EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

メンヘラを治す3つのステップ|健康な心で元気に生活

2019/03/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

はじめまして、Naa(@GogakuKimamani)です。

一般的にメンヘラというと、「病んでいる」といった言葉でまとめられやすいのですが、これは「ただストレスの対処法が下手なだけ」で、正しくストレスを理解し対処する技を身につければ簡単に治る場合もあるのです。

こちらの記事では、「メンヘラ」の治し方を3つのステップに分けて解説していきます。

スポンサーリンク

 

ステップ1 ストレスについて知ろう

ストレス自体は必ずしも悪いものではありません。避けたいのは、それを無視すること、悪化させてしまうことです。ストレスが与える影響を知って、ストレスが大きくなる前に、心身の変化や、ストレス反応を見過ごさないようにしましょう。

ストレス反応一覧、こんな反応が出たら注意!

ストレス反応は、下記のような症状を言います。

  • 食欲がなくなる
  • 疲れやすい、倦怠感が続く
  • 集中力が続かない
  • 肩こり、頭痛
  • 動機、息切れ、過呼吸
  • 不眠、朝起きられない
  • 便秘、下痢
  • 緊張、不安、恐怖
  • やる気が出ない、楽しくない
  • 落ち込むことが増える

ストレスが大きくなる前に、心身の変化や、ストレス反応を見過ごさないようにしましょう。

 

「メンヘラ」はいわゆるこのストレスが、行動に現れる事象

  • 食べ過ぎ、食べなすぎ
  • タバコ、酒
  • ギャンブル
  • 自傷行為
  • 浪費
  • 特定の人、物への依存が強まる

これは一般の人にもよく見られる症状ですが、1ヶ月以上続く場合は注意する必要があります。

これが巷では、メンヘラと呼ばれる行動なのですが、言い換えれば、これはただ、ストレス反応が心身だけでなく、行動に現れているだけともとれるのです。それを放置し周りに甘え続けるのは怠慢ですが、うまくストレス対処法を学べば、治る可能性も十分にあるのです。

 

ステップ2 ストレスに適切な対処をしよう

 

メンヘラを治すステップ2は、ストレスへの対処法を知ることです。ストレス反応が出た時、または出る前でも、ストレスが悪化する前に適切なセルフケアを行うことができると、心の健康が大きく違ってくるのです。

対処法1 身体を休める

仕事の区切りに簡単にストレッチ、よく眠ること、リラックスする時間をつくること。物理的に身体を休めることで、興奮している神経が休まり心が落ち着いてくるでしょう。

 

対象法2 気晴らし、逃避をする

一時的に嫌なことを忘れることも効果があります。嫌なことの連続ではなく、スポーツ、読書、旅行など好きなことを間に少しずつ挟むことで、少しでも心を抑圧から解放してあげることが大切です。

 

対処法3 ストレス要因を解決する

原因が人間関係や、職場の場合は、ストレスそのものを解決する、という手もあります。何がストレスになっているのかを棚卸しして、必要な対処を行う。転職をする、人間関係を断捨離する、人は変えられませんが、自分の環境は自分で変えられるものです。

 

対処法4 周囲に相談する(援助を受ける)

一人で抱え込まず、周りに相談するのも大切です。自分の状況や思いを聞いてもらうだけで、人はスッキリする生き物です。それに、溜め込んで爆発するよりは、こまめに話して解決していったほうが、お互いにとって有益な関係が築けるのかもしれません。

 

対処法5 考え方、受け止め方を変える

仕事で失敗をしたときに、「自分はだめだ」と思うか、「いい経験をした」と思うかで、ストレス反応には大きな差が出ます。ストレスを溜めない考え方を身につけることで、ストレスに強い心(考え方)を育てていくというのも手です。

 

ステップ3 メンタルヘルスケアを継続しよう

メンヘラを治す方法、

  • 自分のストレス反応を見過ごさない
  • ストレス反応に正しく対処する

をお伝えしましたが、一番大切なのは、”継続して続けること”です。

1日「ストレス対処法」を実践したからといって、一晩寝たら元どおり、というのはよくあること。メンタルの問題は、簡単に成果が出たり、改善されるものではないので、粘り強く続け習慣していくことが何より大切なのです。

 

まとめ

 

今日はメンヘラを治す3ステップ

  • 1 ストレスとは何かを理解する
  • 2 自分のストレス反応を理解し、適切に対処する
  • 3 3日坊主にならず、粘り強く続けて習慣化する

をお伝えしました。考え方を変えていく、については【働き方】仕事で大きなミスをした!心が楽になる考え方3つこちらの記事も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です