Wise man learns from History.

【マルプーの成長日記③】愛犬が人間の薬を飲んでしまった

 
マルプーむぎ
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

むぎが来て6ヶ月が経った。

最初は何犬かまったくわからなかったむぎも、すっかりマルプーらしくなった。

ぽんぽこしていたお腹もへっこんで、成犬らしい体型になってきた。

しかしある日、むぎの様子が明らかにおかしい(´・ω・`;)

近寄っていくとフラフラして、よろけるよく見ると手足がガクガクえている

ヒョコヒョコ歩き、目の焦点があっていない….

よく見ると人間の薬を、錠剤入れごと噛んだ形跡があった。

やってしまった….;(´◦ω◦`):

麦が届かないように注意していたつもりが、何処かから見つけてしまったらしい。

よろけて、すべってぶつかる麦。慌てて逃げる仔犬を捕獲して、動物病院に電話する。

「飲んだのは何の薬ですか?」

「リボトリールです。人間の精神安定剤です」

「どのくらい飲みましたか」

「0.5mgくらいです、震えてます」

「吸収されちゃってますかね、6時までやっているのでつれて来てくださいね」

とのことで、キャリーケースにいれて慌てて獣医さんへ

とにかく水をたくさん飲ませながら、車を走らせる….. (´;Д;`) 内心号泣

むぎは普段車ではじっとふせをしてるのに、落ち着かないのかクルクルまわってる。

明らかにおかしい、むぎに何かあったら.. 後遺症が残ったらどうしよう

震える愛犬をみて、こっちも手が震えてくる。

2時間前までこんな元気に遊んでいたのに…. 

マルプーむぎ

どうしてきちんと見ててあげなかったのだろう。゚(・´Д`・)゚。

他のワンちゃんをみて落ち着かないのか待合室では大暴れ

手足バッタバタでおりたいおりたい、落ち着かないらしい。

ケージに入れてもガシャガシャ、安静という言葉とは程遠い….、

胸が締め付けられる思いで40分ほど待ち、診察台にあがる。

むぎの手足はまだガクガク震えていて、足は滑って立っているのも大変そう(´;д;`)ウッ…

先生、どうにかなりませんか?

どうしたらいいですか?

不安と後悔で押しつぶされそうな飼い主に対して意外と落ち着いている先生。

「うーん、この薬は犬に使われることもあるし、最大3錠までだから…」

そんなに症状はないはずなんだけど」と先生。

ちょっと歩いてみようか、と診察室の床に降りたむぎはヒョコヒョコ歩き出した

平衡感覚がおかしいけど… さっきよりわりと普通に歩いてる..(_□_;)!?

薬が切れるまで安静にするしかないね

「先生、でも歩き方変なのですが」

「うん変だねー。でも何か後遺症が残ることはないとおもうよ。安静にして、様子みてみてね」

歩き方はトボトボ妙なままだけれど、時間が経てば戻るらしい。

注射や胃洗浄まで覚悟していた飼い主は、ようやくほっとした

むぎもたしかにまだ焦点はあわないけど、震えもおさまってきているようだ。

ということで、無事帰宅。

恐怖の診療代は、再診で500円 (破格)

安静にしてといわれたので、サークルに入れるがむぎは大抵抗。

「出して出して出してーワンワンわわわーん」と発狂したようになくではないか。

まだふわふわしているのか、ご飯をたべても散らかしてしまい、しまいにはお水のなかに前足ドボン.. ( ´゚д゚`)えぇーーー

その後は暴れまくり、バランスボールをサンドバッグにボクシングまでして、

ようやく落ち着きました|ω-`*) 

震えもおさまり、正常にもどったのは6時間後( ;∀;)

薬の効力が6時間て、本当なのね。

夜にはすっかり元気になったむぎさんは、イタズラをしまくり疲れ果てこの状態( ˘ω˘ ) スヤァ…

肝が冷えましたが、何もなくてほんとによかった( ;∀;)!

仔犬はとくになんでも口にいれたがるので、よくよく見ていないと危ないのだと反省しました。

むぎはすっかり忘れて、いろんなものをカジカジして家中を散らかしています。

(後ろにあるのは全て麦がもってきたもの)

仔犬の誤飲はよくあり、幼いうちはとくに気をつける必要があるとのことでした。

最近油断していたからな… なにもなくてほんとうによかった( ;∀;)

その後我が家では、危ないものは全て肉球の届かないところに置かれたのでした。

むぎはもう少しで8ヶ月。ヒヤっとすることはありますが、すくすく健康に育っているみたいです。

 

関連記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です