EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【キャリア女子あるある】仕事が出来る女性の本音

2019/03/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

はじめまして、結果良ければ全てよし、働くけど働かない女、Naa(@GogakuKimamani)です。

仕事が出来て、いつも隣には素敵な男性がいて、悩みなんてなさそう。いえいえ、「キャリア女子」にも、悩みは色々あるんです。こちらの記事では、そんな悩めるキャリア女子のあるある、本音を暴露しちゃいます。

「近けないな〜」「怖いな〜」そう思うのは、出来たら、今日でやめてあげてください。うまく甘えられないだけで、本当は頼りたいし、お願いしたいし、頑張りたくなんてないんです。

実は、すごく甘え下手、甘え方がわからない

キャリア女子共通の悩みは、「甘えるのが」とっても下手なこと。それは厳しい社会のなかで、成果のために必死で頑張って、影で何度も泣いて、弱い自分をいっぱい乗り越えてきたから。強い自分を演じているうちに、そのキャラが崩せなくなっちゃった人が多いんですよね。

本当は「わからなくて」と言えたら可愛いとは思うんですが、大抵のことは一人でできるようになってしまったので、今更「できないこと」ってあんまりなく、ますます頼れるキャラが確立してしまうので、強く居ざるをえないのです。

年上男性に弱いのはそのためです。本当は、思いっきり甘えたいし、心配してほしいし、かまってほしい弱いところだって丸ごと受け止めてもらえる場所が欲しいのです。

 

強がって居ても、本当は結構、傷つきやすい

大勢の前でのプレゼンテーション、堂々とした交渉、凛としたトラブル対象。鋼の心を持っているように見られがちですが、結構小さなことで傷ついていたりもします。

というのも、仕事が出来る分、周りのやっかみもかいやすいのです。御局様、周りの女子、男性や上長が褒める分、それを良しとしない人からの心無い言葉をダイレクトに受けたりします。前線に立って仕事をしているからこその勲章でですが、「協調性ないよね」「社会人としてどうなの」といった言葉を受けると、「確かに自分はまだまだだ」と家に帰って落ち込むことも多いのです。

 

悪口は好きじゃない、愚痴が苦手で、色々背負い込む

キャリア女子は、愚痴ること、人の悪口が苦手だったりします。「悪口をいったところで事態は好転しない」ことを知っているからです。そのサッパリして、仕事に賢明に取り組む姿が評価されてのキャリアなのですが、これが必ずしも皆によしとされるわけではありません。

「仕事をいかに楽にするか」を考えているお局様も世の中に多くいるわけで、一部の人にとっては、淡々と成果を出し、上司に仕事で可愛がられるキャリア女子は目に余る存在でしかないのです。無視、嫌がらせ、様々な手を使い引き摺り下ろそうとする人もいます。ただそれでも、同じにはなりたくないと踏ん張るのがキャリア女子

親族や彼の前で思いっきり泣くのは、外で出せない自分を出す唯一の場所だからなのです。「ヒリテリックだな」と思わず、優しく抱きしめてあげてほしいな、とおもいます。

 

「結婚してすぐに辞めたい」と言える子が正直羨ましい

「会社辞めたいな〜」「専業主婦になりたい」堂々と言える子が、実は羨ましかったりします。上場企業に勤めている、結構な給料を貰っている、好きなものも自分で買えて、転職にだって困らない。正直ひとりでも充分に生きていけるのかもしれない。

でも、「女性の幸せ」が欲しいのはキャリア女子だって同じなんです。言うか、言わないか、だけの違いです。自分が稼ぎを持っている分、奢ってもらうことへの抵抗や、家計を一緒にすることへの戸惑い。素直に「あなたについていきたい」とは言えないのです。そんな面倒くささもひっくるめて、包み込んでくれるような男性があらわれると、一瞬で恋に落ちるでしょう。意外に簡単なんです。

まとめ

 

というわけで、キャリア女子の本音、4つをご紹介しました。

  • 実は、すごく甘え下手、甘え方がわからない
  • 強がって居ても、本当は結構、傷つきやすい
  • 悪口は好きじゃない、愚痴が苦手で、色々背負い込む
  • 「結婚してすぐに辞めたい」と言える子が正直羨ましい

綺麗だけど彼氏がいない、仕事が出来るのに結婚していない。近づきがたいキャリア女子も普通の人間なんですね〜。ぜひ、ハードルを下げて、話しかけてあげてください。表に見えなくても、心の中ではすごく喜んでいるのかもしれません。

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です