EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

国際イベント運営って難しい

2019/03/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

お盆前の輸出入ラッシュで連日8時をこえてしまい。

残業続きで、しんどくなってきたので短めに。

 

国際イベントの運営をはじめて、早4ヶ月。

ちょっとしんどくなってきたなーという本音。

 

具体的にあげるとこんな所。

 

・第二言語でオーガナイズすること

・慣習が違う人たちをまとめること

・慣習が違うので予測がつかないところ

・無料での運営(コストがかけられない)

のが大きな負担になってきている。

 

イベントは企画・プロセス作り・当日の準備・待合い、

と、なかなか事前準備が多いのです。

 

 

自分の時間を犠牲にしているとは言いたくないが、

「皆の笑顔が見られればよいんです」というのも、

「犠牲じゃない」というのもなんか嘘くさいなので、

いつか、これが、何年後かにそう思えたらよいと思う

 

 

 

またこの出会いで広がる価値観や、

人脈もあるかもしれないしね。

 

今マイブームの語尾に勇気をつけるでしめますね。

 

  • 第二言語でオーガナイズしちゃう勇気
  • 慣習が違う人たちをまとめちゃう勇気
  • 慣習が違うので予測がつかないことに挑戦しちゃう勇気

まあしんどいといってもなにもかわらんので、

あせらなーい、

おこらなーい、

てんぱらなーい、

なぜならいみがなーい。

 

色々ちがうところは

そんな考えもあるのかー

ふむふむ、おもしろいねー、

それもいいかもねー!

と柔軟にやってくっきゃない!

 

前向きにやっていきましょ。

いっこいっこ。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です