EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

あえて、人を傷つける人の心理と対処法

2019/09/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

「なんでそんな酷いことを言えるのだろう」というひといますよね。人は人と関わることで成長していくものですが、の距離を間違えると思わぬトラブルに遭うことも。この記事では、「あえて人を傷つける言葉を吐く人」の心理と対処法について解説していきます。

スポンサーリンク

タイプ① 日頃の鬱憤をはらしたい

理性がまだ成熟していない小中学生。またはストレスにまみれたブラック企業の上司、私生活でストレスがたまったお局さまなどに見られます。特徴は、

  • 「そういうのってどうかと思う」などチクチク嫌味をいう
  • 特に何も考えず、「常識ないよねー」と思ったことをそのまま口にする

これは自分になにも原因がなくても、「目の前にいる」というだけで被害にあうものです。対処法としては、とにかく離れること。「仕事」に対するアドバイスは聞くけど、「人格」に対する言葉は受け流す、など自衛することでだいぶ楽になります。

 

タイプ② 「そのひと」の心を傷つけたい

「あの子があなたのことこう言っていたよ」「あなたみんなに嫌われているよ」とあえて言ってくる人っていますよねこのときのあのひとって大体2,3人だったりします。別に伝える必要ないよな、と思うのですが、本人はそんな正論より「相手を傷つけたい」から言っているので、なにをいってもむだです。

  • 昔は仲が良かったけど、最近あたりが強い
  • いやだといっていることを繰り返す

お互いの立場が変わると、相手に対する信頼や友情も変化するもの。ミルグラム実験、歴史上の数々の戦争が証明する通り人間の本質は残酷なものです。理性が飛べば簡単にひとを傷つけることもできるもの。

スポンサーリンク

視点をかえて、加害者目線になってみよう

ちょっと目線をかえて加害者の視点からみてみましょう自身も上記は正論で心ではわかってはいるのですが、どうしても我慢できないときがあったのです。その時に思ったのはもしかして、「xxさんも言っている」という発言をして来る場合は、

  • 自分の鬱憤をはらしたい人と、
  • いい加減その一方的な主張を終わりにしてほしい

という2パターンがある説です。

① いい加減に常識をわきまえて欲しい

それは明らかに「常識」とかけ離れた理論をふっかけられたときです。昔の友達とトラブルになり、あきらかに意味がわからないことをまくしたてられたことがあったのですが、何を言ってもどうもならず。周りに聞いてみたところ、似たような事象があったので、そのときは「みんな困ってるんだからやめて」と言いたくなったものです。

 

② モラハラ、もうやめてという心の叫び

もう一つは、常識をこえたモラハラ益田ミリさんの本にある「大人には答えなくていい質問もある、すべての質問に答えようとすると自分を見失う」という言葉のとおり、踏み込んではいけない領域もあるのですね。

そこを無視して踏み込んでこられると、ひとって心身の調子を崩すものです。相手にとっては暴言にとれるものも、本人にとっては「ほんとにやめて」という心の叫びだったりするのかなとおもいました。(そんなのしらんってかんじですがね)

スポンサーリンク

つまりどういうことか

「傷ついたこと」を理由に相手を責める、本当にやめてほしいときに「第三者」の存在をだしたくなるのかも。そして理屈で納得してくれない(わたしはこうだという主張を曲げず、あなたはおかしいと言い張る)場合は、もうなんでもいいから「わたしを逃して」という思いで酷い言葉を放つケースもあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

というわけで人を傷つける人の心理と対処法

  • 鬱憤をはらしたいタイプは、「ストレス溜まっているんだな」と無視すること、
  • 「そのひとの心」を傷つけたいタイプは、「そう思う人もいるんだ」と流すこと

ただ自分の鬱憤をはらしたい人もいますが、違うパターンもあるようです。

たとえば子供の頃お姉ちゃんにいじめられて、ついに我慢できなくなった幼い弟がキレて、「もうやめてよ!」といえずに「このブス!デブ!」と暴言をはくのは、ことを終わらせたいため。自分を守るための暴言だったりもしますね。

またあったらいやですからね、何かあったらどのパターンに当てはまるのか考えてみるといいのかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です