EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【保存版】ネイティブの語彙数は30,000語ってホント?

2019/10/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

はじめまして、通訳・翻訳のNaa(@GogakuKimamani)です。単語って、覚えても、覚えても、新しい物が出てきて終わりがみえないですよね。なんでこんなにあるんだ、というかネイティブはどのくらい語彙数があるのか。ということで、アメリカのサイトを探って調べてきました年齢別に徹底解析、TOEICや英検など、身近な資格の単語数と比較しながらご紹介していきます。

スポンサーリンク

年齢別比較!ネイティブの持つ語彙数とは

アメリカとブラジルの研究機関(TestYourVocab,com)は、成人した英語ネイティブが持つ語彙数は、20,000-35,000という調査結果を発表しています。同機関が200万件以上の調査を元に算出した、年齢別のネイティブの語彙数がこちらです。

  • 3歳  :3,000語
  • 10歳:10,000語
  • 17歳:20,000語
  • 24歳:20,000語
  • 31歳:28,000語
  • 38歳:29,000語
  • 45歳~ 66歳:31,000語
  • 73歳:30,000語

(データ参考元:TestYourVocab,com:Test your culture)

ちなみに、

  • 3歳児が持つ3,000語は、英検準2級 (TOEIC500)レベル
  • 8歳児が持つ5,000語は、英検2級 (TOEIC600)レベル

TOEIC900/英検1級が10,000語以上とされており、ここまで達してもネイティブに換算すると10歳児レベルなのですね。(参考記事:自分のレベルが5分で分かる【Weblioの語彙力診断テスト】)

どこからが『バイリンガル』と定義されるのかは曖昧ですが、もし『ネイティブとほぼ同じ程度で話せる』と定義されるのであれば、20,000-30,000語を覚えればバイリンガルになれるのかもしれません。ちなみに、成人の日本語ネイティブの語彙数は50,000以上と言われています。

スポンサーリンク

ビジネスで使う英単語数はどのくらい?

英検1級レベルの単語を制覇しても、ネイティブの10歳児と同じレベル…となると途方もない気がしてきますが、安心する調査結果も出ています台湾の義守大學 I-Shou Universityの研究によりますと、各ビジネスで使われる英単語数は、約3,500語~11,000語とのこと。

ちなみに語彙数が一番少ないのは、3,500語~8,000語で生産・作業分野。逆に語彙数が多いのは 5,000語~11,000語で経営情報システムと経営方針・戦略分野でした。海外で生活しているノンネイティブの語彙数は平均10,000語という結果が出ていますので、この数字が1つの分岐点になりそうですね。

 

10,000語ってどんなレベル?何ができるの?

身近な資格でいうと、10,000語は、TOEIC900/英検準1級/英検1級に相当します。感覚値でいうと、「10,000語」は英字新聞や雑誌を、不自由なく読めるイメージです。このレベルに達すると、社会・経済・政治などの分野で使われる専門用語、学術語が理解できるようになり、幅広い分野に触れられるようになります。もっと簡単にいってしまえば、難易度の高い会話ができるようになるということです。(参考記事:【英語の勉強が続かない人へ】誰でも出きて必ず上達する方法)

スポンサーリンク

語彙力アップのコツとポイント

またTestYourVocab,comの調査によると、語彙力は、

  • とにかくその言語を使う(していない人と比べ2倍の伸び率)
  • 海外に住む(1年で約10,000語、10年で23,000語に達するといわれている)
  • 多読する(沢山読む人は語彙が多い)

ことで、大きく差がつくそう「1日ひとつ覚えたとして、1年積み重ねれば365個…」ですから、地道な努力がキーになりそうですね。(参考記事:【英単語の覚え方とコツ】語彙力をあげる12の方法)

スポンサーリンク

まとめ

それでは、まとめです。

  • 成人の英語ネイティブの語彙数は、20,000-30,000
  • ビジネスでは、約5,000-11,000の語彙が必要
  • 語彙力をあげるには「新しいことに挑戦・海外に住む・量を読むこと」が大切

TOEIC(英語)を制するものは単語を制する、と言われていますので、地道に単語力を伸ばしていくことが、英語力のアップに繋がることは間違いなさそうです。自分のいまのレベルを知ると、何をしたらいいかが見えてきますね。ぜひ、ネイティブに近づく気持ちで単語に取り組んでみてはいかがでしょうか!

この記事を読んだ人へオススメの記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です