EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【まるで悪夢】Made in Chinaの裏側 | 工場労働者の過酷な現実

 
まるで悪夢、過酷な現状を暴いた報告書の存在
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

現在100円ショップをはじめ、いろんな商品が安く手に入るようになりました消費者として、「良いものを安く買えること」はとても嬉しいことで、Made in Chinaの表示をみても私たちは「また中国製か」と思うくらいです。しかしそれを下支えしている海外工場の存在をご存知でしょうか。安価な商品の製造の裏側には、過酷な労働条件のもと家族のために働き続ける、発展途上国の人々の存在があるのです。今日はその一面を切り取って、お伝えしたいとおもいます。

スポンサーリンク

 

中国工場のリアルを知るための、3つのこと

中国工場の労働者、メイドインチャイナの裏側

ある調査によると、

  • 世界の主要なサプライチェーン企業は労働者を虐待している
  • 某テーマパークのために製品を製造する労働者たちは『重大な違反』にさらされている
  • 違反には、低賃金、強制残業、安全が担保されていない、などが含まれている

といわれています。サプライチェーン企業とは、かんたんにいうと、「物を作って販売している企業」のことです。おもちゃ屋さん、スーパーマーケット、アパレル企業、また安価な製品を発展途上国から輸入して販売する100円ショップなども含まれます

 

リアルを暴く、「労働者の悪夢」と題された報告書

中国工場の労働者、メイドインチャイナの裏側

労働者の悪夢 (A Nightmare for Workers) と題されたレポートでは、ウォルマート、コストコ、ターゲットなどの海外小売店で販売されているおもちゃなどを製造していた、4つの工場の覆面調査結果が明らかになりました。

まるで悪夢、過酷な現状を暴いた報告書の存在Workers endangered (危険にさらされる労働者)

まるで悪夢、過酷な現状を暴いた報告書の存在

Investigators found there were serious violations at the factories which were endangering workers. (調査員は、労働者を危険にさらしている工場で重大な違反行為があったことを発見した)

In peak production season, employees were working up to 175 overtime hours per month. (生産最盛期には、従業員は月に175時間の残業をしていた) Chinese labour law restricts monthly overtime to 36 hours per month, but the report alleged factories would often ask local governments to implement a comprehensive working hour scheme to override existing legislation. (中国の労働法は、月間の残業時間を36時間に制限しているが、報告書によると、工場はしばしば地方自治体に対し、既存の法律を無効にするための「総合的な労働時間制度」を実施するよう要請していた)

 

劣悪な環境で、安全指導がなされないままに化学物質を取り扱う

まるで悪夢、過酷な現状を暴いた報告書の存在

まるで悪夢、過酷な現状を暴いた報告書の存在Workers were also not being given the legally required 24-hour safety training before commencing work, meaning they were unaware of how to protect themselves from toxic chemicals. (作業員たちは、作業開始前に法的に要求される24時間の安全訓練を受けておらず、有毒化学物質から身を守る方法を知らなかった)

The investigation also showed that employers were failing to provide them with the necessary safety equipment to prevent contact with those chemicals.  According to Solidar Suisse, workers often handled chemicals such as benzene, which has been linked to poisoning and leukaemia.(使用者に対して、化学物質との接触を防ぐために必要な安全装置を提供しておらず、にもかかわらず、作業員は中毒や白血病に関連するベンゼンなどの化学物質を取り扱うことが多かったという)

まるで悪夢、過酷な現状を暴いた報告書の存在

Investigators also found that workers were being forced to sign blank employment contracts and were provided with poor living quarters, which often housed eight people in one room with unsanitary facilities and no hot water. (調査団は、労働者たちが空白の雇用契約書に署名することを強制され、劣悪な居住区域を与えられていたことも明らかにした)

スポンサーリンク

暴露報告書を受けての、各企業の反応

まるで悪夢、過酷な現状を暴いた報告書の存在

Hasbroは、レポートで言及されている2つの施設で製品が実際に生産されていることをメールで確認しました。しかし広報担当者は「2018年に行われたHasbroのモニタリングによると、両施設ともにHasbroの厳しい倫理的調達要件を十分に満たしているものだ」とコメント。

Targetの広報担当者は「申し立てを真剣に受け止め、Targetに製品を提供するすべてのベンダーが私たちの基準を遵守し、すべての人を尊重、尊厳、平等に扱うよう邁進します」とコメントコストコはこの報道に関するコメントを控えたといいます。

(情報元 URL : CNBC:https://www.cnbc.com/2018/12/07/nightmare-at-chinese-factories-making-hasbro-and-disney-toys.html)

 

製造工場にのしかかる、大手企業からの価格圧力

まるで悪夢、過酷な現状を暴いた報告書の存在

多国籍企業からの価格圧力は、中国人労働者の権利を改善する上で大きな障害だったといいます。

報告書上では「国際的なブランド企業は、”サプライチェーンにおける権利侵害”の責任を認めていない、目標を達成するため、激しい価格競争を伴う短期契約をつかい、短期ベースでなんども注文を変更し、毎年多くの企業が玩具工場に対して、生産枠を増やすから生産コストを下げるようにと要請してくる」といったことが記載されていたそうです。

Wah Tung工場でDis●●製品を製造する従業員は、毎日最大2,500個のおもちゃを生産しており労働者は月に26日働いて、稼ぎは月に435ドル (プラス生産された人形一体につき1セント) だといいます。そうして作られたアリエ●人形は現在、アマゾンで米国で34.97ドルで販売されているとか。

 

アパレルの生産管理部で働いて、みえてきたこと

まるで悪夢、過酷な現状を暴いた報告書の存在

アパレル企業の本社で生産管理部に所属していたときに、納期ギリギリの発注をして「出来立ての製品を飛行機に乗せてもらう」といったことが多々ありました関係が長く深い工場には、かなり無理なお願いもきいてもらっていたとおもいます。ただ工場に無理をしてもらう、といっても一概に「日本企業の発注が遅い」とか「ありえない値段でオーダーをするから」といった理由ではなく…

お国柄か「こちらが指示した縫製のステップを1つ飛ばしたために、全てを作り直すことになった」とか、「休み前に受けた発注を忘れ、出荷日1週間前に思い出した」とか、工場起因で向こうに負荷がかかるといったこともたくさんあったのですね。(工場にもよりますが、どっちもどっちというか)

スポンサーリンク

あとがきにかえて

まるで悪夢、過酷な現状を暴いた報告書の存在

工場は旧正月や、国慶節になると長いお休みにはいります出稼ぎに出て来ている労働者は故郷にかえり、そのまま戻ってこないケースもあるとか..。自身も100円ショップにはよく行きますし、Made in China 、その他世界各国でつくられた商品もつかっています。でもその安く手にした商品は、実は家族のために必死でお金を貯めて、劣悪な労働環境のなかで、誰かの手で一生懸命作られた物なのかな、ともおもうのです。何ができるわけではないですが、物は大切に、そしてときに「誰かの仕事で世界は成り立っている」ことを思い出したいものです。

この記事を読んだ人へお勧めの記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です