美しすぎたハプスブルク皇妃【エリザベートの生い立ち】

悲劇のヒロイン
スポンサーリンク

ドイツに生まれシシィ」の名で親しまれ愛された、絶世の美女エリザベートオーストリア皇帝フランツに見初められ結婚に至るも、宮廷のしきたりに馴染めず苦しんだ女性のひとりです。この記事ではまるで、お伽話のように運命に翻弄されたエリザベートの生い立ちをみていきたいとおもいます。

この記事のポイント
  • バイエルン王国の貴族という、由緒ある家に生まれたエリザベート
  • 王位継承権から遠く公務とは無縁であったため、幼少期は自由奔放に人生を満喫していた
  • 姉のお見合いについてきたエリザベートに皇太子が一目惚れ、王室へ嫁ぐこととなった
スポンサーリンク

誕生と幼少時代

父はバイエルン公の称号を持つバイエルン王国の貴族であり、由緒ある家に生まれたエリザベート。現在ドイツ最大の都市となっているバイエルンで育ちました。こちらのダンディな男性と美女がエリザベートの両親です。エリザベートは2人の間にうまれた、4人目の子供でした。彼女の類稀なる美しさはこの両親から引き継いだものなのかもしれません。

シシィの両親 (エリザベート)

活発な少女

幼少の頃は父マクシミリアンと共に街に出かけ、チター奏者に扮した父の傍らでチップを貰う少女に扮したり、狩りに出掛けるなど活発な少女だったといわれています。

もちろん住民は、王家に連なる身分の高い公爵と公女であると知りつつも知らぬそぶりで歓迎し、エリザベートは後年、「私が唯一自ら稼いだお金」と言ってそのチップを大切に保管していたそうです。エリザベートは王位継承権からは遠く公務とは無縁であったため、幼少期は自由奔放に人生を満喫していたのです。

エリザベート16歳の肖像画 (16歳のエリザベート)

スポンサーリンク

自然を愛して

エリザベスは若い頃から「シシィ」という愛称で呼ばれ、自然を愛し、ミュンヘン南部のシュタルンベルク湖のほとりにある快適な家族の邸宅で夏を過ごしました。彼女の子供時代は、その時代と彼女の地位にしては珍しく、形式ばらなかったといいます。彼女の父親である公爵は音楽を愛し、特にリベラルな見解を持っていたため、それが子供たちにも影響を与えたといいます。

母ルドヴィカは子供が成長するにつれて、彼女らの結婚を考えるようになります。そして1848年、母は18歳でオーストリア皇帝になった、当時独身のフランツ・ヨーゼフに狙いを定めたのでした。

シシィ エリザベート(11歳のエリザベス)

変わる運命

当時エリザベートは15歳と幼く、王妃になる可能性は低いと考えられていました。というわけで、王妃としての、優雅さ、敬虔さ、そして控えめさといった資質を備えた、長姉のヘレネがお見合い相手に選ばれたのです。話し合いを重ねてシシィの姉ヘレネは、1853年の婚約を目指して皇族が集ったバート・イシュルに招かれます。

エリザベートの姉ヘレーネ

しかしその相手は、姉のヘレーネではなく、彼女の見合いにおもしろ半分でついてきたその妹15歳のシシィでありました。周到に設定された顔合わせの席で、フランツ・ヨーゼフはたちまち恋に落ちたといいます。

エリザベートの夫 フランツヨーゼフ(若き日のフランツ・ヨーゼフ)

何に縛られることなく、自由にのびのびと振る舞う愛らしい彼女は、宮廷にがんじがらめになっている、几帳面で融通のきかないヨーゼフにとって魅力的に思えたことでしょう。フランツ・ヨーゼフは母ゾフィの反対を説き伏せて、エリザベートを皇妃として迎え入れたのでした。

スポンサーリンク

まとめ

sisii

バイエルン王国の貴族という、由緒ある家に生まれたエリザベート。王位継承権から遠く公務とは無縁であったため、幼少期は自由奔放に人生を満喫していたのですが、姉へレネのお見合いに何気なくついてきたエリザベートに皇太子が一目惚れし、急遽王室へ嫁ぐこととなったのでした。

御伽話のようなストーリーですが、エリザベートは宮廷生活には馴染めず、姑ゾフィとは立ち振る舞いや子供をめぐってわだかまりが解けず、摂食障害に陥るなど実につらい日々が続くことになります。皇妃となった後の彼女についてはこちらの記事 (美に執着しすぎたハプスブルク皇妃、エリザベートの生涯)にまとめております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました