EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【マルプー成長日記①】うちに可愛すぎるワンちゃんがやってきた

2020/05/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

我が家にあたらしい家族がやってきました、『ルプーの麦ちゃん』です。

マルプー (麦)

まだ1.58キロしかないベビーちゃんです。このブログでは、成長日記としてマルプー麦ちゃんのしつけに育て方などを記していきます飼いたい、実際どうなのか、気になっている方へ、何か参考になることがあれば幸いでございます。

スポンサーリンク

家にマルプーの麦ちゃんがやってきた

プードルと、マルチーズのハーフ犬

10年前に亡くなったワンちゃんはミニチュアダックスフンドだったのですが、今回はどんな運命の出会いがあるかワクワクしながらお出かけ…

すると..なにやらものすごーく可愛いワンコに遭遇してしまったのです。

マルプー (麦)

ふわふわ、いったい何犬なのか、聞いてみたらこの子はパパがトイプードルママがマルチーズのハーフ犬なのだそうです。父犬と母犬の名前をまぜて、『マルプー』と呼ばれているそう。わたしはハーフ犬の存在を知らなかったのですが、この可愛さに一目惚れしまして、家族としてお迎えすることを即決しました。

 

とってもおとなしいマルプー

マルプー (麦)

お店にいたときも吠えるより身体で喜びを表現するタイプの子で、ぬいぐるみのような可愛さとちょこんとする姿にやられてしまったのですが、これがまた….びっくりするほどおとなしいんです。それにお風呂からあがると、座って尻尾をフリフリして待っている忠犬ぶり…..

マルプー (麦)

もう「ワン」となくこともできるのですが、他人が通り過ぎても家族がかえってきても、吠えたくることもありませんこうして立ってケージをカシャカシャしたりはしますが相手にしてもらえないとわかるとケージのなかでひとりで遊びはじめるのです。(賢い…)

スポンサーリンク

なんて賢いんだ、マルプー

トイレトレーニングも、難なくクリア

マルプー (麦)

生後3ヶ月 (生まれて4ヶ月目) でうちにやってきた麦ちゃんですが、

  • トイレトレーニングは、ほぼ1日で終わり (トイレでしたのを2度褒めたら覚えた…)
  • 夜リビングに誰もいなくても、朝おりてくるとちゃんとトイレで用を足しており
  • ソファで遊ぶときもハウスに戻したときにトイレ
  • きて3日目で「ふせ」を覚えるという優等生ぶり

マルプー (麦)

いっぱい動き回ってお水もたくさん飲むので、物理的に我慢しきれないときは失敗することもあるのですが基本的にはほぼ完璧。なにかをして褒めてもらえるとそれがいいと覚えるらしく、学習能力がとてつもなく早い….  (まだ生後3ヶ月なのに…)

 

いつからケージの外で過ごせるのか

マルプー (麦)

子犬を飼ったとき、最初にやるのは、

  • 自分の安心できるお家 (ケージ) を覚えさせてあげることと、
  • トイレトレーニング (決まった場所で用を足す訓練) だといわれており、

麦ちゃんはいまハウス内での過ごし方をお勉強中のため、トイレを終えたあとにときたまソファに出してあげるくらいでもう少し時間がかかりそうです。

マルプー (麦)

あとまだ噛み癖 (遊んで欲しいための甘噛みと、歯が痒いためのガシガシ) があるので、それを治しつつ、といったところでしょうかね… 普通子犬同士でじゃれあって噛まれて、「こうされると痛い」と学んでいくそうですが、我が家にはいま麦ちゃんだけなので、ちょいと間違えるとこちらが傷だらけになりそうです… 愛情はたくさん、でもダメなことは「ダメ」と覚えていこう麦ちゃん。

スポンサーリンク

あとがきにかえて (他の犬種と比べると)

マルプー (麦)

10年前に亡くなったミニチュアダックスちゃんはなかなか破天荒な子でした。というのも、ダックスフンドはそもそも狩猟犬であるので、

  • 吠える子が多く
  • 穴掘りもだいすきで (ゴミ箱を掘っていたことも…)
  • とんでもないスピードで家中をスタタターと駆け回る (そしてすっ転ぶ)

という、なかなか野生的でおてんばな子だったのです。

そこも可愛いポイントだったのですがダックスは飼いやすさ的には上級者向けでした。あとダックスはとにかく毛がとにかく抜けるのでお掃除もなかなか大変だった覚えがあります。

マルプー (麦)

トイプードルと、マルチーズはどちらもシングルコートなので、毛はほとんど抜けないのです。ただ放っておくと伸びっぱなしでモフモフになるので定期的なトリミングが必要になるのですね。

といってもどっちも可愛いことには変わりなく。もちろんその子がもった性格というのもあるのですが、種によってこうも飼い方関わり方がかわってくるのですね。気質も見た目も成犬になるまで予想しずらい、といわれるマルプーですが、麦ちゃんがどちらに似ていくのかとても楽しみであります。(どっちでも可愛いのですくすく育って欲しいかな)

スポンサーリンク

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です