EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【留学体験記】海外インターンの理想と現実

2019/03/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

 

はじめまして、本業は通訳・翻訳のNaa(@GogakuKimamani)です。留学体験記、今日は海外インターンについて触れてみたいとおもいます。先に言うとですね、これはトラウマになるくらいシビアでした(笑)

わたしの英語力と知識が足りなかったんですが、先方としても、困っただろうな。折角なので、面接から、終わりまでどういう道筋を辿ったか、書き記しておこうと思います。留学仲介会社の説明では、なかなかこういったリアルなものはないので、迷ったらぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

インターンを見つけた方法

私の場合、現地の専門学校が後ろ盾になってくれて、キャリアアドバイザーと相談しながら探していく形でした。イチから見つけるのが大変だろうな~とおもい、そもそも学校とインターンがセットになっているプログラムを申し込んでいたので、そこは身1つで動くより楽だったと思います。Resume(履歴書)を2,3枚つくって、校を通して応募。基本無給ですが、しっかり書類選考、面接に足を運びました。

 

ドキドキ、超圧迫面接(に見える)

場所はダウンタウンから電車で30分、最寄りから15分ほど山にはいった小さな引っ越し会社。ドイツ人の年配の男性が経営しており、スタッフはドイツ人の女性と、カナダ人男性だけ。

8畳ほどのオフィスに、応接室もついていて、横にはトラックが何台か止められる大きな倉庫が併設されていました。時間の5分前に社長の部屋へ案内してもらい、

  • なぜこの会社か
  • どんなことをしたいのか

などいろいろ聞かれました。ただ当時は、おどろくほど話せなくて、詰まりながら回答しました。ただ熱意だけは伝わってようで、「半月あげるので、英語をなんとかしてきて」といった回答をいただき、その場でインターンの契約を締結しました。

半月をフルに使って、街のヨガにいったり、Meet upにいったり、シャドーイングしたり。(このとき出会ったのが、当時バンクーバーを制していたRk Englishのリチャード川口先生)死に物狂いでやりました。(結果はこちらの記事:【シャドーイング】3日目で英語が聞き取れるようになった話|TOEIC(L)満点

 

(難易度が高い方が伸びると思い)ネイティブだらけの環境へ

メイン業務はカスタマーサービス(というか電話番)国際引っ越し会社なので、毎日ドバイ、オーストラリア、インド、いろいろな国から電話がかかってくるわけです。

どこから、どこまで、何を運びたい、ということを聞いて、見積もりを出す作業を延々と。とにかく困ったのは、地名がわからない。「Trinidad and Tobago」といわれても、単語だか国名だかすら、わからない。(これはカリブ海に位置する国)。あまりに的確なやりとりができないので、「だれか英語話せる人いないの?」と電話先で怒られたことも。

 

子供でもできることが出来ない、役立たずさにプライドはズタボロ

なんでしょうね、ひとって、出来ない時ほど強がるんですよね。いまだったら、「聞き取れないからだれかかわって」って言えるのに、出来ない自分を認めたくない、出来ないなんて思われたくない。何もないのにプライドだけはある。

きちんと仕事をしたいのに出来ない、というか。電話を取って、内容を聞くっていう単純なこと、子供でもできるようなことが、英語が満足に話せないために、出来ない。しいて例えるなら、小学校3年生で漢字が読めない状態で、大学の授業を受けるイメージですかね。とにかく、努力とか、気合いとか、そういったものでは何ともできないくらい高い壁を感じました。

1ヶ月経った頃にギブアップ

それでも、5ヶ月頑張ろうと、もう必死でメンタルを立て直そうともがいたんですけど、自分の最大限の力を発揮しても、充分な、最低限の仕事も出来ない。学校とも相談して、間にはいってもらいやめさせてもらいました。そのあと、別の会社に面接も行ったのですが、さきのこと、金銭面、色々考慮してインターンはそれで幕を閉じました。

 

大きな夢を叶えたいのなら、目標までの道筋を描け

自身努力と運で乗り切ってきた部分があって、高校も、大学も、だいたい最後は、「なにとかなる」人生だったのだと思います。最後の追い上げでなんとかなる、と思っていた。でも社会はそうはいかないことがわかった変に夢を見るのではなく、身の丈にあったものを高い目標を達成するためには、きちんと計画をたてて、短期目標(マイルストーン)を配置し、ひとつひとつきちんとクリアしていく必要があることを知りました。

 

あとがきにかえて

インターンをやめるときに心の中で決めたのは、「この決断を絶対後悔しない人生にする」ということ辞めたことを言い訳にしない、やめたことで自分を卑下しない、「挑戦を怖がる」ようにはなりたくなかったんですね。インターン先にも迷惑をかけたけども、これをなかったことにせず、これを糧に、これすら後悔しないような人生を作ろうと、それから必死で働いてきました。経験してよかったな~と思えたのは、帰国してから5年後でしょうか。

一見、もう立ち直れないというような事象であっても、自分次第で何とでもなること、これを知っていれば失敗しても大抵のことは何とかなる気がします。ただ、目標設定を見誤るととんでもないことになるので、注意してくださいね(笑)

(留学帰国後の就活難民生活についてはこちら:(【留学体験記】ニートだった私が、英語の仕事に就くまで

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です