EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【国際恋愛】外国人との恋愛のはじまりって?|口説きパターン3つ

2019/02/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

 

はじめまして、通訳・翻訳、アラサーのNaa(@GogakuKimamani)です。

外国人との恋愛って、どこがはじまりなの?付き合うって言わないってホント

実施あった4つのケースを元に、どんなはじまりがあるのかをまとめてみたいとおもいます。

対象はカナダ、オーストラリア、アメリカ、フランス、そもそも移民の国もあり、慣習もさまざまです。

正解はないので、こんなパターンがあるな~って参考に(笑)

 

口説きパターン1 「付き合おう」とはっきり意思表示

「すごく君がいいと思っている」「付き合おう~」、ダイレクトに、または似たようなことを言われるパターン。

日本語が上手な男性、または日本文化に慣れている男性にある傾向

といっても、滅多にないケースな気がします。

わたしは黒か白かはっきりさせたいタイプなので、そう言われたら、

It means you want me to have a relationship? (え、付き合いたいってこと)

と確認します。そのくらいで嫌われるならそこまでなので、怖気付かない〜。

共通の友達に、We have a relationship.」(僕たちつきあっているんだよ~)

直接、「I told my family we are in a relation ship」(家族につきあっていることいったんだ~)

というような発言で発覚する場合もあるようです。

 

口説きパターン2 デートしない?と誘われる

Would you like to go on a date for that day?」(デートにいかない?)

直球ストレートで、すごくわかりやすいですよね。

でもこれは、あくまで「あなたを異性としていいと思っているよ~」ということ

まだ付き合おう~ってほどじゃないけど、お互い相性があうか見てみる期間、ですね~

でも普通にご飯に誘われるより、「デート」と言われて行くほうが意識しちゃいますよね。

 

口説きパターン3 一番トキめく、ストレートに「好きだ」と告白

「好き」という言葉の効力はすごいです。

一番トキめいたのは、英会話教室の先生と仲良くなり、バーにいったり、映画をみたり。

そんななんでもない日を過ごし、「またね~」と別れたあとにメールが届いたとき。

物凄く嬉しかったのと、紳士的な要素を感じたので、リスペクトをこめて文書の一部を。

Hey, I’m gonna say this to you in person next time.

次に直接会ったときに言おうと思ったんだけど、でも今言いたいんだ。

But I want to tell you now. After today.

今日終わったあと、やっぱり君が好きだと思った。

I felt that I like you. You are smart, funny, Beautiful.

賢くて、面白くて、綺麗で。

A joy to be around you.

周りにいられることが、嬉しいんだ。

これは、不意打ちすぎて、びっくりしましたけど、ほんとに嬉しかったですね。

ここまでダイレクトに言ってくれると、純粋に嬉しいですよね。

でもその当時恋愛にあんまり興味がなかったのと、たしか失恋したばかりで。

私は彼と何でもない時間を、自由~に過ごすのが好きだったんです。

でも付き合うとなると、いろいろ変わってくるだろうなと思って、結局付き合うにはいたらなかった。

まあ、このままで、なんて都合の良い話しないですよね。

その後はギクシャクしてしまい2年たってようやく普通~に話すようになりました。

余談ですけど、付き合っても、付き合わなくても、関係って壊れることがあるんだな~。

 

まとめ

というわけで3パターン

  • 付き合おう~とはじまる(このまま交際へ)
  • デートしない?と誘われる(お試し期間で相性が良ければ交際へ)
  • ダイレクトな告白(それ以降は2人次第)

ちなみに、自身が実際につきあったのは、1のパターンだけです。

オーストラリアの友達を訪ねたときに、交流会に別の友達ときていたんですね~。

実際外国の人と恋愛のはじまり~くらいまでたどり着けるようになったのは、英語力が伸びてきてからです。

フツ~の何でもない話しをして、ビリヤードしたり、アニメ見にいったり。

きっと、「英語を話したい!」というガツガツ感が抜けて、自然体になったからでしょうね。

国籍問わず、相性があえば、どんどん進んでいいんじゃないでしょうか。

この記事、誰かの役にたつのだろうか。(笑)

ちなみに初心者からはじめる英会話は、こちらです(【徹底解説】英語を話せるようになるまでの、3つのステップ

何事も基礎ありき、ですからね!

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です