EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【韓国への輸出規制】海外の反応と、GMOMIAに対するアメリカの本音

2019/11/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

話題となっている韓国への輸出規制またそれに重なるようにGSOMIA (日韓軍事協定) の破棄が決まりましたね。他国でも韓国と日本の関係性についてニュースで取り上げられるようになってきました。当事者になると何が起こっているかみえないこともあります。そこでこの記事ではフランス通信社が報道している内容またその反応についてまとめていきたいとおもいます。

 

スポンサーリンク

 

輸出規制に対する、フランスでの報道内容

ここからは、フランスでリリースされた記事「米国、日韓の結束を促すUS urges S.Korea, Japan to unite as rift escalates」の記事から、海外の反応をみていきたいとおもいます。前提としましてここでは、個人的な意見ではなく、あくまで記事に書かれているものをできるだけ忠実に翻訳していきます。

 

日本と韓国の関係性について

(AFP Photo/Jung Yeon-je)

韓国と日本は1910年から1945年まで日本が朝鮮半島を植民地支配していたあいだ、日本が強制労働をしいたことをめぐる長年の外交論争から生じている激しいしっぺ返し論争に巻き込まれている。 Seoul and Tokyo are involved in a bitter tit-for-tat row stemming from a long-running diplomatic dispute over Japan’s use of forced labour during its colonial rule over the Korean peninsula from 1910 to 1945.  (引用元:US urges S.Korea, Japan to unite as rift escalates 日本語訳:Naa)

これは2019年8月29日にフランス通信社に寄りかかれた記事「米国、韓国と日本を結束させることを求める」のヘッドラインです。戦争中にあったゴタゴタがいまも尾をひいており、日韓の関係に影響を及ぼしていることにふれています。

輸出規制と、それに対するGSOMIAの破棄について

韓国政府は、ソウルの貿易状況を悪くするであろう決定を日本政府がした (輸出規制を決定した) ことについて、韓国を敵として扱ったとして非難しました。(米国の相互同盟国であるのに)日韓両国は、1910年から1945年までの日本の植民地支配期における強制労働問題をめぐり、し烈な対立を続けてきました。韓国政府はすでに、日本との「軍事情報共有協定GSOMIA」を打ち切ると表明しており、安全保障条約を結んでいる米国内では懸念が高まっています。 South Korea accused the mutual US ally of treating it as an adversary as Tokyo’s decision effectively to degrade Seoul’s trading status came into effect. The two nations have engaged in a tit-for-tat row stemming from a long-running dispute over Japan’s use of forced labor during its colonial rule over the peninsula from 1910 to 1945. Seoul has already announced it will reciprocate, and last week said it will terminate a military information-sharing pact with Japan, raising concerns in Washington, which has security treaties with both. (引用元:US urges S.Korea, Japan to unite as rift escalates 日本語訳:著者Naa) 

フランスは特に軍事協定などが絡んでいるわけではないからか、シンプルに「輸出規制」をうけ「軍事協定が破棄された」という客観的な事実だけ述べられています。

スポンサーリンク

アメリカとしては、仲良くしてほしいのが本音

米国防総省のマーク・エスパー国防長官は、両方の同盟国にたいし「非常に失望している」と言い、彼は「日韓両国がこれを超えることを望んでいる」と述べました。同相は記者会見で、「私たちが直面している共通の脅威は北朝鮮と中国そしてより大きな脅威です。そして皆が協力すれば私たちはより強くなります」と述べています。(一部省略)それは、近い将来の北朝鮮と長期的な中国について真剣に考えています。」と彼は付け加えた。At the Pentagon, US Defense Secretary Mark Esper said he was “very disappointed” by both allies but that he remained “hopeful that they’ll get beyond this.””We have common threats facing us — North Korea and China and bigger threats — and we’re stronger when we all work together,” he told a news conference.”When you look at the ledger, we share more interests and values and things in common than we do not,” he said.”I want to build upon that and hopefully resolve this quickly, move forward and get back on the important track we need — and that is really thinking about North Korea in the near term and China in the long term,” he added.(引用元:US urges S.Korea, Japan to unite as rift escalates 日本語訳:著者Naa) 

アメリカとしては北朝鮮、中国のうごきをいち早く知るためにも、両国間で連携をとってくれたほうがありがたいのでしょうか。韓国政府はすでに日本との軍事情報共有協定を打ち切ると表明していますが、安全保障条約を結んでいる米国内では懸念が高まっているといいます。

スポンサーリンク

 

 

強制労働に対する支払い命についての示唆も

日本は35年の植民地支配からの賠償請求はすべて、1965年の条約および関連する経済協定の下で解決されたと述べています。今回日本政府は、日本の輸出(規制の)決定は安全保障上の理由によるものだとしていますが、第2次世界大戦中におきた強制労働に対し日本企業へ支払いを命じる、一連の判決を受けてのものだともいわれていますJapan says all reparations claims from its 35-year colonial rule were settled under a 1965 treaty and associated economic agreement as the countries normalized relations. Tokyo says its export decision was made on national security grounds, but it followed a series of South Korean court rulings ordering Japanese firms to pay for forced labor during World War II.(引用元:US urges S.Korea, Japan to unite as rift escalates 日本語訳:著者Naa) 

本当のところは一般市民にはわかりませんが、他国からみるとこう見えるのでしょうか。

 

日本の輸出規制は、世界のサプライチェーンへも影響が

日本の動きは世界最大のスマートフォン (多機能携帯電話) とメモリチップのメーカーであるサムスン電子などの企業にとって重要な輸出に影響を与え、世界のサプライチェーンへの影響や消費者の価格上昇の可能性について国際的な懸念が高まっています。規制対象となった「フッ化水素ガス」と「フォトレジスト」の2つはメモリチップの製造に不可欠であり、3つ目の化学物質であるフッ化ポリイミドは、サムスンからの待望の折りたたみ式モデルを含む、ハイスペックのテレビ画面やスマートフォンのディスプレイに使用されているものです。(詳しくはこちら:【韓国への輸出規制】を超わかりやすく解説してみた

スポンサーリンク

まとめ

メンヘラの治し方

というわけで、フランスで報道されている日韓報道をかんたんにまとめますと、

  • 韓国は安倍首相が「信頼できる貿易相手国 (ホワイトリスト)」からをはずしたことに講義
  • 「安倍総理は韓国は信頼できず、敵対国のように扱っている」と話す
  • アメリカは北朝鮮・中国に対抗するため、この同盟2カ国にはできるだけ仲良くしてほしい

ということでした。当事国のニュースをみると見方がかたよっていたりするので、今日はできるだけ遠いフランスのニュース記事を参考にしました。別記事にて「海外の反応 (市民の声) バージョン」もまとめております。またソースには十分に留意しておりますが、万が一大きな偏りや誤りがございましたら、お手数ではございますがお知らせいただけますと幸いです。

関連記事

スポンサーリンク

参考にしたサイト

  • South Korea summons Japan ambassador as export trade curbs take effect https://uk.news.yahoo.com/south-korea-summons-japan-ambassador-041833768.html
  • US urges S.Korea, Japan to unite as rift escalates https://news.yahoo.com/korea-slams-japan-white-list-removal-takes-effect-072231409.html;_ylt=AwrXoCE2i2xdznYADmJQBQx.;_ylu=X3oDMTByc3RzMXFjBGNvbG8DZ3ExBHBvcwM0BHZ0aWQDBHNlYwNzcg–
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です