EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【就活】泣きたいほど辛い人へ伝えたい3つのこと

2019/04/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

はじめまして、独学で通訳になった、Naa(@GogakuKimamani)です。

こちらの記事(【留学体験記】ニートだった私が、英語の仕事に就くまで)にも書いたのですが、私も就活では、とんでもなく苦労した側の人間です。いまでこそ色んな仕事をしていますが、今までの人生でエントリーは200社くらい、今まで面接を受けた回数も50回前後と、かなり苦戦してきました。

書類で落ちた回数は、数えたくないです。

なので就職活動でめげそうになる気持ちも、痛いほどわかるんですね…

今日はそんなときに、役に立ってちょっと心がラクになる3つのこと、をご紹介したいとおもいます。

スポンサーリンク

1)自分を責めず、根本的な原因を見てみよう

うまくいかない、という結果には必ず原因があります。

原因を、行動を変えれば結果は変わってきますので、内定が出ていなくても、芳しくない状況が続いていても、それは、イコール自分がだめ、とか価値がない、というわけではないのですね。

なので、自分を責めずに、「具体的にどの部分が」引っかかっているのかを、客観視してみましょう。

  • 自己PRがうまく伝わっていないのか
  • 志望動機が甘いのか、伝わりきっていないのか
  • 言動やスーツの着こなしに問題があるのか
  • 応募する企業が自分にはあっていないのか

大学のキャリアセンターや、人材会社はその道のプロですので、どんどん活用して相談させてもらいましょう。

 

2)時は無常、不安になったときこそ、やるべきことを丁寧に

良いことが長く続かないように、悪いこと(自分に都合の悪いこと)も続かないのです。

書類が通らず鬱々とする、何か言われたことが頭の中でこだまする、いつ抜け出せるんだろう。

でもですね、極端ですが、100件応募しても1件も通らない、という確率は非常に低いんですね。

それはもしかしたら今狙っている業界じゃないかもしれない、場所じゃ、職種じゃないかもしれない。

でも、ですね、誰にも絶対に、合う場所っていうものがあるんです。

泣きたいほど辛くても、前に進みたいからこの記事にたどり着いたのだと思います。

その精神がそもそも凄いものですし、しんどいときに続けることができるってこともひとつの才能です。

先を心配すると心が疲弊していくので、不安になったら「目の前のやるべきこと」に集中してみてくださいね。

 

3)辛いときこそ、良い種を植え、丁寧に育てよう

人生、わりと、なんとかなるものです。

「運命は、誰にも、公平に、微笑む」という言葉があります。

わたしも社会にでて7年目になりましたけど、心からそう思います。

新卒ですんなりいい会社に入れても、人間関係で悩む、仕事内容で悩むひともいる。

かといって、苦労した就活のあとは、とてもいい環境で働くことができるひとがいる。

誰にも、辛い時期、良い時期っていうのは平等に訪れるんですね。

「苦労して入ったひと、尊さを感じて長く続ける」そうなので、今頑張っていることが丸ごと実って大きな花がサクこともあります。

 

まとめ

 

というわけで、まとめますと、泣きたくなったら考えてほしい3つのことは、

  • 1)自分を責めず、根本的な原因を見てみよう
  • 2)時は無常、不安になったときこそ、やるべきことを丁寧に
  • 3)辛いときこそ、良い種を植えよう

でした。

今の不安を紙に書き出しておいて、会社をやめたくなったときのために取っておくのもいいかもしれないですね。「いやだけど、でもあのときに比べたら幸せだなあ」と思えるかも。いつでもなんでも先につながっていますからね、めげずにいきましょう。

この記事を読んだ人にオススメの記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です