EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【傷病手当金とは】休職中でも給与がもらえるって知っていますか

2019/10/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

病気や怪我ではたらけなくなったとき、給与がでないのは困りますよね。しかしですね、そのために、「(病気や怪我のためにはたらけないひとの) 生活を守るために、給与の2/3を支給しますよ」という健康保険組合の救済措置があるのです。

もしパワハラなどでうつ病など精神病を患ってしまった場合、労災申請は通りにくいのですが、この救済措置『傷病手当金』は条件に当てはまり、きちんと書類を揃えれば、かなりの確率で貰えるものです。今日はこの制度と申請方法について、詳しく解説していきたいとおもいます。

スポンサーリンク

① 傷病手当金とは

健康保険にはいっているひとが、病気やけがで仕事を休むことになり、給料がもらえなくなった場合、その人と家族の生活を守るために、1日あたり給与の2/3相当額を支給しますという制度です。ちなみに支給には下記のような条件がついていますが、すべてをクリアすればもらうことができます

※下記の4つの条件すべてを満たすことが必須

  • 病気・けがのための療養中(自宅療養でもよい)
  • 病気やけがの療養のために今まで行っていた仕事につけない
  • 続けて3日以上休んでいる
  • 給料等をもらえない

※東京ニットファッション協会の場合 2018年7月時点

  • 業務上、通勤途中などの事故が原因の場合は、労災保険の適用となります
  • 退職後にも申請することができ、最長で1年〜1年半ほどまで支給を受けることが可能です

スポンサーリンク

② 傷病手当金の請求方法をわかりやすく解説

 

① 健康保険組合のHPで、自分が支給対象かをチェック

まずは自分が加入している「健康保険組合」のホームページを確認しましょう。

  • 傷病手当金制度 (または似たもの) があるか
  • 自分のケースでは、支給の対象になるか
  • どんな書類を揃えたらよいのか

マイナーな制度なので、総務の担当者自身も知らないこともあります。支給元は会社ではなく、あくまで健康保険組合です。「ほんとうは支給対象だった」という事態を避けるためにも、自分でしっかり確認しておきましょう。

スポンサーリンク

 

 

② 会社へ「傷病手当金の申請」を依頼する

申請に必要な書類は、

  • 医師の診断書 (病気・けがを証明するもの) 
  • 傷病手当金申請書(当事者・医師・会社、それぞれの記載があるもの)

がメインとなります。

書類の提出先は、在職中であれば会社へ、退職後は健康保険組合へ提出となりますが、組合により変わるので、健康保険組合にTELで確認すると安心ですね。在職中の場合は相談ではなく「健康保険組合に聞いたら、取れることがわかったので申請を手伝ってください」というスタンスでいくとスムーズです。

 

注意ポイント

そんな傷病手当金ですが、休んですぐに、申請ができるわけではないので注意が必要です。診断書や申請書には医師により「●月●日~●月●日まで休養が必要」という、細かい年月日が記載されます。

  • 休養期間が終わってからの申請、となり、
  • 健康保険組合の審査のあとに、該当金額が振り込まれる

という流れとなりますので、振り込まれるのは、傷病手当金の申請から3〜4ヶ月後になるのです。結果的にお金は多少なりとももらえるわけですが、すぐにもらえるわけではないのですね。( ※会社や健康保険組合によって提出期限が異なる可能性があるため、各々確認をお願いします )

スポンサーリンク

 

 

まとめ

というわけで、傷病手当金のもらい方をまとめはこちら。

  • (1)診断書を会社へ提出して、休養が必要なことを認識してもらう
  • (2)健康保険組合に、直接コンタクトを取って、傷病手当金を貰えるか確認
  • (3)会社へ「傷病手当金」の申請を手伝って貰えるよう依頼
  • (4)必要なタイミングでの申請

支給までには2~3ヶ月かかりますので、すぐに生活費にあてることはできないので注意が必要ですが、条件を満たせばしっかりともらうことができます。またこれはうつ病やパニック障害など、「精神的な理由で会社に行けなくなった場合」にも、診断書があれば申請できるものです。もし「私も該当するのでは」とおもったら、ぜひご自身の健康保険組合のHPをチェックしてみてくださいね。

関連記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です