資格があれば誰にでもチャンスが

伝えたいのは、経験と、資格も使いよう、ということです。

このキャリアの築き方は、別に特別なことをしたわけでもなくって、「目の前の仕事」を懸命にこなして、「会社への貢献」を一番に考え、いつも先を見て仕事をしてきた、ってそれだけなのです。

はじまりが中小企業でも、工場でも、どこでも、いつも「自分がしたいことはなにか」を考え、それに対してできることをひとつひとつ重ねていく、気にくわない状況でも不貞腐れず、自分の選択の結果を受け入れて、前に進む。それだけで、人生は如何様にも変えられるのです。

 

あとがきに変えて

 

転職まではウジウジ悩みました。

自分の選択がよかったのか、悪かったのかは、誰にもわかりません

ただ一つわかるのは「それを正解」にできるかも自分次第、ということです。

辛いことも、大変なこともいっぱいあった、でもそれすら、いまの幸せの一部だということです。

新卒一括採用も、なんだかシステムが変わるようですね。

ぜひぜひ、怖がらず、色んなことに挑戦し、道を切り開いていってほしいな〜とおもいます。

関連記事

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です