EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【英語学習】スランプ脱出に効果的な対処法5つ

2019/09/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

勉強しているのに、いくらやっても変わらない、そんな時期ありますよね。記事ではスランプから脱出するのに効果的な5つを厳選してご紹介スランプは正しい対処をすればぜったいに抜けられることができます。ぜひぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

 

① やってきた自分を認めよう

スランプに陥る時は、大抵人と比べている時です。そしてその比べている対象は、大抵自分よりもっと出来るひとです。

  • あんな風に話せたら
  • あんなにスコアを持てたら

でもこれを感じて落ち込んでも、成長はしないのです。人間誰しも同じようにはなりませんし、その比べている人にも苦しい時期があったはずです。いま英語がペラペラなひとも、失敗と克服を繰り返して今があるのです。

 

② 自分に出来ること、出来ないことを把握しよう

今までやってきたことを認めたら、次のステップです。いま自分は何が出来て、何が出来ないのかにフォーカスしてみましょう。結局のところ、自分のなりたい姿に向かって進んでいれば、何も間違ってはいないのです。

  • なぜ「英語を勉強したい」と思ったのか。
  • 「描いていたなりたい姿」はどんなものか

を思い直すことがコツです。

 

③ 今の自分がすべきことを書き出してみよう

つぎはの自分に出来ること、出来ないことを把握したら、足りないところを埋める作業です。「次に自分は何すべきか」を書き出して、自分に足りない部分を強化しましょう。

  • 文法で悩んでいるなら、わかりやすい文法解説書をかう
  • スピーキングに伸び悩んでいるのであれば、得意な人にアドバイスを貰う

感情に行動をゆだねるのではなく、行動を起こすことが重要です。

スポンサーリンク

④ 同じ目標を持つ仲間を見つけよう

仲間といっても、愚痴を言い合う仲良しグループでは効果がないです。お互いに上を目指しており、”良い刺激を与え合える仲間を作りましょう。仲間を持つメリットはこれだけではありません。自分がスランプに陥ったのと同じように、相手にもそういったタイミングがくるのです。

不調の時は、絶好調の仲間の意見を聞くことで思わぬ収穫があったりします。逆もまたしかり、お互いに支え合うことでモチベーションを長く維持することができるようになるのです。

 

⑤ 続けていればいつか絶対に出来る、ことを知ろう

スランプで、もうやだくて、これ以上出来ない自分も見たくない。そんなときは、この言葉を思い出してください。たとえるならば、語学学習ゲームのようなものです。スランプは言わば、行き止まりにぶち当たったようなもの。ぶち当たった壁の周りをウロウロしていると、ヒントキャラが表われたり。ヒント(アドバイス)が溜まって、扉の開き方がわかったり。はたまた時期を置くことで、いきなり扉が開いたり、壁そのものが消滅したり。

外国語が話せる人は、「わからずとも、躓こうとも、続けていればいつか絶対に出来る」ことを知っています。自分には才能がないかもしれない、と思うのと同じだけ、出来るかもしれない可能性に期待してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

というわけでまとめです。スランプに陥ったときは、

  • 人と比べず、やってきた自分を認める
  • 出来るようになったこと、まだ出来ないことを把握する
  • 次に何をやるべきかを冷静に考える
  • モチベーションの維持につながる仲間を見つける
  • 続けていれば絶対に伸びることを思い出す

もがいている時間も正解で、それがあってこその実り実る時期を待たずして断念することは、もったいないです。ただうえばっかり見ていても疲れちゃうから、たまには気分転換がてら、違う場所に顔を出して、ちょっと角度を変えてみたり、時々ゴールを見直してみたり、諦めずゆっくり登っていきましょう

関連記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です