EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【洋楽和訳】Far Far (ヤエル・ナイム) 最後から二番目の恋

 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

洋楽で勉強する英語、この記事では「最後から二番目の恋」の挿入歌 Far Farを和訳していきます。

Far Far  ( Yael Naim ヤエル・ナイム)

Far far, there’s this little girl

とおくとおくにいる小さな女の子

She was praying for something to happen to her

そして彼女はいつも祈ってた、なにかがおきないかと

Everyday she writes words and more words

まいにち、彼女は言葉をつづっていた

Just to spit out the thoughts that keep floating inside

ただ彼女のなかにあるものを、外へだすために

And she’s strong

彼女はつよくなった、夢をみると。

When the dreams come cos’ they take her, cover her, they are all over

それこそが、彼女をつれて、覆いかくして、彼女を包み込んだから

The reality looks far now, but don’t go

現実がとおくなっていく、でもどうかいかないで

How can you stay outside?

どうしてあなたは、外にいられるの?

There’s a beautiful mess inside

なにか美しいものが、わたしの内側にある

How can you stay outside?

でもあなたは、どうして外にいられるの

There’s a beautiful mess inside

中は美しいもので溢れているというのに

Far far, there’s this little girl

彼女は遠くかなたにいた

She was praying for something good to happen to her

そして彼女はいつも祈っていた、何かがおきらないかと

From time to time there’re colors and shapes dazzling her eyes, tickling her hands

ときおり、その色や、形が、目を眩ませ、手をくすぐる

They invent her a new world with oil skies and aquarelle rivers

彼女はあたしい世界を作り出す 油彩の空に、水彩の川

But don’t you run away already

もう逃げていかないかしら

Please don’t go oh oh

お願いだから、いかないで

 

How can you stay outside?

どうしてあなたは、外にいられるの?

There’s a beautiful mess inside

なにか美しいものが、わたしの内側にある

How can you stay outside?

でもあなたは、どうして外にいられるの

There’s a beautiful mess inside

中は美しいもので溢れているというのに

Take a deep breath and dive

大きく深呼吸をして、とびこんでみて

There’s a beautiful mess inside

内側にはうつくしいものばかり、散らかっている

How can you stay outside?

あなたはどうして外にいらられるの

There’s a beautiful mess

こんなに綺麗なものが、そこら中にあるというのに

Beautiful mess inside

綺麗なものが、いっぱい、自分のなかに

Oh beautiful, beautiful

とてもとても、綺麗なもの

Far far, there’s this little girl

とおくとおくにいる小さな女の子

She was praying for something to happen to her

そして彼女はいつも祈ってた、なにかがおきないかと

Every night she hears beautiful strange music

彼女には毎晩、ふしぎな音楽がきこえた

It’s everywhere there’s nowhere to hide
そこら中から、隠れてもむだなの

But if it fades she begs

でもそれが消えてしまったら、彼女は願うの

“Oh lord don’t take it from me, don’t take it yourselves”
「ああ神様、どうか、どうか、わたしからそれを取り上げないで」

I guess i’ll have to give it birth

私はいつの日か、外へ出なければならないでしょうね

To give it birth

外へと

I guess, i guess, i guess i have to give it birth

たぶんだけれど、わたしは外へと出なければならないの

I guess i have to, have to give it birth

きっときっと

 

There’s a beautiful mess inside and it’s everywhere

内側はこんなに、綺麗なもので、あふれかえっているというのに

So shake it yourself now deep inside

だからいま、あなたの中へ中へと深くもぐっていって

Deeper than you ever dared

いままでないくらい、深くへと

Deeper than you ever dared

いままでにないほど

There’s a beautiful mess

内側はこんなに、綺麗なもので、あふれかえっている

Beautiful mess inside

なかはこんなに綺麗なもので、いっぱい

スポンサーリンク

 

あとがきにかえて

 

Far Far (遠く遠くへ)は鎌倉を舞台にした、ほろ苦くて優しいおとなのドラマ「最後から二番目の恋」の挿入歌です。この曲が流れるといつも第八話に出てきたこの名言が頭にうかびます。引きこもっていた次女の長倉万里子。主人公吉野千明と親しくなることにより、徐々に自分を閉じ込めていた殻を破り、脚本家としての才能を開花させます。そしてステップアップ、いざ千秋のところから飛び立とう (出世) とした時の言葉

(出典:https://twitter.com/mariko_nagakura)

この幸せからやはり出ていかないといけないのでしょうか。

違う世界に飛びだすことより、今いるこの世界で頑張ばることのほうが私には幸せなのです。

出典:長倉 万理子:続・最後から二番目の恋(第八話)

この曲も自分のなかにはいっている女のこが、がんばって外に出ようとしている歌ではないでしょうか。自分のなかの世界を壊したくない、でもそろそろ外に出なきゃいけないことも痛いほどわかっている誰もがいちどは経験する感情であり、それは子供でも、中高生でも、大人になってからも一緒なのではないかな、とおもいました。

関連記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です