EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【日産元社長 カルロス・ゴーン被告】海外メディアの反応まとめ

2020/01/09
 
カルロス・ゴーン被告 海外報道まとめ
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

1月8日レバノンの首都、ベイルートで開かれる記者会見に向けて「すべてを話す――」と語ったゴール被告。2018年4月のインタビューの後、公の場で語るのはこれが初めてとなります。舞台は日本から世界に変わっておりますので現時点での海外メディアの報道をまとめました(1/9追記 記者会見後の記事はコチラです:【ゴーン被告 レバノンにて記者会見 】 海外メディアCNN 報道内容まとめ

スポンサーリンク

BBC NEWS イギリスでの報道

日本での逮捕につながった取り調べは、自身を倒すために仕組まれたもの

カルロス・ゴーン被告 海外報道まとめ日産元社長のカルロス・ゴーン氏の弁護団は、ゴーン氏のリーダーシップについて偏った調査を行っているとして同社を攻撃。日本での逮捕につながった取り調べは、「カルロス・ゴーンを倒すという具体的であらかじめ決められた目的」で始まったものだという。「その調査はけして真実を見つけることではなかった」と彼らは言った。このコメントは、ゴーン氏が今日遅くレバノンで開く予定の記者会見に先立って出された。日産にコメントを求めたが、回答は得られなかった。(会見では) 先月末に保釈金を支払わずに出国し、日本当局を驚かせたことなどについても説明する見通しだLawyers for ex-Nissan boss Carlos Ghosn have attacked the company, accusing it of conducting a biased investigation of his leadership. They said the inquiry, which led to his arrest in Japan, was launched with “the specific, predetermined purpose of taking down Carlos Ghosn”. “That investigation was never about finding the truth,” they said. The comments came ahead of a press conference that Mr Ghosn is scheduled to hold in Lebanon later today. Nissan did not immediately respond to a request for comment on the claims, which are similar to ones that Mr Ghosn has made previously. In the much anticipated news conference on Wednesday, he is expected to provide more information about how he surprised Japanese authorities by skipping bail and fleeing the country at the end of last month.

(画像 英文引用元:https://www.bbc.com/news/business-51028667 翻訳:筆者)

 

日産が内部調査を行ったとの主張は、真実に対する甚だしい逸脱

カルロス・ゴーン被告 海外報道まとめゴーン氏は自動車メーカーの日産を経営していましたが、2018年11月に報酬を不正に報告したなどの金融不祥事で日本で逮捕された。火曜日の声明で、彼の弁護チームは「日産が”徹底した内部調査 “を行ったと主張することは、真実に対する甚だしい逸脱である」と言った。弁護団は調査を担当している幹部や、法務チームの独立性が損なわれたと主張しゴーン氏自身はインタビューを受けていないと不満を述べている

これらは、公正で公平な調査を行うことを約束した企業の特徴ではなく、日産の調査が根本的に欠陥があり、偏っており、当初からの独立性を欠いていたことの証拠である」と彼ら(弁護団)は主張する。日本の日産とフランスのルノーの統合を阻止したかったという。日産は声明を発表し、ゴーン氏が日本にいなくなったにもかかわらず法的措置を取ると述べた。GMはまた、同氏を解任した決定について、「重役にはふさわしくない」と擁護した。Mr Ghosn ran carmaker Nissan until he was arrested in Japan on charges of financial misconduct, including improperly reporting his compensation, in November 2018. In Tuesday’s statement, his defence team said that “Nissan’s claim that it conducted ‘a robust, thorough internal investigation’ is a gross perversion of the truth”. They argue that the independence of the executives and legal teams in charge of the inquiry was compromised and complain that Mr Ghosn himself was never interviewed. “These are not the hallmarks of a company committed to conducting fair and impartial investigation, rather evidence that Nissan’s investigation was fundamentally flawed, biased, and lacking in independence from its inception,” they argue. Executives wanted to block his efforts to integrate Japan’s Nissan with France’s Renault, they added. The comments came after Nissan issued a statement on Tuesday, saying it would still take legal action against Mr Ghosn despite him no longer being in Japan. The carmaker also defended its decision to remove him from office, saying he was “not fit to serve as an executive”.

画像引用元:https://www.bbc.com/news/business-46263220  英文引用元:https://www.bbc.com/news/business-51028667 翻訳:筆者

スポンサーリンク

CNN BUSINESS 香港での報道まとめ

カルロス・ゴーン被告、話しをする準備は万端だ

カルロス・ゴーン被告 海外報道まとめカルロス・ゴーンは、この話をする準備ができている。先週日本を離れて以来、初めて公の場に姿を現した。ゴーン容疑者は一年以上前に東京で逮捕され、長年にわたり所得を過少申告したり、日産から500万ドルを自分の経営する自動車販売会社に還流させたりした疑いなどで、東京での公判を待っていた。
レバノンに到着後日本の「巧みに操作された」刑事司法制度を非難する短い声明を発表した日本では容疑者が起訴された場合有罪判決率は99%を超える。ゴーンは今後、日本の裁判所制度をさらに批判し、日産(NSANF)、ルノー(RNLSY)、三菱自動車の間に築いた自動車帝国からの追放を画策したと主張していることについて詳細を述べるとみられている。
記者会見が始まる24時間も経たないうちにゴーン被告の弁護団は、日産の元社長に対する調査は真実を明らかにするためのものではなく、「[ゴーン被告を]を倒すという特定の、あらかじめ決められた目的のために行われるものだった」と非難する声明を発表した。日産はコメントを避けた。同社は先に、ゴーン氏に対する「適切な訴訟」を引き続き追及すると述べていた。Hong Kong (CNN Business)Carlos Ghosn is ready to tell his side of the story. The former Nissan chairman plans to speak to reporters in Beirut on Wednesday, his first major public appearance since pulling off a stunning escape from Japan last week. Ghosn was first arrested in Tokyo more than a year ago, and had been awaiting trial there on charges of financial wrongdoing, including allegations that he understated his income for years and funneled $5 million of Nissan’s money to a car dealership he controlled. The former auto industry titan has repeatedly denied the charges, and he issued a brief statement after arriving in Lebanon that slammed Japan’s “rigged” criminal justice system, which boasts a conviction rate above 99% once suspects are charged. Ghosn is now expected to further criticize the country’s court system and dish details on what he claims was a plot to oust him from the automotive empire he built between Nissan (NSANF), Renault (RNLSY) and Mitsubishi Motors.
Less than 24 hours before the press conference was scheduled to begin, Ghosn’s defense team released a statement denouncing Nissan’s investigation into its former boss, saying it wasn’t about uncovering the truth, but instead “carried out for the specific, predetermined purpose of taking [him] down.” Nissan declined to comment. Earlier the company said it would still pursue “appropriate legal action” against Ghosn. (画像 英文引用元: https://edition.cnn.com/2020/01/08/business/carlos-ghosn-press-conference/index.html 翻訳:筆者)

 

厳しい保釈条件にもかかわらず、何とか脱出に成功

カルロス・ゴーン被告 海外報道まとめゴーン容疑者は、日本滞在などの厳しい保釈条件にもかかわらず、何とか脱出に成功した。日本政府は彼の逃亡の後遺症を食い止めようと必死で、彼がどのようにしてその国から脱出したのかを解明しようとしています。

森正子法務大臣は日曜日、ゴーン氏は「不当な方法で違法に」出国したと述べ、日本の入国管理局に「同じ状況が繰り返されないようにするため」出国規則を「さらに締める」よう命じました。レバノンの国営通信社によると、レバノンは先週、彼が合法的に入国したと述べられている。フランスブラジルレバノンの国籍を持つゴーン氏は逃亡を阻止するために日本の防衛隊にパスポート3枚を没収されて保管されていた。しかし、日本側弁護士の弘中順一郎氏は土曜日、ゴーン氏が裁判所の許可を得て2番目のフランス旅券を所持していたことを明らかにしました。広中弁護士によると、パスポートは鍵の付いた透明な箱にしまい込まれており、弁護士以外は開けられないという。日本の検察当局は火曜日、昨年4月の法廷審問でゴーン夫人が虚偽の証言をしたとして、彼女に対する逮捕状を発行しました。CNNの系列局テレビ朝日によると、キャロル・ゴーンさんは夫とともにレバノンに滞在している彼は先週家族が彼の東京からの逃亡を手助けしたという報道を否定した。

Ghosn managed to escape Japan despite strict bail conditions including a requirement that he stay in the country. Japanese officials have been scrambling to contain the fallout from his escape and figure out how he managed to get out of the country. On Sunday, Justice Minister Masako Mori said Ghosn left the country “illegally by unjust methods,” and she ordered Japan’s immigration department to “further tighten” rules for leaving the country “so that the same situation won’t be repeated.” Lebanon said last week that he entered the country legally, according to the country’s national news agency. Ghosn is a citizen of France, Brazil and Lebanon. Three of his passports had been confiscated and held by his Japanese defense team to prevent him from fleeing the country. But Junichiro Hironaka, his Japanese lawyer, revealed Saturday that Ghosn had a second French passport, with the court’s permission. Hironaka said that passport was tucked away in a keyed transparent box that apparently only his lawyers could unlock. Japanese prosecutors on Tuesday issued an arrest warrant for his wife, Carole Ghosn, accusing her of giving false testimony during a court hearing last April. Carole Ghosn is in Lebanon with her husband, according to CNN affiliate TV Asahi. He has denied reports that his family members were involved in helping him flee from Tokyo last week. — CNN’s Yoko Wakatsuki and Nada AlTaher contributed to this report.

(画像 英文引用元: https://edition.cnn.com/2020/01/08/business/carlos-ghosn-press-conference/index.html 翻訳:筆者)

スポンサーリンク

ABC news アメリカでの報道まとめ

日産元会長、カルロス・ゴーン夫人に逮捕状

カルロス・ゴーン被告 海外報道まとめ日産自動車の元幹部が保釈金を払ってレバノンに逃亡してから約1週間後、東京の検察当局は、カルロス・ゴーン氏の妻、キャロル・ゴーン氏に対して逮捕状を発行した。キャロル・ゴーンに対する逮捕状は、インターポールがカルロス・ゴーンの逃亡後にレバノンで指名手配通知を送った後に出された。しかし、レバノンには日本との犯罪人引き渡し条約がない。カルロス・ゴーンは東京の自宅で24時間監視され金融不正行為の容疑で裁判を待っていた彼はプライベートジェットで何とか国外に逃れ12月30日に故国に到着した脱出に成功したことで、この1週間、国際的な火の粉が巻き起こった。ウォール・ストリート・ジャーナルは、彼が日本を脱出するためにオーディオ機器の箱に隠れたと報じた。トルコのメディアは、彼がイスタンブールを経由してレバノンに逃げたと報道した。トルコ当局は先週、彼がどのようにしてトルコを逃れたかの調査の一環として、7人を拘束したと、検察局はABCニュースに認めた。Associated Press (AP) によると、ゴーン容疑者の金銭上の不正行為は最高で懲役15年の刑に処せられるという。彼は無実を主張してきた。

Prosecutors in Tokyo have issued an arrest warrant for Carlos Ghosn’s wife, Carole Ghosn, approximately a week after the former Nissan executive jumped bail and dramatically fled to Lebanon. The warrant for Carole Ghosn comes after Interpol sent a wanted notice for Carlos Ghosn in Lebanon after his escape. Lebanon, however, has no extradition treaty with Japan. Carlos Ghosn had been under 24-hour surveillance at his Tokyo home awaiting trial for charges of financial misconduct. He somehow managed to slip out of the country undetected on a private jet, arriving in his homeland on Dec. 30. How he managed to escape ignited an international firestorm over the past week. The Wall Street Journal reported he hid in a box used for audio equipment to sneak out of Japan. Turkish media reported that he fled to Lebanon via Istanbul. Authorities in Turkey detained seven people last week as part of an investigation into how he was able to flee through Turkey, the prosecutor’s office confirmed to ABC News. Ghosn’s charges of financial wrongdoing carry a maximum penalty of 15 years in prison, according to The Associated Press. He has maintained his innocence. (画像 英文引用元:https://abcnews.go.com/Business/tokyo-prosecutors-issue-arrest-warrant-carlos-ghosns-wife/story?id=68117243 翻訳:著者)

スポンサーリンク

ゴーン被告レバノンへ「不正や、政治的迫害から逃れた」

カルロス・ゴーン被告 海外報道まとめ日産は火曜日、前会長の逃亡を「極めて遺憾である」とコメントした同社は長い声明の中で、「徹底した内部調査を通じてゴーンの数々の不正行為を発見しました」と述べた。同声明は、「ゴーン社長の逃亡は、内部調査で明らかになった重大な不祥事の責任をゴーン社長に負わせるという日産の基本方針には影響しない」「日産は今後も適切な法的措置を講じ、ゴーンが日産に与えた損害の責任を追及していきます」と付け加えた。12月30日、ゴーンはレバノン在住を確認する声明を発表し、日本に「不正や政治的迫害から逃れた」と述べた。On Tuesday, Nissan called its former chairman’s escape “extremely regrettable.” The company “discovered numerous acts of misconduct by Ghosn through a robust, thorough internal investigation,” it said in a lengthy statement. “Ghosn’s flight will not affect Nissan’s basic policy of holding him responsible for the serious misconduct uncovered by the internal investigation,” the statement added. “The company will continue to take appropriate legal action to hold Ghosn accountable for the harm that his misconduct has caused to Nissan.” (画像 英文引用元:https://abcnews.go.com/Business/tokyo-prosecutors-issue-arrest-warrant-carlos-ghosns-wife/story?id=68117243 翻訳:著者)

 

日本の司法制度に対する疑問の声

カルロス・ゴーン被告 海外報道まとめAP通信によると、日本の有罪率は99%を超えているという人権活動家は、米国の司法制度は無罪を十分に想定していないと主張しており、無罪を勝ち取るには何年もの控訴手続きが必要になることが多い。森雅子法相は同日の記者会見で、「我々は批判を認識している」とし、「単純な比較は誤解を招く」と述べた。「日本の司法制度は、個人の基本的人権を保障しつつ、事実の究明を可能にしている」と述べた。首相はまた、ゴーン氏の脱出を受けて国境警備を強化していることも明らかにしたしかし、ゴーン氏は投獄を「人質」状況と呼ぶ。

NHKによると、ゴーン氏は「私は今レバノンにいますが、もはや日本の不正な司法制度の人質にはなりません。そこでは、日本が順守しなければならない国際法と条約の下での日本の法的義務をあからさまに無視して、有罪と推定され、差別が横行し、基本的人権が否定されている」と述べたそうだ。

Ghosn released a statement on Dec. 30 confirming he was in Lebanon, saying he “escaped injustice and political persecution” in Japan. The conviction rate in Japan exceeds 99%, according to The Associated Press. Rights activists argue the nation’s judicial system does not presume innocence enough, and winning an acquittal often requires a years-long appeals process. Japan’s justice minister, Masako Mori, defended the process at a news conference Monday, saying that “we are aware of the criticisms” and “simple comparisons are misleading.” ”Japan’s justice system allows investigating the facts while it ensures the individual basic human rights at the same time,” Mori said, according to the AP. Mori also announced the country was strengthening border checks in response to Ghosn’s escape. Ghosn, however, referred to his imprisonment as a “hostage” situation. ”I am now in Lebanon and will no longer be held hostage by a rigged Japanese justice system where guilt is presumed, discrimination is rampant and basic human rights are denied, in flagrant disregard of Japan’s legal obligations under international law and treaties it is bound to uphold,” Ghosn’s statement said, according to NHK, Japan’s national broadcasting service. (画像 英文引用元:https://abcnews.go.com/Business/tokyo-prosecutors-issue-arrest-warrant-carlos-ghosns-wife/story?id=68117243 翻訳:著者)

ゴーン氏は「ようやくメディアと自由にコミュニケーションを取れるようになった」と述べているそうです裁判の舞台を日本から、世界へとうつしたカルロス・ゴーン被告。本日予定されている「閉ざされた記者会見」でいったい何を語るのでしょうか

関連記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です