Wise man learns from History.

【マルプーが全く可愛くない】と思ったら確認したい3つのこと

2020/09/07
 
マルプー 麦の成長日記
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

マルプーは本来、トイプードルの賢さとマルチーズの愛玩犬としての気質を受け継いだ飼いやすい犬です。ただ賢い分きちんとしつけをしないとずる賢くわがままに育ってしまうこともあります。ただ破茶滅茶にいたずらを繰り返すわんちゃんであっても、主従関係がしっかりすれば解決することも多いのですね。

マルプー

この記事では、マルプーって飼いにくいな、とおもったときに確認したい5つのことをご紹介します。

(カットの失敗についてはこちらにまとめております)

スポンサーリンク

飼いにくいとおもったときに、確認したい3つのこと

① 主従関係はしっかりできているか

マルプー 麦の成長日記

仔犬はとても可愛いものです。赤ちゃんのときは悪戯しても気にならず、猫可愛がりしてしまう人も多いでしょう。しかし仔犬はあっという間に成長します。

マルプー 麦の成長日記

3ヶ月を超えて乳歯が抜けてくると、さらに色んなものをガシガシ噛みます。やんちゃな子だとおもちゃだけでなく、飼い主さんの物を壊してしまうこともあるでしょう。仔犬のうちは可愛がるだけでなく、しつけもしっかりと行い主従関係を築くことは、マルプーちゃんの暴走を防ぐことに繋がるでしょう。

 

② トイレは失敗を繰り返して覚えていくもの

マルプー 麦の成長日記

お悩みのなかには、

  • 何度教えてもトイレを失敗する
  • あちこちでおしっこをしてしまう
  • うんちを食べる

など、マルプーだけでなく犬全般のあるあるも見受けられます。ただですね、最初はわんちゃんのトイレは失敗してしかりです。ただ怒ると「排泄が悪いこと」と勘違いしてしまう可能性もあるため、したときは犬に構わずササッと片付け、トイレで成功したときは思いっきり褒めてあげる

マルプー 麦の成長日記

失敗と成功を繰り返して覚えていくのですが、「トイレはここでする」と犬が認識するまでは、失敗してしまうことも多々あります。「なんで出来ないの」ではなくて、「出来るようになるから一緒にがんばろう」というスタンスでいくと飼い主様も気持ちが楽になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

③ やんちゃざかりは、しつけのチャンス

マルプー 麦の成長日記

仔犬のイタズラはバラエティが豊かです。

  • 電源コードをカジカジしたり、
  • あっちこっちから色んな物を持ってきたり、
  • 紙をシュレッダーしたり、

また外の物音に反応して吠え続け、なきやまないこともあるかもしれません。ただ全てに原因があるので、ひとつずつ対処していけば、どんな悪戯わんちゃんとも上手に付き合えるようになるものです。

マルプー 麦の成長日記

しつけは、犬が人間社会の中でうまく暮らしていくために必要なものです。だからトイレを覚えること、吠えるのを控えさせるのはそもそも人間のエゴともいえます。しっかり教えて出来たら褒めて、を繰り返せば必ずできるようになりますから、ここも「なんでできないの」じゃなく、「一緒に頑張っていこう」というスタンスで根気強く続けることがマスターしていけたらいいですね。

スポンサーリンク

犬と暮らすために、知っておきたいこと

マルプー 麦の成長日記

はじめから対処しておけば、防げるイタズラもあります大切なものは犬の届かないところにしまって、家具などしまえない物を噛む場合はしつけスプレーをかけたり、入れないようフェンスを用いるのも手です。

また、しつけをする上で頭においておきたいのは、

  • むやみやたらと怒るより、 が嫌がる匂いや音でやめさせるほうが効果的
  • 犬もストレスがかかると問題行動を起こしやすい

ということです。

 

それ、何がいけないかわかってないだけかも

マルプー 麦の成長日記

室内犬として飼われている犬でも「狩猟本能」など犬の本能残ってますから、引っ張りっこ遊びなどで代用してストレスを解消してあげると案外大人しくなる子もいます。

マルプーは室内犬のなかでもかなり賢い部類にはいります。「言うことを聞かない」と思ったら、正しいしつけができているか、関わり方が誤っていないかを考えてあげてください。犬には飼い主さんがすべてです。もしかしたら、何がいけないかをわかっていないだけかもしれません。

スポンサーリンク

あとがきにかえて

マルプー麦

犬の性格は、品種にも由来しています。マルプーの麦を迎える10年前、ちはミニチュアダックスフンドを飼っていたのですが、

  • 新しい場所にいくと必ずおしっこ (いつもうれション)
  • 吠えはじめると延々になきやまない
  • 警戒心がつよく、他人や物音に再現なく吠えたてる

など、なかなかに破天荒なわんちゃんでありました。

ある程度しつけでなんとか出来る部分は多いのですが、大人になっても変わりませんでした。というのも、ダックスは狩猟犬の本能があるので「よく吠え、警戒するよう」改良されてきたわんちゃんだそうです。たしかに本能には逆らえないですよね、そこを理解してしつけ出来なかったのは今でも後悔しています。それでも可愛い愛犬には変わらないのですけれど。

Miniature Dachshund

その点マルプーはトイプードルの運動大好きフレンドリーな気質と、マルチーズの甘えん坊でマイペースな性格が遺伝しているので、『しつけ』はしやすいのかなとおもいます。あまりに手に負えないようでしたらブリーダーさんに相談したり、しつけ教室に通うのもありでしょう。最初のしつけは確かに大変ですが、その時期を終えればわんちゃんが静かに家をテケテケ歩く愛おしい日々が待っていますので、ぜひ一緒に乗り越えてあげてくださいね。

この記事を読んだ人へおすすめの記事

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です