EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【パニック障害患者への接し方】気をつけたいこと5つ

2019/10/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

記事をご覧いただき、本当にありがとうございます。うつ病の人に「頑張れ」と言ってはいけないのと同じように、「パニック障害」にも「しないでほしいこと」がありますそしてそれはときに、救急車を呼ぶか否かを決めるほど大きなものです。今日はパニック障害の人への接し方について、知っておいていただきたいことを記載しました。

自身パニック障害を発症して1年半がたちました。発作はほぼ無くなりましたが、いまだに薬物治療は続けており、途中で抑うつを併発し、心療内科には2週間に1回通う日々職場でも、恋人でも、大切なご友人でも、苦しんでいる人がいたら、ちょっとだけ知っておいていただけると嬉しいです。ときには、薬よりも人の言葉が効くものですから。

スポンサーリンク

① パニック障害の人は、できるだけ開放的な空間に

食事会や乗り物で「奥をどうぞ」、とお気遣いいただくことがあるのですが、パニック障害はくてすぐ逃げられない場所にはいると不安は倍増することがあるのです。(参考記事:【パニック障害】苦手なモノ5つなのでどうか、本人がのぞむところにいさせてあげてください。

過度な身体的・心理的ストレスが症状の原因なので、困っていても雰囲気を気にして言えないこともあります。知っている方がさりげなく気遣ってあげることで、とても助かることがあります。

 

② 大きな声は恐怖、優しい物言いで

パニック障害を患うと、周りの音、横柄な態度がやたらと怖くなります。カフェで隣のひとが大きな声で悪口をいっているだけでも、敏感に反応してしまうのです。手が震えてきて、動けなくなって、目の前が徐々に真っ暗になって、発狂するんじゃないかという謎の不安でいっぱいになる。大きな声で話しかけられると「怖い」という気持ちでいっぱいになってしまうのです。(参考記事: 【人が怖い】を克服するために|知っておきたいこと4つ)

上司や、会社など避けられない場合は我慢をしても、じつは苦しんでいる場合も多いです汚い言葉や、威圧感のある物いはできるだけ避けて、優しい声と音量で話しかけてあげてください。

スポンサーリンク

③「ごめん、放っておいて」というときは、ひとりにしてほしい

パニック発作は、長くても30分ほどでおさまる、と言われています。

過呼吸にさえならなければ、死ぬかと思うほど辛くても、死ぬことはないそうです。だからこそ、いちばん怖いのは、”自分でもどうなるかわからない、発狂しそうな状況を見られることなんですね。いくら辛くても、醜態をさらすならば、トイレにひとりこもっていたほうがまだマシなのです。

「大丈夫?」と聞かれても、喋れなかったり、気を使う余裕がないこともあります。海や川など危険がともなう場所でない限り、放っておいてあげたほうが、実は本人にとってはありがたかったりもするものです。

スポンサーリンク

④ 周囲にはできるだけ、静かに、冷静にしていてほしい

心配なのは、周囲がテンパって、「なになに、どうしよう」と騒ぎ出すことです。

それが怖いために、タクシーで渋滞に巻きこまれても、会議中不安に襲われても、どこかつねってでも痛みでつらさをごまかしながら我慢する。自分でさえどうなるのかわからないのに、周りが騒ぎ出すと不安が増すのです。死にはしないので、どうか冷静に、落ち着いて対処してあげてください。(参考記事:【パニック障害ブログ】電車が怖いときの対処法3つ|不安、動悸に)

 

⑤ 一番いいのは「大丈夫だよ」と、そっと隣にいてあげること

「大丈夫?大丈夫?どうしたの?」と聞くのではなく、「何にも怖いことはないから大丈夫だよ」といってあげてください。しい関係であれば「横にいるから大丈夫だよ」と、背中を撫でてあげたり、手を握ってあげてください。異性だったり、上司部下の関係であれば、「気にしなくていいから、なにかあったらいってね」と落ち着いた声でそっと話しかけるのが効果的です。

過呼吸を併発したときに、救急車のおじさんが横で話していると呼吸が整うから、ゆっくりでいいからお話しを続けよう」言ってくれたのですが、これは気も紛れすごく楽になりました。(参考記事:【パニック障害ブログ】過呼吸で救急車搬送された話し)

スポンサーリンク

まとめ

パニック障害の人への接し方、お願いしたいこと、やめてほしいこと5つを記載させていただきました。

  • パニック障害の人は、できるだけ開放的な空間に
  • 大きな声は恐怖、優しい物言いで接してあげる
  • 「ごめん、ひとりにして」というときは、放っておいてほしいとき
  • 周りが騒ぐと余計にひどくなる
  • 一番いいのは「大丈夫だよ」と背中を撫でてあげること

生真面目なひとほどなりやすいといわれるパニック障害ですが、この恐怖は経験しないと、わかりづらく、また隠したくなるのが本音です。最後のお願いとしては、「傷もの扱いをしない」でほしい、というところでしょうか。実際に症状があるのになにを、と思われるかもしれませんが、本人としては「普通に、冷静にしていてくれる」のが一番ありがたいのです(いつか恩返ししますので、今はどうか、ご容赦を…)

まずこういった記事を検索してくれること自体で、周りの方は救われているなあ、ありがたいなあ、と本当におもいます。わたしも治ったら、いろんな人の気持ちをわかれるひとになりたいなとおもいます。最後まで読んでくださってありがとうございました。

関連記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

Comment

  1. m.s より:

    私の、大学生の時に出会った、大好きな女性の友人がパニック障害の子で、最初聞いたときは驚きました だってその子大学生のときはそんな様子を見せていなかったので、私も学習障害と言う障害を持っている人なので、障害がある子には私とは同じ障害じゃなくても、優しく接して挙げようと、思っていました。 その子とは、大学を、卒業後の今でも、一緒に遊んだり好きな人たちのライブに行ったりするなかです だから、その子とは、何があっても私が一生、一緒にいてあげられる友達と、思ってほしいと思っています。

    • Naa より:

      m.sさん、コメントありがとうございます。
      お友達はとてもとても、幸せですね。

      優しいエピソードにわたしも癒されました(^^*
      ありがとうございます(^^*

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です