ヘンリー8世

イギリスの歴史

【アン・ブーリン、首なし幽霊の目撃談 】処刑された王妃の無念とは

イングランド王ヘンリー8世の2番目の妻アン・ブーリン。王の寵愛をうけ『王妃の座』につくも、男児ができないアンに嫌気がさした王は彼女に無実の罪をきせ処刑。 彼女が閉じ込められたロンドン塔では、いまも無念をはらせないアンの幽霊がでるといい...
イギリスの歴史

【血まみれの王室】フェリペ2世に狙われたイングランド女王たち

中世のスペインハプスブルク家は世界を支配していたといっても過言ではなく、「スペインが動けば世界が震える」といわれ、「スペイン人」と聞くだけで何をされるのかと恐れ震える人もいたそうです。そんなスペイン黄金時代に君臨したのがフェリペ2世。 し...
世界史奇談

【王室の愛人物語】したたかに、歴史に名を刻んだ3人の女性

『王室の愛人』の称号は何千前からありますが、歴史書にその存在が記載されることはありません。壮絶なドラマやスキャンダルが愛妾たちをとりかこみ、ときにその渦のなかに周りの人たちも巻き込まれていきました。王室の愛人や恋人は、その地でもっとも高い地...
スポンサーリンク
テューダー朝

【アンブーリンの肖像画まとめ】イングランド王も惑した魅惑の女性

ヘンリー8世の後妻アン・ブーリン。エリザベス1世の母としても知られている彼女ですが、王妃の座を得たのも束の間、国王の気まぐれにより処刑されてしまいます。さいきんでは映画『ブーリン家の姉妹』でナタリー・ポートマンがアン役をこなしたことでも話題...
テューダー朝

【ヘンリー八世】絶対君主、6人もの妃を娶ったお騒がせのイングランド王

6人の妻のうち2人までも断頭台へ送ったことで知られるイングンド王ヘンリー8世。女好きで冷酷な性格で知られる彼は一体何者だったのか、この記事ではヘンリー8世をかんたんにご紹介します。 ヘンリー8世とは何者なのか 中世テューダー朝のイングラ...
テューダー朝

【テューダー朝の家系図】権力闘争がひしめいた時代、イラストと肖像画で学ぶ世界史

中世イングランドに存在したテューダー朝。この記事では、この「テューダー朝」を肖像画や家系図とあわせてわかりやすくご紹介します。
テューダー朝

ハンプトンコート宮殿【ヘンリー八世が暮らした中世の居城】

ハンプトン・コート宮殿は、英国ロンドン中央部から見てテムズ川の上流に位置し、中世に存在したテューダー王朝の本拠地です。宮殿は現在主要な観光名所として、一般公開されており、宮殿の庭園は毎年開催される『ハンプトン・コート宮殿フラワー・ショー』の...
テューダー朝

【意外な功績】豪胆なヘンリー8世の生涯と知られざる5つの側面

6度の結婚に加えて、ローマ・カトリック教会との断絶でも有名なヘンリー8世。彼は2人の王妃アンとキャサリンを断頭台へ送っており、その傲慢さと残虐さでも名を馳せていますが、功績と呼べるものは本当にそれだけだったのでしょうか。この記事ではヘンリー...
テューダー朝

テューダー朝の家系図【混沌の時代を徹底図解でわかりやすく解説】

この記事では、家系図を用いて、テューダー朝の成り立ちから終焉までをご紹介していきます。(家系図作るの結構大変だったけど、割とわかりやすくできたので少しでも面白さが伝わると嬉しいです)
スコットランドの歴史

【メアリーステュアートの処刑失敗説】2度斧を振り下ろされても首は落ちなかった!?

お騒がせ女王として名を馳せ、最後まで粘り強さを見せたメアリー・ステュアート。首切り人の斧は思う通りにいかず、「斧」を何度も振り下ろすハメになったといわれています。この記事では、斬首人さえも困らせた彼女の処刑までをおっていきたいとおもいます。...
タイトルとURLをコピーしました