EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

シャドーイング3日目で英語が聞き取れるようになった話|TOEIC(L)満点

2019/10/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

はじめまして、通訳翻訳のNaa(@GogakuKimamani)です。いきなりですが、「突然英語が聞き取れるようになる」って聞いたことないですかこれ国産バイリンガルや、ペラペラな人と話すとよく出てくる話しなのです。「突然翻訳コン◯ャクを食べたかのように、全てがいきなり聞き取れるようになる」そんな魔法のような現象、今日はそこに至った経緯について分析していきます。

スポンサーリンク

衝撃!テレビの英語が、いきなり全部聞き取れるように!

 

留学6ヶ月目くらいだったと思います。

いつものように朝テレビをつけて、身支度を始めたら、物凄い違和感があったんです。

どういうことか、こちらの動画を見てみてください。

勉強の教材としても、内容も最高な結構「ハドソン川の奇跡(英語版)」の予告2分バージョンです。

これが、日本語と同じような意識で聞き取れるのです。

日本語を聞くときに、わたしたちはいちいち頭を使いませんよね。

ぼーっとしていても、何を行っているか、大体わかりますよねそんな感じです

無理なく、自然体でぼーっとしていても、自然に理解ができるようになったのです。

いままでは必死で、単語を思い出して、文法を組み合わせて、あっちゃこっちゃやっていたのに!

 

キッカケと思われるのは、「発音の克服」と「シャドーイング」

それこそ頭がおかしくなったかと思いました。

昨日までゴニョゴニョ~としか聞こえなかったものが、言語として聞こえるのですから。

数日で、何をやったか、思い出してみると、

  • 発音記号をマスターした
  • 自分が知っている単語の発音をはじから置き換えた
  • シャドーイングを狂ったように、1日7時間やった

魔法が起きたのは、シャドーイングの3日目だったんですね~。

英語脳とリスニングに効果があるとは言いますが、こんないきなり結果が出るとは

ポケモンに例えると、ヒトカゲが、いきなりリザードンになった感じです。

 

何でいままで英語が聞き取れなかったのか

聞き取るためのキーは、実は発音と、リズムにあったのです。

シャドーイングはネックな部分を解決してくれる、諸刃の剣のようなものだったんですね。

(ちなみに一度この間買感覚を覚えると、元には戻れません)

先ほどの動画のセリフを少しお借りして解説するとですね。

いままで私が思っていた音は、

高度2800メートルでのエンジン停止

This was dual-engine loss at 2,800 feet

ディスワズ ドュールエンジンロス アト トウェンティエイトハンドレッドフィート

しかしながら、本当の音は、

This was dual-engine loss at 2,800 feet

(ディスァズ ドュウル ゥエンジン ラサァド)(トゥエニィ エイトュハンドュレッ フイートュ)

リズムも、切るところも、全然違かったんですね~。

だから、文章が本当は文法的にわかるものでも、ネイティブの音で発音されてしまうアウト

頭の中でそれらが同じものだと紐づかず「聞き取れない」となってしまっていたんですね~。

シャドーイングで、無理やり、

  • ネイティブの音感
  • 英語独特のリズム
  • リンキングサウンド(つながる音)

を叩き込んだことで、知識と音繋がり、「全て聞き取れる」に逆転したわけです。(原始的ですね~)

 

音は聞き取れても、知らない単語はわからない

補足しておくと、自分が知らない単語、聞き取れても理解できるわけではないのです。

どういうことかというと、

歴史上にもない、これほど低い高度で。

at a lower altitude than any jet in history

(アダ ラゥアゥ ゥアルティチュード)(ゼン)(ゥエニ ジェッティン)(ヒストゥリィ)

この英文のなかにある「altitude」という単語を知らなかったとしますよね。

「ゥアルティチュード」といっているのはわかるけど、意味はわからないけれど、

at a lower altitude than any jet in history

(アダ ラゥアゥ ゥアルティチュード)(ゼン)(ゥエニ ジェッティン)(ヒストゥリィ)

歴史上にもない、これほど低いなんとかで」というところまでは理解できるんですね~。

私が聞き取れる(貫通する)ようになったのは、7年前ですが効力は変わりません

どころか、単語を覚えれば覚えるほど、理解力があがるわけです。

AIやロボットが台頭していますけれど、一番すごいのは人間の脳、仕組みですね~。

 

まとめ

 

というわけでまとめます。

  • 発音をマスターし、シャドーイングを1日7時間続けた
  • そしたらなんと。3日目で、英語が聞き取れるようになった
  • 聞き取れるようになった理由は、頭の知識と、ネイティブのリズム・音が繋がったから
  • 効果は永久、でも音は聞き取れても、さすがに知識にない単語の意味はわからないよ

ということでした。

ちなみに、リスニングアップのコツの方にやり方、詳細は(【TOEIC】リスニングのコツ|誰にでも出来て必ず伸びる3つの方法)に記載しています。コツを知ってやるか、やらないかで大きく人生が変わるもんですね。ぜひ、騙されたと思ってやってみてくださいね。(ちなみに効果を最大化するためには、TOEIC600以上の基礎力が必須なのでご注意を!)

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です