EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【会社を辞めたい女性必見】後悔しない辞め方2つ

2019/03/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

はじめまして、結果良ければ全て良し、働くけど働かない女、Naa(@GogakuKimamani)です。

社会に出て7年目になりました。いまの会社はインターンをいれると4社目です。え、多い?いえいえ、初めの会社は正社員で3年半、2つ目の会社は2年で今の会社にうつっています。辞めたことで不利益を被ったことはないし、むしろメリットだらけだったな(もっと早く辞めてもよかったな)と思うこと多々です。

今日は、後悔しない辞め方2つをご紹介します。

1 こんな会社はもう嫌だ!大手にいきたい!キャリアアップパターン

中小企業やベンチャーってアッドホームなのですが、福利厚生がなかったり、ネームバリューがなかったり。いくら力がある人でも、●●商事で」というのと、「某中小企業で」というのでは、同い年でも全く印象が違い大手を名乗っている人のほうが仕事ができそうで、キラキラして見えるんですよね。

中小企業に入って我武者羅に働けば、どこでも通用する」という言葉があります。自分で「この期間だけは頑張る!」と期限を決めてその期間は精一杯仕事をしましょう新卒の場合は、3年ほど働くと応募できる求人数が増えます。

怒られても辞めないし、めげない人は社長や上司とも信頼ができ劇的な成長を遂げることができます。それは、どこの会社へいっても、仕事の要領や質をかってもらえる社会人基礎力になります。「辛いから」と現実逃避をせず、しっかり目の前の仕事をやりきった人は、後悔をせずスッキリやめられるでしょう。それは、自他ともに「辛くても3年間ちゃんと打ち込んだ」ことを知っているからです。

ポイント

  • 流れに任せるのではなく、自分で期限を決めて、その期間きっちり仕事をする
  • 辞める前に自分が学べるものは学び尽くし、仕事を投げ出さない

2 さらばパワハラ!見限りパターン

平成28年報告されているパワハラ被害は7万件もあるそうですこれもある意味洗脳ですが「あなたのせい」「あなたのためを思って」「出来ないやつだな」といわれていると、そんな気がしてきてしまうんですよね。

「でも給料も悪くないし」「遠くもないし」…etc 悪くない理由を集め始めたら注意です。年月に関係なく、パワハラは着実に心身を蝕んでいきます。かく言う私も、「ねえまたミスしてるじゃん」「この資料、カッコの形へんじゃない?」チクチク言われ続け、ミスがなかったらないで「私のパソコンの画面覗き込むのやめてくれる?社会人としてどうなの」と、言動や態度に言葉が向きました。「頑張っても頑張っても怒られる、私のなにがいけないんだろう」このループが止まらなくなって、プロジェクトが大詰めになったその帰り道、過呼吸で倒れて気が付いたら病院にいたこともあります。

経験して思うのは、「おかしいと感じたらさっさと辞めるに越したことないほう」ということです。パワハラはその時だけ耐えればいいわけじゃなく、メンタルを崩すと後々の人生にも大きく関わってくる可能性があります。周りに相談し、パワハラだとわかった時点で、振り返らずに、そこからさっさと出て行くのが一番懸命な判断です。それは「逃げ」ではなく、別の場所へいくことにしたというただの「決断」です。さっさとさよならしましょう。

ポイント

  • パワハラは改善する可能性があまりに低いので、わかった時点で、職場を出ること
  • 我慢をすると自分の心身に支障をきたすので、振り返らずさっさと出て行く
  • 危険な場所からの脱出は、裏切りではなく、見限りである

 

3 今の時代、仕事はいくらでも見つかる

すぐに仕事が見つからなかったら」「もっと悪くなったら」、なんて不安もわかりますが、会社なんては入ってみないとわからないのです。そしてそれは五分五分で、悪くなる可能性がある分、良くなる可能性も同じだけあるのです。私の好きな言葉のなかに、「Instead of trying to make your life perfect, give yourself freedom to make it adventure. (完璧を目指すのではなく、人生を思いっきりアドベンチャーにしよう)」というものがあります。

同じ職場で長年「いいのかなあ」と悶々としているより、思い切って足を踏み出したからには、「やるしかない」とただただ我武者羅でひたむきな日々を送っていったほうが健全かもしれません。私も色々ありましたが、辞めたことを後悔したことは一度もないです。自分がレベルアップしているのなら、会社もそれにあわせて変えていくのも、今の時代はありじゃないでしょうか。

まとめ

 

というわけでまとめます。

  • 後悔ないほどやりきってからつぎにいく
  • 理不尽な職場はさっさと見限って、次にいく
  • 次の仕事だって、踏み出せば何とかなるから大丈夫

わたしもマルチ商法に引っかかったときに、活動時間捻出のため、メーカーから通信会社に切り替えたのですが、新しい業界に入ってみたら、そこはそこで面白さがありました。データの世界、通信の世界、はいってみることで興味がわく、自分にあっていたものって、案外あるんですね。というわけで、会社辞めたいと思ったら、ぜひぜひ前向きに検討してみることをお勧めします。死ぬこと以外はかすり傷、ですよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です