EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

嫌われる覚悟

2019/03/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

最近色々怖いなあ、

と思うことが多いのですが、

裏を返せば

新たに挑戦してることが多い

のが原因らしい。

国際イベントを少し違う畑で

やろうとしていたり、

自分で打ち上げたプロジェクトを、

3つほどやらせて頂いていたり。

プライベートの過ごし方を、

少し変えてみたり。

いつもと違う人と過ごしてみたり。

やったことのないこと、

先が見えないものに取り組むのは、

結構エネルギーがいる。

国際イベントもプロジェクトも、

自分で考えて企画を起こす時は、

だいたいデータを見て、

仮説をたて、

押さえておくべきところに

マイルストーンを置き、

結論こうまとまるかな、

と机上で想像ができたところで、

実際に行動に移すわけですが、

(ここで告知うったら、

こういう人が集まるから、

場所はここらへんにしよう、

この場所だと○人くらいが丁度いい

うーん、でもそうすると、

オーガナイザーはもう一人いるな、

じゃあ料金はいくらに設定して、

コンテンツはこうしよう

ああ、これならいけるな、みたいな)

まあまあ、

自分の仮説がそううまく、

そのままそっくりいくことは、

なかなかない

それに会社で、

新しく何かをやりたいとなれば、

コアな人数は10いなくても、

総数100名以上に影響がでるので、

もちろん反対意見が必ず出てくる。

これは、もう、ぜったいで、

避けては通れない。

し、出てきて然り。

全部飲むことはないにしても、

痛いところをついた意見は、

思わぬ発見を生んだりもする。

何が言いたいかと言うと、

仮説を立てて効果を見込む、

自分なりに確信があって、

(上に承認を受けてるので、

あながち間違ってもいないという

自信もあるのだけれど)

実際にまわしはじめると、

なんでこんなんやるの

これやる意味あるんですかね

忙しいのにー

みたいな意見が気になること、

気になること。

現場の意見を聞きすぎると、

確信があっても不安になる、

でもそこを超えてかないと、

ただただ同じ非効率の繰り返し。

与えられたこと、

既存のものを続けることは、

案外誰にでもできる、

でも、何かを変えるためには、

一回ばらばらにして、

再構築しないといけないときもある。

壊すときにもったいない、と

いう声があっても、

より良くするために、

壊さなきゃいけない時がある。

最初のプロジェクトを埋め込むまでに、

色々言われて肩身が狭いまま。

地道にやって、想像以上の効果で、

評価が逆転したのといっしょで、

今はそれが当たり前の基準として、

当然のように堂々と成果が、

会社に居座ってるのと一緒で、

頼み込むのは、教えてください、

協力してくださいと、

ときに頭を下げるのは、

なかなかくるものがあるけど、

たぶんこれは同じパターン。

やめることは簡単、

何かを変えていくためには、

気が遠くなるような、

三歩進んで二歩下がるを

繰り替えしてくしかないんだろうと

つくづく思います。

久々に会社辛いなーと思ったけど、

失敗も怒られるのも

がっかりされるのもやだなーと

思ったりもしたのだけど、

それでもやっぱり、

何かを生み出すことが、

私は好きなんだろう。

まあたとえ失敗しても、

(今回のは困るけど、させないけど)

軌道修正すればいいし、

人間関係、仕事に不満はあれど、

そう感じる瞬間があるだけで、

やっている意味は、意義は、

充分にあるのかも。

貿易実務だけでなく

考えることが仕事、にもなっている。

日本の会社で培った事を、

グローバルでいつかやりたいなと、

密かにおもっていて、

それがあるから頑張れる、

まだまだ目指すものは先にある、

しんどいことも、将来、

自分が本当にやりたいことをやるための

自由になるための蓄えの時期、

だから目の前のことにも真剣に。

言語ができても肝心の中身が薄ければ

やりたいこともできないですから、

知識、経験のタンクもいっぱいためて、

さて、どこまでいけるか。

この記事を読んだ人へオススメの記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です