ボルシェヴィキ

王室の光と影

ロマノフ王朝生き残り説の真相【ニコライ皇帝一家惨殺事件】

304年間ロシアを支配した、ロマノフ王朝最後の君主ニコライ2世。彼が妻アレクサンドラと5人の子供と共にボリシェヴィキに処刑されたのは、1918年7月17日早朝のことでした。しかし一家の誰かが生き残ったという噂があちこちで聞かれたのです。本当...
呪われた王室

【血友病と皇太子アレクセイ】ロマノフ王朝を滅亡させた王室病

ロマノフ王朝 最後の皇太子アレヴィッチ・アレクセイの短い人生は痛みと苦しみに満ちていたといわれています。彼は生涯を通じて、先天性疾患である血友病に苦しみました。母アレクサンドラ皇后は、唯一の男児であった彼の命を心配するばかりに『怪僧ラスプー...
タイトルとURLをコピーしました