EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【日本社会はおかしい?】異常な息苦しさ、生きづらさの理由とは

2019/06/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

 

はじめまして、翻訳、ライターのNaaです。以前、日本社会はなぜ息苦しく感じるのか、海外と比較して書いたことがありました。思わぬ反響があったので、今日は続編「日本社会にストレスを感じる理由」と「適応できないと思った時の対処法」をご紹介します。

ちなみに海外にはまた別の葛藤がありますこちらの記事参照)ので、「海外万歳」という記事ではありません。

スポンサーリンク

日本人特有の「一緒じゃないといけない」という価値観

今でこそ心から自分を解放して笑えるようになったのですが、大学生まではなかなかに辛い日々を過ごしてきました。具体的には、

  • 皆一緒がいい、という価値観に違和感をおぼえる
  • こう思わないなんておかしい、という同調圧力がひどい
  • 変わった考えを持つひとを、おかしいと批難する
  • 「常識でしょ」「人としてどうかと思う」という言葉が飛び交う

これは中学生、高校生の間でとくに顕著に見られます、そして一部の先生にも社会ではそんなことはないはず、と思っていたら、日本人だけの会社では全く同じ状態でして、その会社は2年でエスケープしました。

 

レールを外れた人は、腫れ物状態

最近は徐々に変わってきましたが、「学校を出て、会社に(正社員で)就職して」という王道コースはいまも健在で、それを外れると「あの子はどうしちゃったのかしら」と陰口を叩かれる始末頑張っていい会社にはいっても、「出る杭は叩かれる」という言葉通り、「あいつは調子に乗っている」と御局様から叩かれて、行き着く先はにこにこして、「本当にその通りですね」と相手の意見に反論せず、残業にも文句を言わない「(都合の)良い子」がよしとされる世界

スポンサーリンク

なぜこんな社会になったのか

いい子がよしとされる社会に拍車をかけた、アメリカ軍の策略

70年前日本が敗戦したあと、「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」がGHQによって実行されたのはご存知でしょうか。これは日本占領政策の一環として行われた「二度と戦争を起こすことがないよう、日本人の尊厳を根こそぎ奪い取ろう」と実行されたものです。「勤勉で、いうことを聞き、よく働くサラリーマン」を量産するための策だったのかもしれません。この計画はじわじわと日本人の心を蝕み、「自分の存在に価値を感じる」と感じるひとはわずか45.8%までに減りました。ちなみに韓国では71.5%、アメリカは86%、その他イギリス、ドイツ、フランスも80%を超えています。(出典:内閣府)

 

自己肯定感が低いために起きるこんな現象

  • 自分を見つめることなく、歪みの矛先が人へ向く
  • 自分に価値がないと思うので、すぐに諦め、落ち込み、鬱になる
  • 自己評価が低いため、周りのひとへも同様「価値のないひと」に仕立てようとする

先日川崎で胸の痛い事件が起きました。「誰でもいいから殺したい」こういった無気力からくる無差別殺人も、「なににもなれない自分が大きなことをしたい」という欲望の裏返し。事件の裏にはもしかしたら、根底に「自己評価の低さ」があるのかもしれません。

 

相手を傷つけることで、自分が優位に立とうとする幼稚な精神

つまり日本人のこじらせた「同調圧力」や「歪み」は極端な自己評価の低さが根本にあるのです。なぜひとを傷つけるのか、責めるのか、意見が合わないとハブにするのか(自分の正当性を主張するのか)、自分に自信がないからこそ、他人を貶める、操作して自分の居場所を作ろうと必死なのです。自分が「ない」から、相手にも「もたせたくない」のです。

 

その結果として起こるのが、いじめ、パワハラ、非情な無差別殺人

食べ物があり、衣食住が充実している現代では、「生きている」ことだけでは満足できなくなってしまった。そのため、「誰かに必要とされること」「自分が役に立っている」という思い「生きている実感」を感じるための手段になりつつあります。そのなかでひとに助けられ、感謝がうまれ、時に自分が助け、そういう風に世界はまわっているのですが、そういったサイクルがなかなかできにくい世の中になっています。

アメリカのせいと言いたいわけでもなく、もともと日本も士農工商など身分制度を強いて、村八分にならないために「同調圧力」に組み敷かれてきた歴史があるのだとおもいます。自己肯定感が低くなったのはたしかですが、それは元々あった「同調圧力」や「歪み」に拍車をかけたにすぎないのかも

スポンサーリンク

苦しい場合の対処法、どう生きていくべきか

➀自分らしくいられる場所を探す

職業柄もありますが、私は語学ができるようになってから、人生が本当に楽しくなりました。いままで、「これを言ったらこう言われる」「ああ、また影で言われる」といった見えない抑圧がない世界があることを知ったからです。

具体的には仕事、プライベートは、同民族だけで過ごすことはなく、日本にいながらも国際色豊かなメンツと時を過ごすようになりました。「違うのが当たり前」のベースで繰り広げられる会話は、「違い」が面白いに変わり「知らないこと」が新しいトピックに変わり、思い出話しをするとか、愚痴をいうとかではなく、「いま、この瞬間」を楽しむことができる場所にであえたのです。(もちろん日本人でもそういうひとはいますよ)

理屈で説明するなら、いままで友達の範囲が1カ国だけだったのが、何十国単位に広がるのです。母数が増えると、あうひとだって増えてくる。わたしが語学を学び続け、勧めるのはそのためです。

 

➁ひとは違って当たり前、無理にわかろうとしない

ひとがなにを感じて、どう思うのか、つくづく難しいなとおもいます。でもだからこそ、そこに「配慮」や「伝える気遣い」が生まれるのです。それが積み重なって信頼にかわっていきます。

誰かにたいして「なんであんなことするの?」と思うことがあっても、それは「自分はこう思うのに、あのひとはしてくれないのね」という感情の裏返し。考えれば考えるほど、負のサイクルにはいっていきます。直感は案外あたるもので、「このひとといると自分が乱れるな」と思ったら程よく距離をおいてつきあわない、というのも大事なことです。

 

③祖父母、父母、家族に感謝をする

一見関係ないように見えますが、大事なことです。2018年日本の戦争の真実を歩いて調べていらっしゃる池間哲郎さんの講演を聞いてきました。それがすべてとは思いませんが、1900年時代「日本を残すために」必死にたたかったひとたちがいたことは事実です。わたしの祖父の兄も戦死しており、祖父はまだ9歳だったためギリギリ戦地にいかず生き残り、私が生まれました。それを思うとき、ここにいることは決して当たり前じゃないなと思うのです。これを忘れて、コンビニに寄って、「いいことないかな~」と呟くより、ずっと心があたたかくなるはずです。

 

まとめ

というわけで、この記事では、

  • 日本人によくある価値観
  • なぜ同調圧力がうまれるのか

そして、解決法として、

  • 自分らしくいられる場所を探す
  • ひとは違って当たり前、無理にわかろうとしない
  • 祖父母、父母など家族に感謝する

をご紹介しました。大切なのは、「自分が機嫌よくいれる状態を維持」すること。周りにあわせても、そのひとといつまでいるかはわからないですし、疲弊するものに時間を使うのは命のムダ遣いともいえるもの。

ただし常識というものは、「お互いが気持ちよく過ごすために存在するもの」ですから、それを丸無視して「わたしはこうだから」というのはただの我が儘です。周りも見つつ、日本人の配慮が優しい形が広がっていくことを祈るばかりです。

関連記事

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です