EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【マルチ商法勧誘】ネットワーカーの本音と建前を大公開

2019/03/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

 

はじめまして、結果良ければ全て良し、常識にとらわれない女Naa(@GogakuKimamani)です。

前回の記事では、【ネットワークビジネス】勧誘目的の女性に見られる特徴8つをご紹介しました。次はマルチ商法、ネットワークビジネスの勧誘でよく出てくる言葉甘い言葉の裏に潜む本音(意図)をご紹介します。

勧誘の怖いところは、ひとつでも引っかかると、あれよあれよという間に洗脳が進み、「こんなはずじゃなかった」といったことが起こることです。ただ普通に関わる分には、気をつけていれば済むだけのこともありますので、言葉だけを間に受けず、参考程度に思い出していただけると幸いです。

1 「将来のことって、何か考えているの?」

よく出てくる言葉

  • 「会社員だと、自分が動き続けないとお金がもらえないんだよね」
  • 「●●さん(第三者)に出会って、将来のこと真剣に考えるようになったんだ」
  • 「いまのままでいいの?本当はどうなりたいの?」
  • 「今のその給料は、会社っていう仕組みのなかにいるからだよ」

本音

「そのまま会社員じゃ、つまらなくない?」

解説

このままの自分でいてはダメかも」と思わせ不安を煽るのは、マルチ商法でよくある手口です。桁違いの夢を描かせ、いまの現状とのギャップを誇張し、本人が「そこから抜け出すためにはどうするか」を考え始めたところで、「回答」として、ビジネスだったり、コミュニティに属して学ぶことを「選択肢」として提示するのです。

2 「仲良い人たちでよくスポーツやったりしているんだ、よかったら行かない?」

よく出てくる言葉

  • 「サークルみたいなもんかな」
  • 「社会人になると、会社以外で友達作りにくいからさ」
  • 「いろいろな人に会えるから、気付きのきっかけになったりするよ」

本音

仲間と会ってくれないかな?

解説

仲間と会わせる」ことには、勧誘側にとって多くのメリットがあります。自分の声が響かなくても、他の人の声が響く可能性がある。経験豊富なリーダに関わってもらうことができる。そこで、気の合う仲間がいれば、「●●ちゃんもくるよ~」と言うことで、勉強会やイベント、セミナーなどへの誘いのハードルも下がるため、勧誘には非常に効果的なのです。

3 「一人暮らし?実家暮らし?」

よく出てくる言葉

  • 「わたしは実家を出て一人暮らししてから変わったよ」
  • 「近くに住めたら嬉しいな」
  • 「いつ一人暮らしするとか、決めているの?」
  • 「自立って大事だよね」

本音

「いつまで実家にいるの、さっさと出ようよ」

解説

組織内では、ネットやテレビ、普段関係を持つ人を制限し、情報規制ようなところもあります。一番ネックとなるのが「近親」の横やりです。また、組織によっては活動するためには「一人暮らし」がマストといった場合もあります。本来、それは個人の自由であって、家庭の事情もありますから他人がとやかく言うことは出来ないのですが、自分の成果のために人に強引に「一人暮らし」を勧めてくる場合もあります。

4 「本とか読む?」

よく出てくる言葉

  • 「私が考えるきっかけになった本があって」
  • 「時間あるなら、本屋よっていかないー?」
  • 「この本、めっちゃオススメ、●●くんの人生変わると思うよ」

本音

「お願いだからさっさと読んで!じゃないと紹介に進めないよ〜」

解説

勧誘で使われる本は、「金持ち父さん貧乏父さん」、「TOP1%だけが知っているお金の真実」「チーズはどこへ消えた」などいくつかあります。本を読ませることは、将来のことを考えるきっかけ」になります。そこで成功者の話紙を出して、「現状は自分次第で変えられるんだ」という夢を見せ、「じゃあどうしたら(how to)」を考え始めたところでビジネス・または組織内で学ぶという選択肢を提示するという手口です。

5 「モチベーションの維持にもなるからさ!近々会おうよ!一週間後とかどう?」

よく出てくる言葉

  • 「次、いつ空いてる?」
  • 「●日の夜ってあいてるー?」(ピンポイント指定)
  • 「次の予定決めちゃおっか!」

本音

「いい感じ、気持ちが冷める前にどんどんいこー!次は紹介の提案かな」

解説

組織によっては、「見込みのある人」いつどんな関わりをして次はどうするか、といったところまで内部で綿密に共有されているところもあります。一般に比べると会う頻度が週イチなど多く、「次の約束を取り付けること」がマニュアルのなかにもあるのです。「本紹介」や「人紹介」の前後では、この確率があがります。また約束が取れなかった場合は、「ご飯行こうー♪」「近々会おうー♪」と、頻繁にメールがきたり、時には既読スルーをしてもめげずに送り続けてくるひともいます。

おわりに

 

私は端から勧誘に引っかかった(ホイホイついていった)のですが、将来について考えるきっかけをもらったことには、感謝をしています。人と出会う楽しさ本を読むことの大切さ寂しい時に話しを聞いてくれたこと、励ましてもらい転職や別れいろんなことを乗り切れたこと。いろんなことを教わったなとおもいます。今こうやって記事を書いたり、好きなことを仕事にしていることも、出会わなかったら違っていたかもしれません。物凄く良い人であっても、マルチ商法特有の洗脳が、巷でいう「仰々しくて違和感」を作り出してしまうのかもしれませんね。うーん、わかりやすくて助かるっちゃ助かるのですが、なんかもったいないなーとおもい、なんとも複雑です。

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です