EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

外資系のヘッドハンターに会ってみた

2019/03/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

いままで何度か、色んな会社から、

電話を貰うことがあったけど、

外資系のリクルーターってどうなの?

そもそも信用できるの?

わたしの英語力でいいの?

そんな力量あるかしら、などなど

色々考え、躊躇していたけれど、

実際会ったらどうなんだろう?

という興味から今回はお会いすることに。

いつか英日半々の環境で、

と思いながら、いくら勉強しても、

動かなければ、結局何も変わらない。

結果から言うと、

思っていたのと全然違って、

いかに自分がいらない

保身に走っていたかわかった。

わたしのイメージ

こわい、通じるかな、

必要とされなかったらどうしよう

(漠然としたもやもや)

事実会ったらどうだったか

もやもや全て解消

会社の近くまで来てくれて、

ランチタイムに時間をあわせてくれる

終始英語で展開

ほんとは日本語話せるんじゃ、

とか思っていたけど本気で終始英語、

早さ的にはビジネスレベル

自分のスキルや経験が自分で

思っているより好反応だった

(現職が、ただの書類捌きでなく、

貿易、物流企画という側面が強いから)

感想としては、

思ったより普通で、

リク◯ートとか、イン◯リジェンスとか

日本の人材会社と話すときの会話が、

そのまま英語になっただけ。

事実起こるより、

こうかもという想像のが何倍も怖い

って何かの本に書いてあったけれど

ダメだったら、不足だったら

どうせ相手から言われるわけだし、

わたし無理かも、と

自分で自分の可能性を下げるのは

もったいないなあと改めて。

今回会ったリクルーターさんは、

日本にある外国企業の依頼で、

彼等の求めるスキルを持った

バイリンガルを探しているとのこと。

まさに需要と供給で、

そのステージの上に立てることが

嬉しいし、まさに今やっているPJも

先に繋がっていくと思うと

よりやり甲斐がある。

唯一わからなかったのは、

「I’ll take it. 」ここは奢りますよ!

聞き返してしまった。。

しかし思ったのは、

会話があっちこっち

飛びまくるプライベートより、

何かについて話すビジネスのが、

案外楽なのかもしれないということ。

いまのプロジェクトが終わるまでは

いまの会社で全力を尽くしますけれど、

来夏には新たな挑戦が出来るかな。

いまの仕事もこれからも、

足元固めて、じっくり考えて、

最良の選択を。

というわけで、

案ずるより産むが易し

という話でした。

しかしTOEIC780時代の自分だったら

半分も分からなかったかも、、

きちんと勉強していてよかった

やはり何事も事前準備は重要ですね。

この記事を読んだ人へオススメの記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です