家系図でみる王室物語

【家系図でみるシャルル10世と長男ルイ・アントワーヌ】 激動の時代を生きた皇太子

1830年に退位したシャルル10世の息子であり、フランスの皇太子 ルイ・アントワーヌ (アングレーム公)。処刑されたルイ16世とマリー・アントワネット間にうまれ、フランス革命を生き残った唯一の子マリー・テレーズと結婚し、一時は過激な王党派と...
その他

本当にあった【見事的中したノストラダムスの大予言まとめ】

1999年7の月に人類が滅亡すると予言したノストラダムス。実際に世界は存続しているわけですが、ノストラダムスほど頻繁に引用される詩人はなかなかいないでしょう。ナポレオンの悲劇やヒトラーの台頭、世界貿易センタービルの倒壊のような重大事件が起き...
歴史に名を残した女性たち

【ケネディ大統領の妻】ジャッキーと愛されたファーストレディ

ジョン・F・ケネディの妻、ジャクリーン。大統領暗殺事件では撃たれた夫を拾い集めようとしたシーンが印象的な彼女ですが、元々元来の愛嬌と洗練されたファッションで世界中から注目を浴びたファーストレディでもありました。この記事では、ジャッキーの名前...
スポンサーリンク
洗脳・マインドコントロール

マルチ商法の勧誘に隠されたネットワーカーの本音と建前

前回の記事では、【ネットワークビジネス】勧誘目的の女性に見られる特徴8つをご紹介しました。この記事ではマルチ商法、ネットワークビジネスの勧誘でよく出てくる言葉、甘い言葉の裏に潜む本音を明るみにしていきます。 勧誘の怖いところはいつの間...
その他

【星の子 原作の感想と考察】新興宗教にハマった善良な両親と娘の物語

芦田愛菜ちゃんがヒロインをつとめている映画『星の子』が2020年10月に公開された。新興宗教にハマっている親の元で育った娘が中学生になりその事実に気付いた時、『親への愛情』と『周りとの温度差』の狭間で揺れる彼女はどう折り合いをつけていくのか...
その他

【マルチ商法の恐怖】なぜセミナーにいくと洗脳にかかるのか

セミナーでマインドコントロールがかかるカラクリを解説。実際マルチ商法のセミナーにおいて、何が行われ、それがどうマインドコントロールを引き起こすのか分析していきます。 スポンサーリンク (adsbygoogle = wind...
その他

映画では語られなかった、タイタニックの悲しく皮肉な逸話5つ

1912年4月14日深夜、北大西洋上で氷山に接触、翌日未明にかけて沈没したタイタニック。亡くなった人は1500人をこえ、戦時中に沈没した船舶を除くと20世紀最大の海難事故です。そして映画タイタニックを経て、日本でも多くの人がその名を知ること...
その他

『 ロザリオを持つ老女の肖像画』にこめられた悲しい物語

ロンドン・ナショナルギャラリー展に所蔵されている、ポール・セザンヌの『ロザリオを持つ老女の肖像画』。険しい顔でうつむいた拳を握りしめた老婆からは、怒りなのか悲しみなのか、抱えきれない感情が溢れ出している。今日はこの絵画に込められた意味と魅力...
惨散たる歴史

歴史上最も恐ろしい人物のひとり【支配者チンギスカンとモンゴル帝国】

こんな狂気めいた名言を残したのは、モンゴル帝国の初代皇帝チンギスカンです。チンギスカン (1162~1227年)は、征服した敵の妻や娘の多くを娶ったことで知られており、2003年の研究では、世界の人口の200人に1人、約3800万人が彼の子...
その他

天才かナルシスルトか| なぜレンブラントは多くの自画像を描いたのか

オランダには比類すべき画家がいないとさえいわれたバロック期を代表する画家、レンブラント。彼は亡くなる最期まで「自分の肖像画」を描いていたといいます。この記事ではレンブラントが生涯にわたり自画像をかき続けた理由を探っていきたいとおもいます。 ...
タイトルとURLをコピーしました