EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【働き方】好きな仕事の見つけ方5つ|充実した毎日を

2019/02/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

 

はじめまして、結果良ければ全て良し、好きな仕事で食べているNaa(@GogakuKimamani)です。

どういう事をしているかというと、通訳・翻訳、海外交渉、ブロガー、ライター、英会話スクールのカウンセラー、国際イベント運営見事に語学に関する仕事のみ、引き受けています。ちなみにここまでくるのに、7年掛かりました。いまは、プライベートと仕事の垣根なく、自由〜に過ごしています。

というわけで、今日は7年の経験をもとに、好きな仕事の見つけ方5つをご紹介します。

 

方法1 まずは、一番給与が高い仕事に就く

仕事があうか、あわないか、というのはやってみなければわかりません。期間を決めて、選り好みせず、一番給与が高い仕事、を軸に探し就いてみることもひとつです。なぜなら、仕事をしていく上で、「これは好き」「これは嫌い」というものがわかってくるから。

何かに精通するためには、それなりに勉強する必要があります。お金がかかることもあり得ますから、どっちにしろ何処かに属すならお金のたかいほうに。ただお金を重視しすぎて、残業や休日出勤、自分の時間が取れなくなってはその後の人生に支障がでますので、1年、2年、3年、とあらかじめ期限をきっておきましょう。

 

方法2 嫌いなことを、排除していく

好きな事を見つけるのが難しいヒトは、嫌いなことを除外していくというという手もあります。

  • 朝が早い仕事
  • 立ち仕事
  • 細かい作業が伴う仕事
  • 神経を使う仕事
  • 営業

ちなみにわたしはサービス業がめちゃくちゃ苦手です。嫌いなことを把握する、というのは、好きな事を把握するのと同じくらい大切なことです。「ちょっと嫌い」くらいでもどんどん除外していきましょう。

 

方法3 自分の枠にとらわれない

わたしも最初は「正社員じゃなきゃ」という思いが強く、「通訳」をしたくても、そのポジションがなく悶々と貿易業務を続けていたのですが、あること(マルチ商法に引っかかった)がキッカケで、派遣に道を変えたわけです。そしたら派遣には、通訳・翻訳ポジションがたくさんあったんですね〜。何故なら、正社員枠での通訳ポジション(で中途採用)がそもそも少ないからです。

つまり、枠内でやりたいことを見つけようとしても、物理的に出てこない可能性があるんですね。一旦正社員フィルターを取り外し、本当に好きな仕事をメインに、仕事情報サイトで検索してみてはいかがでしょうか。

 

方法4 本を読む、知見を広げる

「見つからない」のではなく、「知らないだけ」という可能性もあります。図書館に行って、パッと目についた本を2、3冊借りて読んでみましょう。自己啓発本でも、小説でも、自分が興味が持てるものであれば何でもいいです。

そのなかにどんな職業が描かれているのか、登場人物はどんな生き方をしているのか。本のなかで一番心に残った働き方・仕事をメモしておいて、現実世界で探す、という方法もあるのです。本は普段じゃ会えないようなヒトが残してくれている知の結晶ですからね、有益なことがいっぱいです。

 

方法5 いろんなヒトに会って、話しを聞く

実際に興味のある職業に就いている人に、お話しを聞いてみましょう。私もいまでこそ色々な仕事をしていますが、それはどれも人の影響が大きいです。前の会社の通訳さんがかっこよかったから、バリキャリの女性がかっこよかったから、ライターのお姉さんが綺麗だったから。

明確な理由はなく、「カッコよかったから」です。イメージの力は大きいです、好きな仕事を見つける、というより、自分にとって、とてもキラキラ輝いているように見える先輩を見つけて、そうなるためにはどうすれば、というところから考えていく手もありますね。

 

まとめ

 

というわけで好きな仕事を見つける方法、5つでした。

  • 方法1 まずは、一番給与が高い仕事に就く
  • 方法2 嫌いなことを、排除していく
  • 方法3 自分の枠にとらわれない
  • 方法4 本を読む、知見を広げる
  • 方法5 いろんなヒトに会って、話しを聞く

土日は閉じこもらず、どっちかだけでも外に出る、というのもありかもしれません。私も大学の友人経由でフリーの翻訳を受けたりしているので、人脈が思わぬ仕事を運んできてくれることもあります。今の仕事は嫌いじゃないけど、何となくつまらない、というひとは、【働き方】仕事が楽しくない人必見!楽しむヒトの10の習慣も参考にしてみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です