EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【英語雑学】三人称単数だとなぜSがつくの?|英語のルーツを探ってみた

2019/02/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

はじめまして、通訳・翻訳をしているアラサーのNaa(@GogakuKimamani)です。

今日は、「なぜ、三人称単数(現在形)の場合は、動詞の後ろにSがつくのか」についてです。

言語は人に思いを伝える手段ですから、ルールがあるときは、必ず裏に背景があります。

そこのところ、紐解いていていくと、モヤモヤがすっきりするかも?

それでは、いってみましょう。

 

三人称とは?

 

そもそも、三人称はなにかを再確認していきましょう。

英語を話すときに必須のキャラクター、「主語」、そのなかのひとつが三人称です。

ざっくり分けて、主語には3パターンありまして。

  1. I (わたし=話し手)
  2. You (あなた、あなたたち=聞き手)
  3. He/She/その他 (三人称=上記以外で、第三者かつ単数)

これを時と場合に応じて使い分けるのですね〜。

第三者かつ単数というのは、「ひとり」「ひとつ」のなにか、モノ、ヒト、事象も対象となります。

  • これ、あれ、どれ、それ(This, That, It)
  • あの子、あの人 (The child, The guy)
  • 5W1H (Who, When, Where, What, Why, How)
  • ひとの名前、モノの名前

たとえば、米大統領のトランプさんの話しをするとしたら

主語3タイプのうちどれに当てはまるでしょうか?

トランプさんはここにはいません、話し手でも、聞き手でもないので、第三者です。

「トランプさんは野球をします」という文章を英語に置き換えていくと

Mr. Trump (トランプさんは) します(Play)野球を(baseball)

まだ完成ではないですよ。

主語は、三人称(第三者単数)で、時制は現在型ということは…?

そう、あのルールが適用となりますね、動詞(Play)にSがつきます。

Mr. Trump plays baseball. (トランプさんは野球をします)

さて、三人称単数を復習したところで、本題にはいっていきましょう。

 

Sがつく理由を知るには、800-900年前に遡る

はるか遠い昔、800-900年前のこと。

初期の英語は、動詞にも、今以上に、多くの複雑な規則があったそうです。

しかし、ノルマン人の征服後、数百年は主に「フランス語」が英語にかわり、貴族間で使われるようになりました。

そして英語は、庶民が使うようになっていきました。

しかし、庶民にいたっては、きちんとした教育を受けているのは、ほんの一部です。

そのため、何百年とかけ、複雑なルールは徐々に薄れていき、退化していきました。

つまり、「Sをつける」「変形させる」などのルールは、誰もが使いやすいように、人々が使い何百年と継承され、磨かれていった結果なのですね~。

 

小話(英語は、活用めちゃくちゃ少ない方ってホント?)

ちなみにスペイン語、ドイツ語、フランス語には、まだ複雑な活用が残っているんです。

なんとスペイン語はですね、主語に応じて、一般動詞がいちいち変わります。

どれだけ英語が活用カットされているか、わかりやすく比較例してみましょうか。

探す、はスペイン語で(Buscar)といいますが、なんと現在形の活用だけで6パターンもあるんです。

  • Yo (わたしは) Busco
  • Tu (あなたは) Buscas
  • El/Ella(彼は/彼女は) Busca
  • Nosotros/Nosotras(私たちは)  buscamos
  • Vosotros/Vosotras(君たちは)  bucais.
  • Usted(あなたがたは)buscan

それに比べて、英語は、現在形の活用は2パターンだけ。

  • I/you (わたしは/あなたは) look for 
  • She/He/その他三単現 (彼は、彼女は) looks for

個人的には、余分な部分をカットしてくれたひとたちに感謝です。

う~ん、庶民の間に広がってくれてよかった。

 

まとめ

というわけでまとめます。

なぜ「英語では、主語が、三人称・単数・現在形の場合、動詞にSがつく」のか

  • そもそも、主語によって動詞を変える、お洒落な言語だった
  • しかし、歴史的理由により、庶民が「英語」を使うことになったため
  • 難しい変形やルールは、どんどんカットされて、
  • いまのシンプルなルールだけが残った

ということでした。

これをみて、2パターンだけなら覚えてみるか、と奮起してくれるひとがいたら幸いです(笑)

言語は人に思いを伝える手段です。

なので、ルールがあるときは、必ず裏に背景があります。

そこのところ、紐解いていくとおもしろいかもですね〜。

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です