EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【英語】話せるようになるために|上達に効果的なマインドとは

2019/02/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

はじめまして、通訳・翻訳をしているアラサーのNaa(@GogakuKimamani)です。

英語学習をはじめてみたけど、イマイチ成長実感がない。

英語学習は「基礎と応用」が大切ですが、その前提にあるマインドが上達を左右するんですね〜。

このままでいいのか、そんな風に感じたらぜひ、この記事を読んでみてください。

今日は上達に必須のマインドをご紹介します。

 

明確なビジョンを持とう

「英語」を話せるようになりたい、語学力を向上させる理由をまずは明確にしましょう。

  • 外資系企業に就職したい(分野まであると尚可)
  • TOEICxxx点を取得して、外国の友達をたくさん作りたい

など、具体的であればあるほど、学習へのモチベーションにつながるでしょう。

語学は才能ではなく、正しいやり方で時間をかければ、誰でも上達します。

時間が要ですので、語学学習への興味が薄れても、続けられる動機を意識して持ちましょう。

 

具体的な目標と、期限を設定しよう

話せるようになるには、1日1時間勉強したとしても、短くとも2年はかかるでしょう。

しかしこれは概算値、勉強時間は、自分の目標とスケジュールによるでしょう。

  • いつまでに (xx年xx月xx日)
  • どんな状態になりたいのか(TOEICxxx点・英検x級)

1ヶ月、2ヶ月で、すぐに効果が出ないのは当たり前です。

基礎のタンクがいっぱいになって、それからが勝負なので、継続力が要。

出来れば長期と短期の目標を設定して、短期目標をクリアしながら、目標に向かって歩み続けましょう。

 

「英語ができる」の尺度を明確にしよう

ビジョンが不明確だと、自分の「成長」や「進捗状況」をはかることが難しくなります。

「英語がペラペラになりたい」のペラペラとは、具体的にどんな状態でしょうか?

自分なりの成功の尺度を見つけ、目標をできるだけ明確にしましょう。

 

 ちなみにわたしがTOEIC700点の時にたてた目標は

 

  • 3ヶ月以内にTOEIC900以上を取って基礎を身につけ
  • 9ヶ月以内にネイティブと2人でご飯にいっても困らない程度のスピーキング力をつけ
  • 12ヶ月以内に「字幕なし」で映画が見られるようになり
  • 16ヶ月以内に英語がメインの仕事(または英語が公用語の外資系)に就職する

という期限つきで、尺度も含めた具体的なものでした。

道筋をたててしまえば、その時必要なことに没頭すればいいので。

いちいち迷わずにすみ、勉強は大変でも、気持ちは楽だったな〜と終わったいまはおもいます。

 

読む、聞く、書く、話す、どれにフォーカスする?

語学には、読む、聞く、書く、話す、4つの主要スキルがありますよね。

どれも同じくらい重要なのですが、時間を限っている場合、「集中するものを決める」という手もあります。

仕事なら読み書きだけで済む場合もありますし。

友達とコミュニケーションがとりたいのであれば、話す力も、聞く力も必要になります。

何に、どうフォーカスするかについては、「既にその力を手にしている人」に聞くことが早いでしょう。

英語の先生でもいいですし、既にそれを使って活躍している人に聞いてみましょう。

 

まとめ

というわけで、まとめていきます。

今日ご紹介したのは、英語学習に効果的なマインド

  • 明確なビジョンを持とう
  • 具体的な目標と、期限を設定しよう
  • 「英語ができる」の尺度を明確にしよう
  • 読む、聞く、書く、話す、どれにフォーカスするか決めよう

の4つでした。

別記事でご紹介したイベント【国際交流】東京で外国のお友達を作れる場所でも、英語ネイティブはもちろん、英語を使って活躍している素敵な大人がたくさんいますので、興味があったらぜひぜひいってみてくださいね〜。

わたしはここで、TOEICリスニングの声入れをしている声優さんとお会いしたこともあります(笑)

ひとりでは続かないので、学習仲間・気の合う友達を作るのもキーポイントになりそうですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です