EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

外国を超えて極地(大陸)のお仕事を。

2019/03/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

まさかの症状悪化と、ストレスで、

実家にお世話に(都内なので2時間滞在)

メンタルが極限まで落ちた

何となく、理由はわかっていて、

  • 国際イベントを、急速に拡張して仕組み化した(いまも進行中)こと
  • それにより会社を休む頻度が増えて、金銭面を圧迫したこと
  • 変えられないものを変えようとしたこと

あんまりちょっとのことでは、

動揺せず、本番もめっちゃ強いのだけど、

この7日はなかなかにきつくて、

何がきついって習慣を、

無理やり矯正したことで、

ひとことで言うと、

ちびなのにめっちゃ背伸びした。

何かを変えるときには、

絶対に反動があるのは絶対で、

うまくいかないときは障害ばっかりで、

なんか違う、なにが違う、って

毎日頭が沸騰するほど考えて、

恥かいて、頭下げて、

いろんな人にお世話になって、

心の中で葛藤して、でも進むって

決めて、どうしたら、どうやったらって、

もう毎日そればっかり。

結局拡張と仕組み化をとって、

物理的に勤務時間が決められている

会社の優先度を下げて、

(クオリティは変わらず)

かわりにフリーのお仕事を、

優先的にとっていくことにした。

色々やっていくなかで、

それでもそれってそんなに甘くなくて、

こんなもんかなーと思っていたら、

本当に面白い、良いご縁で、

凄く興味のあるフリーの翻訳案件を、

志高い、素敵な社長からいただいた。

極地のため情報が少なく、

英語文献を引っ張ってきて、訳す、

北と南に位置する、原始の世界、

わたし昔からずっと、

大人になったら外国とお仕事ー

っておもっていたけど、

さすがに、何10カ国と取引したあと、

大陸に辿りつくことができることは、

想定していなかった。

日本未着の情報を、

自分の翻訳で日本に落とせるって、

面白いですね。

不思議だけど、すごく、

生きているなーという感じがします。

情報も、使い方次第で、

誰かの夢の一部になるんですねー、

それを意識して訳を取っています。

言葉っておもしろい、

概念を、ものを、どう表現するか、

たぶん感性が鋭くなるっていうのは、

バイリンガルに共通する特徴として、

あげられていたので、

後天的に身につくものなのかも。

 

  • バイリンガルは言語への洞察力が鋭くなり、鋭い感性を持つようになる。子どもは外国語を学ぶことによって、言語がどのように機能しているかを深く理解し、多言語を巧みに操作することによって思考力と問題解決能力の発達を助ける(言語学者Cummins 1981)

 

  • バイリンガルは言葉と“それが意味すること”を、きちんと分けて考えられるようになる(イスラエルの哲学者Ben Zeev 1977; 言語学者Bialystok 1986

 

  •  意味を周りの人とは違う要領でカテゴライズする。例えば、英語では信号をグリーンと表現するが、日本語ではブルーで表すように、色の認識も言語によって異なる。(Athanasopoulos 2001)

外国語を習得してバイリンガルになるメリットより引用

https://www.madameriri.com/2015/10/24/the-benefits-of-multilingualism/

ーーー

全部「たしかにー」ってなる。

それと同時に、「わたしだけじゃない」

ってある意味、安心もする、

わからないことが一番こわくって、

成り立ちや背景を知るだけで、

全く気にならなくなることって、

結構ある気がする。

あがいてもよくって、

泣いてもよくって、

みっともなくてもよくって、

不完全でよくって、

失敗だって全然ありで、

大切なのは、それをどう受け止めて、

どう生かすのか、なのかなと。

何かに夢中になっているひとは、

魅力的ですね、輝いている、

目の前の小さいことなんて気にしない、

ただただ先を見て、

そこにたどり着くためには、

どうしたら、どうしたらって。

3年後の自分がいまをみたら、

きっと「いいよいいよ、そのまま進めー」

って言うのだろうなーと。

結果が出る日はわからないけど、

とりあえず、いまは、

ただただ嬉しくって、たのしくって、

やりたいことが、チャンスが、

目の前にあるのに、

力がなくて出来なかった、

そんな時期が長かったからこそ、

いまいろんな仕事をできることが、

とってもとっても嬉しいのだとおもいます。

入りが厳しいほど、時間をかけるほど、

手に入れた時の嬉しさは、

持続するらしいです。

やりたいことを仕事にして、

それで生計をたてながら、

やりたいことにまた挑戦できるって、

とても、ありがたいことだとおもいます。

頑張ってきてよかったなーと思うし、

3年後のわたしもきっとまた、

頑張ってきてよかったなーって、

次のなにかにむかって、

また頑張っているのだと思います。

最近は、この選択肢を、

次の世代に渡す準備をしています。

可能性を、チャンスを、多くの人へ

まだまだやりたいことがたくさんです。

この記事を読んだ人へオススメの記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です