EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

会社が辛いとき、ちょっと幸せになる6つの考え方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

以前、会社を辞めたい時の対処法についてご紹介しました。しかし自身フリーランス(半分ノマド生活)を経験して、会社って、すごく恵まれていることもたくさんあることに気付いたのです。そこで今日は、プラスの面に焦点をあて、会社にいるメリット6つをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

実は恵まれているこんなこと、6つ

 

毎日通う場所があるって幸せ

ノマド(フリーランス)をしていると、今日は家、今日はスタバ、と気分ごとに変えることができますが、会社のメリットは「決まった場所」があるという安心感だとおもいます。人間も結局、集団生活を好む生き物なので、同じような仲間がいるっていうのは幸せなことなのかもしれません。

快適な空間で、仕事ができるって幸せ

ノマド生活をしていると、「仕事をする場所」を探すことから始まるんですよね。でも朝から家で、誰とも話さずカタカタしているのもなんだか調子がはいらない。カフェにいくと気分は変わるものの、電源が確保できる席が空いていない場合もしばしば。コワーキングスペースはなんだかお金がかかる、自分の荷物が置きっ放しにできて、ネット回線完備、オフィス道具も完備、エアコン付きって実は結構な贅沢です。オフレコにしたいミーティングだって、会議室があるからこそできること。(外部の会議室って取ると結構高いんですよ)

企業名や、職種が、自己紹介に使えちゃう幸せ

企業名や、職種をいうだけで、「ああ、ちゃんとしているひとなんだ」、「ちゃんと働いているんだ」というプラスの印象がおまけでつくのは、ありがたいことです。フリーで仕事をしていると、相当な実績と信頼がない限りすべて「自称」ですからね。

普段出会わない情報に触れられるって幸せ

自分ひとりだと、どうしても情報が偏ってきます。自分の仕事に関連したもの、またプライベートでも好きな情報しか取りに行かなくなるからです。でも組織に属していると、そうもいきません。上からの無茶振り、同僚の仕事の手伝い、まさかの方針転換、方法はどうあれ「新しいこと」「業界内外の新情報」というのがいつもはいってくるのは、案外自分のためになります。

お金をもらいながら、勉強ができるって幸せ

会社に属すると、ビジネスモデル、特徴、仕事、色々と覚えて成長していく必要があります。プロジェクト、経理、貿易、やろうと思えば何でも挑戦できるのが社会。なかには、お金を払って「ビジネススクール」に通う人もいるくらいです。それを考えると、給料をもらいながら、新しい仕事に挑戦でき、勉強し続けられるのは、幸せなことではないでしょうか。

役割分担がしっかり決まっているって幸せ

フリーランスだと、これを全てひとりでやらないといけないということです。仕事を取ること、こなすこと、納品からお金回収まで。ただ「翻訳」だけをやりたかったのですが、実際に庶務が多すぎて、慣れないからかそっちに時間を取られてばかりでした。会社では、経理、営業、システムなど、ビジネスに必要な役割が効率よく整備され、誰もが得意なポジションにはいることができます。本当に好きなことだけやりたかったら、案外に組織に属すほうが、本業に集中できるのかもしれません。

 

まとめ

というわけで、会社が辛いとき、ちょっとだけ幸せになる6つの考え方

  • 毎日通う場所があるって幸せ
  • 快適な空間のなかで仕事ができるって幸せ
  • 社名、仕事が自己紹介に使えるって幸せ
  • 自分じゃ取らない情報に触れられるって幸せ
  • お金をもらいながら、勉強ができるって幸せ
  • 役割分担がしっかり決まっているって幸せ

いかがでしたでしょうか。

 

あとがきにかえて

自身4社ほど経験しましたが、其々いいところがありましたし、合わない人もいっぱいいたけれど、良い上司もたくさんいて、プロジェクトの進行、仕事の進め方、物事の考え方、多くのことを教えてもらいました。今の会社も、「仕事もっとほしいなあ」と思うこともあるけど、やることさえやれば何も言わない、上司にも周りにもとても感謝しているのです。ぜひ、会社辛いなあ、と思ったらメリットも書き出してみてくださいね。感謝することで、すーっと消えていくモヤモヤもあるかもしれませんね。

この記事を読んだ人へオススメの記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です