【ヘンリー王子の回顧録スペア】薬物使用や童貞喪失、暴露本には何が書いてあったのか

イギリス王室

メーガン妃とともに王室離脱を果たした英国のヘンリー王子があらたに出版した回顧録「スペア」。本の名前には、王位継承人の兄ウィリアムと対比する、「スペアの相続人」という揶揄が含まれています。

中ではハリーが王室メンバーであった時代からの非難や批判、不満が明らかにされ、2020年に王室から離脱したことが大々的に報じられた経緯が詳しく記されていました。この記事では、暴露本「スペア」の内容をまとめていきたいとおもいます。

スポンサーリンク

ウィリアム王子に対する非難

ヘンリー王子は、暴露本スペアの中で兄ウィリアム王子の行いを非難しました。

注目されたのは、ふたりの関係と、報道機関との問題を話し合った時の体験談です。それは、ウィリアム王子がロンドンのケンジントン宮殿 (当時のヘンリー王子とメーガン妃の自宅)の敷地内にある、ノッティンガム・コテージに到着した時のことでした。

中でも衝撃だったのは、兄のウィリアム王子が、メーガン妃をめぐる口論の最中に”ヘンリー王子を床に叩きつけた“というヘンリー王子の主張です。この本によると、ふたりが会話したあとに衝突が起きたあとされており、その会話の中でウィリアム王子はメーガン妃のことを

「気難しく」「無礼」「目障り」

と呼んだといいます。

 

両者の対立はエスカレートし、ついにウィリアム王子は「私の胸ぐらをつかんでネックレスを引き裂き、私を床に叩きつけた」とヘンリー王子は書いています。

ヘンリー王子は本の中で、ウィリアム王子は反撃を促したが、彼はそれを拒否したと述べました。ウィリアムはその場を去りましたが、後に 「残念そうな顔」 をして謝罪したと付け加えました。

暴露インタビューの結果

冒頭でヘンリー王子は、2021年4月に祖父フィリップ殿下の葬儀のために、英国に戻ったことを回想しています。父であり現国王チャールズ3世とウィリアム王子に再会するのは、ヘンリー王子とメーガン妃がオプラ・ウィンフリーに暴露インタビューをして以来、はじめてのことでした。

私は祖父の葬儀のためだけに特別に飛行機で帰国しました。

解決策を模索するために、その間兄と父への密会を求めていました。

私は自分の立場を説明しようとしたのです。

 

しかし、実際チャールズ3世と兄ウィリアム王子は交戦体制であったと述べました。回想録によるとウィリアム王子との緊張状態が続いていたことも示唆されており、チャールズ3世が息子たちに、こう懇願したことも引用されています。

私の晩年を不幸にしないでくれ

 

 

スポンサーリンク

チャールズ3世の悪い冗談

また、ヘンリー王子は回想録の中で、チャールズ3世もかつて「ヘンリー王子の父親が誰なのかに」ついて冗談を言っていたと述べました。王子は父親について 「話をするのが好きな人だった」 と説明し、当時のチャールズ皇太子について語り、実母ダイアナとジェームズ・ヒューイット少佐との不倫を引き合いに出すこともあったと示唆しました。

私が本当の父親かどうかなんて誰にも分からない。

お前の本当の父親はブロードムアにいるかもしれない!

ヘンリー王子は、これを「私の本当の父は、母のかつての恋人の一人、ジェームズ・ヒューイット少佐だという噂が当時出回っていたことを考えると、笑えないジョークだと感じたと述べました。

ダイアナ妃は、今や悪名高いBBCパノラマのインタビューで、ヒューイットと5年にわたる不倫関係にあったことを認めています。実際に不倫関係が始まったのは1986年で、それはヘンリー王子が生まれた2年後だったといいます。

10代での薬物使用と童貞喪失

現在、メーガン妃と二人の子供と共にカリフォルニアに住むヘンリー王子ですが、17歳の時にコカインを服用していたことを認めています。

「もちろん使用していた」と認めた上で、 「あまり楽しくなかった」 「周りのみんなを楽しませるようやっただけで、特に嬉しかったわけではない」 とも述べました。そして、

しかし、これは違うと思っていました。私はひどく不幸な17歳の少年で、現状を変えるようなことならほとんど何でもやってみようと思っていました。

と続けました。実際ヘンリー王子は10代の時に大量飲酒とマリファナの使用を告白し、父親は彼を薬物リハビリセンターのPhoenix House UKに1日入院させています。

また自伝の中でヘンリー王子は童貞を失った日のことを「不名誉なエピソード」としてあげました。それは人通りの多いパブ裏の草地でのことだったと振り返り、相手の名前は明かさなかったものの、「馬好きで、自分のことを他と変わらないように扱ってくれた年上の女性」であったと綴りました。

母ダイアナの死

ヘンリー王子は回想録の中で、母ダイアナが死亡したパリのトンネルを旅したことも明かしています。ダイアナ元妃が亡くなったのは、1997年、ヘンリー王子が12歳の時でした。

ヘンリー王子は、2007年のラグビーワールドカップ準決勝に出席するためにフランスの首都に招かれました。街に出て最初の夜、彼は運転手に1997年にダイアナの車が衝突したトンネル (Pont de l’Alma) を知っているか尋ねたといいます。そしてヘンリー王子は運転手に、ダイアナ元妃が乗った車が出していたと思われる正確な速度 (時速65マイル、104km/h)で走行するよう求めたと続けました。

私はいつもトンネルを危険な通路だと想像していました。

しかしそれは、それは短くシンプルで余計なものがないトンネルでした。

ジェハリーは、弔問客と会った時、彼らの手が涙に濡れていることを感じたといいます。その時のことをビデオを見て振り返ったことにも触れ、「母には5万本の花束が贈られました。私たちは人々と握手をしながら微笑んでいた」といい、彼らが涙を癒してくれたと続けました。

スポンサーリンク

まとめ

海外の反応はいかなるものか。本の注目度に対して、レビューは荒れており、「この自己陶酔的で自己憐憫的な「本」を読むのはつらい」といった感想も見られます。

  • 75%は真実をねじ曲げた泣き言であり、
  • 一方メーガンがいかに素晴らしいかを書いた本

だと揶揄している人もいます。

ヘンリー王子はあのダイアナ元妃の息子です。ダイアナ妃もまたある種「自己憐憫」に長けた女性で、自己を憐れむ暴露インタビューで王室を揺るがせた存在でもありました。賛否両論 (否のが多い) ある暴露本「スペア」ですが、物事の見方、見せ方に際しては母親に、これと決めた女性に真っ直ぐになる所は父親に似ていることだけは確かなのかもしれません。

ちなみに値段は定価28ポンド、日本円にして4500円です。「注目を集めている」とはいわれていますが、過剰な被害者意識に世間はすでに飽き飽きしており、実際はそんなに売れていないのではないかといわれています。

関連記事

 

スポンサー広告
管理人

歴史オタクの英日翻訳者。

スペインの児童書「ベラスケスと十字の謎 」に魅了され、世界史に夢中に。読み漁った文献は国内外あわせて100書以上。史実をもとに、絵画や芸術品の背景にある人間ドラマを炙り出します。

Naaya Alexisをフォローする
イギリス王室
スポンサーリンク
Naaya Alexisをフォローする
怖い世界史ブログ
タイトルとURLをコピーしました