悲劇の王妃

悲劇の王妃悲劇の王妃
悲劇の王妃

【首飾り事件とは何だったのか】陥れられたマリーアントワネットと本当の首謀者

革命前夜のフランスで起きた詐欺事件。陥れられたのは王妃マリー・アントワネット、市民の周囲の不満を爆発させるキッカケとなった世紀の大事件です。この記事では、王妃の評判を決定的に貶めた「首飾り事件」とは何だったのかを紐解いていきます。 ...
悲劇の王妃

【メアリーステュアートの生い立ち】生まれながらのスコットランド女王

魅惑の女王メアリー・ステュアート。生後6日目にしてスコットランド女王となり、イギリスから逃れるためにフランス宮廷へはいります。多くの男性と恋をして自由奔放したたかに生きるも、最後は英国女王のエリザベス1世の暗殺計画をたて、処刑されるというな...
悲劇の王妃

【アンブーリンの生涯】彼女はなぜ王妃になり処刑されたのか

イングランド王ヘンリー8世の2番目の王妃であり、エリザベス1世の母親でもあるアン・ブーリン。本や映画に多く取り上げられている彼女ですが、なぜ王妃になったのか、噂通りの悪女なのか、それとも陰謀渦巻く宮廷の被害者だったのか、その真相を知るのは本...
悲劇の王妃

【マリーアントワネットと浪費】なぜ彼女は散財へと走っていったのか

その浪費癖でフランス国民から虫けらの如く嫌われ、最後は首を落とされることになった王妃様。しかし彼女は一体なぜそんなに大変なことになるまで、贅沢な生活を送り続けたのでしょうか。この記事では、マリー・アントワネットが嫁いでから「赤字夫人」と呼ばれるに至るまで何があったのかを追っていきます。
悲劇の王妃

【マリーアントワネットの処刑】国民の怒りをかいギロチンにかけられた王妃様

子供が出来てからは散財も落ちつき、幸せに包まれたマリー・アントワネット。しかしフランス国内には飢えと貧困にあえぐ国民の不満が充満し、その怒りは国王と王妃へむかっていきました。この記事では、彼女はどうして処刑されるに至ったのか、王妃から一転し...
悲劇の王妃

【カミラ夫人の人柄 】ダイアナ妃を軽く蹴落とした彼女が、なぜ皇太子妃になれたのか

23歳になる頃にはチャールズ皇太子はカミラ・シャンドに恋をしていたといいます。カミラ夫人は年齢が近く(年上だが実際は16ヶ月)、同じような興味関心をもちまたチャールズの話しよく聞く術を持ち合わせていました。しかし当時の英国王室は彼女をふさわ...
悲劇の王妃

【楊貴妃ってどんな顔?】10の画像でみる、世界三代美女として名を馳せた女性の容姿

クラオパトラ、ヘレネー (ギリシャ神話の登場人物)とともに、世界三大美人の1人として数えられる楊貴妃。彼女は楊古代中国四大美人(西施・王昭君・貂蝉・楊貴妃)の一人ともされています。時を超えてもなお、世界三代美女としてその名を馳せる楊貴妃...
悲劇の王妃

【マリーアントワネットの肖像画まとめ】時を越え輝く25枚の絵画

贅沢の限りをつくして国民からひどく嫌われ、断頭台にあげられた王妃マリー・アントワネット。その美しさは時代を越えて現代の人をも魅了するほどでありました。この記事では、その生涯を経て『最も美しい悲劇』と呼ばれたマリー・アントワネットの肖像画をま...
悲劇の王妃

【マリーアントワネットの生い立ち】名門ハプスブルク家に生まれた王女の宿命

名門スペインハプスブルク家の末娘、マリー・アントワネット。散財と贅沢な生活に愛想を尽かされギロチンで首を落とされたイメージが強いのですが、我儘は元々の性格だったのでしょうか。この記事では、あまり知られていないマリー・アントワネットの生い立ち...
悲劇の王妃

カトリーヌドメディシス【王と妾に虐げられた王妃の数奇な運命】

カトリーヌ・ド・メディシスという名を聞いたことはありますでしょうか。イタリアフィレンツェで生まれ、のちにフランス女王となった人物です。夫の熱烈な求愛を受け宮廷に嫁いだエリザベートとは真逆で、夫となったアンリ2世は彼の教育係であったディアーヌ...
タイトルとURLをコピーしました