EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【マルチ商法に勧誘され30万失ったけど】逆に学んだ6つのこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

いまやイベントに参加をすると、あっちもこっちもネットワーカーらしきひとだらけ。これがわかるようになったのも、自分が甘い言葉に引っ掛かり痛い目をみたからでしょう。今日は「マルチで30万円失ったけど」その分学んだ6つのことをご紹介したいとおもいます。周りに心配をかけたこと、友人に迷惑をかけたことは深く反省をしていますが、それでも、騙されても、得るものはあったと、あえて「プラスの面」をあげてみたいとおもいます。

スポンサーリンク

① マルチ・ネットワークビジネスの勧誘者がわかるようになった

それに特化したセミナーを受けており、手口やどう人を洗脳していくかという一連の流れや、決まり文句を嫌という程聞いていたので、イベントにいってそれらしき人を見抜く力がつきました。なかにはもっと悪質なものもたくさんあると思うので、借金もせず、被害は30万円で済んだことは幸いだったとおもいます。

 

② むやみやたらに人を信じるのは危険、騙されず生き抜くヒントを得た

世の中には、「いいひと」も、「ひとを騙そうとする悪い人」もいて、表面的な関わりではわからない、ということも学びました。「悩み」を真摯にきいてくれる、「欲しいもの」をくれる、「真剣に自分の人生を一緒に考えてくれる」それって、長い友達でもなかなか難しいことですよね。知り合ったばかりなのに妙に親切だったり、善人面していたり。「人を疑う気持ち」も社会で生きぬくためには重要なことを知りました。これがなかったら、このさき騙されて大借金をして戻れないなんて自体にもなりかねなかったかも。

 

③ ひとまえで「話す力」がついた

スピーカーとして前に出たり、会議進行をまとめたり。元々怖気付くほうではないのですが、こういった機会をなんども経験したことで度胸がついたのでしょう。会社でも似たようなことをやっていたのもありますが、プライベートでもそういった経験をすることで、ビジネスでも役立つ力を伸ばすことができました。

 

④ 自分が本当に、何をやりたいのか考えるきっかけになった

これが一番おおきいでしょうか。組織としては、「脱サラして、経済的自由を手に入れ(るためにぼくたちといっしょにがんばっ)ていこう」という意向で、マインドコントロールをかけていたのだと思いますが、洗脳が解けてからは純粋に「自分のしたいこと」を考えられるようになりました。

 

⑤ (脱退後は)、会社に縛られず稼ぐ力がついた

マルチの活動経費を稼ぐため、フリーランスの仕事をとったり、「会社以外で」「どこでも稼げるように」と色々なところへ足を運んだり、考えて抜き必死でもがいた時期が7ヶ月ほどありました。そのおかげで、「マルチの団体」からそっくりそのまま抜けた時、「自分の力で」「会社に縛られずに」「生きて行く」力が残ったのです。

 

⑥ マルチでなくても自由な生き方は出来ると知った

荒療治ですがまさに人生のなかで「火事場の馬鹿力」を使ったのかもしれません。正社員に縛られず、時間にも場所にも縛られない生活ができるとは思っていなかったので、複雑ですが、結論この点ではかなり感謝しています。

 

まとめ

というわけで、マルチに引っかかったけど結果よかった6つのこと

  • ① マルチ・ネットワークビジネスの勧誘者がわかるようになった
  • ② むやみやたらに人を信じるのは危険だと知った
  • ③ ひとまえで、話す力がついた
  • ④ 自分が本当に、何をやりたいのか考えるきっかけになった
  • ⑤ (脱退後も)会社に縛られず稼ぐ力がついた
  • ⑥ マルチ・ネットワークビジネスでなくても自由な生き方は出来ると知った

マルチでは、「相手が前進するように(一緒に活動したくなるように)、誘導尋問のような話し方をする」ことが求められますが、馬鹿正直で、人を騙すことはしたくない(ただばかなだけ)なわたしにはその力は身につきませんでした。ただ人が何を悩み、何に傷つき、何を思うのか、は昔よりわかったような気がします。

マルチ商法・ネットワークビジネス、稼ぎ方はひとそれぞれです。ただ怖いのは「それだと知らずに」盲目になり、気づかぬうちに人を巻き込んでしまう怖さです。人間は所詮騙されやすいものだ、と思い直し、また被害にあった方は、やりきれない思いはあれど、落ち着いてきたら「なにが身についたか」に焦点を当てるとまた次へ進めるのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です