悲劇的な最期を迎えた子供たち

悲劇的な最期を迎えた子供たち

マリーアントワネットの子供たちが迎えた悲惨な最後

赤字夫人と呼ばれフランス国民の怒りをかったマリー・アントワネット。フランス革命が起きると一家は亡命を企てますが捕まり、王ルイ16世と王妃は断頭台へと送られました。しかし夫妻には、2人の子供が残されていたのです。王女と王太子はどうなっ...
悲劇的な最期を迎えた子供たち

【トラウマめくルイ17世の運命】悲しい最後を迎えたアントワネットの愛息子

マリー・アントワネットの息子ルイ・シャルルは、ルイ16世の処刑後3年間『フランス王ルイ17世』として王党派により担ぎ上げられた悲劇の王子としても知られています。この記事では、王党派の支持を受けたばかりに惨い扱いを受けたルイ17世の生涯をご紹...
悲劇的な最期を迎えた子供たち

【叔父姪結婚の影響を受けたドンカルロス】オペラの題材になった宮廷悲劇

フェリペ2世の代で「陽の沈まぬ国」として最盛期を迎えたスペイン・ハプスブルク家。絶対的な権力をもった王の長男こそ、宮廷の悲劇の主人公として語り継がれていくドン・カルロスです。その振る舞いから狂気の子と呼ばれ無情な父に見限られ、自分の道を見つ...
悲劇的な最期を迎えた子供たち

【マリーアントワネットの子供たちはどうなったのか】恐怖の監禁生活とその後

フランス革命ではマリー・アントワネットの子供たちも残酷な目にあい、息子は処刑よりもかなしい最期を迎え、生きのこったのは長女マリー・テレーズだけでした。そんな彼女も幽閉から2年後に解放された時には、失語症のようになっていたといいます。この記事...
悲劇的な最期を迎えた子供たち

カルロス2世の検死と解剖所見【スペインハプスブルク家にみえる黒い歴史】

これほど強大な王家はなかったかもしれない。そう言わしめたのはヨーロッパを主に君臨したハプスブルク家。この一族から、ボヘミア、ハンガリー、ポルトガル、クロアチア、ドイツ、スペイン、そしてもちろんオーストリアなどの広大な領土を支配する王が輩出さ...
悲劇的な最期を迎えた子供たち

近親結婚の果てにうまれた虚弱な王子【ベラスケス最後の肖像画】

スペインハプスブルクの宮廷画家ベラスケスが亡くなる前年に描いたのが、わずか2歳でこの世を去った「フェリペ・プロスペロ王子」です。ラスメニーナスの中心に描かれた愛くるしい王女マルガリータの弟であり、スペインハプスブルク家最期の皇帝となったカル...
タイトルとURLをコピーしました