EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【決めつける人の心理】と過度な批判への対処法3つ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

「あの人はこう」「あなたはこう」、人に勝手に決めつけられるとイラっとしますよね。でもそういう人ほど批判的だったり、口が立つので特に何も言えず苦汁を飲むケースも。最初のうちは「いやだなあ」と思うだけでも、だんだん会うのが苦痛になったり、人間関係に苦痛を感じたりと大きくストレスになることもあるのです。今日はそうなる前に、賢い「決めつける人、批判的な人」の対処法3つをご紹介します

スポンサーリンク

 

決めつける人の根本にあるもの、と心理

そもそもこれがどういう状態かというと、彼らの中には元々自分のなかに「これ」という厳しい基準があって、それは本来自分だけに向けておく分には問題ないのですが、それが他人に向いてしまっている状態なのですね。なので、彼らの個人的な考えは真に受けなくて問題ないです。他人の言うとおりに動くことは、他人の人生を生きているようなもの否定的な考えや有害な言葉は脳の表面でさらっと流しましょう。

ストレスを貯めないコツ

もし「あなたはこうだから」と一方的に決められたり、「だからそうなんだ」といった厳しい評価を向けられたら、感情を一旦とじて、「ああ、この人は物事を個人的に考える人なのだ」と心のなかでつぶやきましょう。

 

決めつけ、批判的な人への対処法3つ

①余裕があり、思いやりのある態度で対応

人は落ち込んだり、辛いと感じたり、道を見失ったり、孤独を感じたりしたとき、つまり自分自身に不満を抱いているときに、周りの人を責めて批判する傾向があるのです。

だから決めつけられたことに目くじらをたてるのではなく「ほう、そう感じるんですね(実際は違うけどね)」と余裕を持って対応しましょう。それは誰をも愛しましょうといった聖母的なことをしろ、というのではなく、そうすることで自分が保てるからです。相手はいわば竜巻のようなものでネガティブな力で他をも巻き込もうとしている、それに巻き込まれないための賢明な策ですね。(馬鹿正直に生きていても、メンタルがやられるだけ)

 

②人のふりみて、我がふりをなおせ

Mahatma Gandhi(ガンジー)の言葉ですが、私たちは世界を写す出す鏡のようなものです。現実に起きる出来事は一つの結果であり、その原因は自分の心の中にあると。つまりいま起きていることは、自分の心を映し出した鏡ということですね。

自分の機嫌を上手にとれなかったり、人にきつくあたってしまったり、心の中ではひとを批判していたりすると、そういう人が自然と現れるのです(きっと周波数かなにかが似ているのでしょうね)ここもまたカッとするのではなくて、ああ、反面教師だ、私にもこういった部分がたしかにある、と自分の行動を振り返る良い機会とするのも賢い手です。

スポンサーリンク

③それより、自分が好きな人たちとの時間を大切に

 

世界中みんな仲良し、友達ってことはないので、親切で愛情深い人もいれば、酷いことをする・いう人もいるものです。でも冷静にみると、そういった「いやなひと」というのは全体のほんの一部でしかないはずもし全員がそうだったら、まず環境をかえることを第一に考えましょう。

生きているなかで自分が使える時間とエネルギーは限られています。「他人がいった嫌なこと、出来事」を頭のなかでリピートするとそれだけでもストレスホルモンが活性化するそう。もうその人は目の前にはいないのですから、自分をオート操縦にしているとそっちに流れ着く可能性があるので、「あのいやだったことを考えているな」と思ったら、意識的に「今あるもの、大切な人」に目を向けるようにしましょう。とくに感謝をすると心があったまるので即効性があります。

 

まとめ

というわけで、決めつける人の心理と対処法3つをご紹介しました。

  • ① 余裕があり、思いやりのある態度で対応
  • ② 人のふりみて、我がふりをなおせ
  • ③ 嫌な人ではなく、好きな人にエネルギーをさく

簡単にできる方法としては「イラっ」ときたら、

  • 「これは所詮その人の個人的な意見」くらいに考えて、
  • 嫌な言葉、傷つく言葉は脳の表面でサラっと流して

特に深入りしないようにすることが得策でしょう。(上司からの注意を、意味ないから聞かないとボイコットするのは全く違いますが)触らぬ神に祟りなし、とはよくいったものです。

この記事を読んだ人へオススメの記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です