ブルボン王朝

フランスの歴史

【マリーアントワネットの子供たちはどうなったのか】恐怖の監禁生活とその後

フランス革命ではマリー・アントワネットの子供達も残酷な目にあい、息子は処刑よりも悲しい最期を迎え、生き残ったのは長女マリー・テレーズだけでした。そんな彼女も幽閉から2年後に解放された時には、失語症のようになっていたといいます。この記事ではマ...
フランス革命

【簡単にわかるヴァレンヌ事件】なぜ国王ルイ16世は逃亡を試みたのか

国外脱出をくわだてた国王一家はヴァレンヌで逮捕。「国を捨てるのか」とフランスの民衆は憤慨し、国王の権威は失墜。ギロチン処刑にもつながったとされるこの事件、ルイ16世は本当に国を捨てようとしたのか。この記事ではヴァレンヌ事件をご紹介するとともに、なぜ国王は逃亡を試みたのかを解説していきます。
フランスの歴史

【フロンドの乱とは】幼きルイ14世を恐怖のどん底に陥れた貴族達の逆襲

ルイ14世に多大な影響を与え、彼の人生とフランスの宿命を変えたといわれるフロンドの乱。17世紀のフランス、王室に意を唱えた貴族たちが一大勢力となって巻き起こった反乱で、最終的に貴族勢力は打倒され絶対王政の確立につながった戦いです。この記事で...
フランスの歴史

【ルイ18世とは】ナポレオンから王位奪還に成功したフランス皇帝

フランス革命でギロチンにかけられたルイ16世。彼がブルボン王家の血をたやさないよう、亡命を命じた弟こそがのちのルイ18世 (ルイ・スタニラス)でした。しかしルイ16世はマリー・アントワネットら家族とともに国外逃亡を企てるも、ヴァレンヌで捕ま...
フランスの歴史

【ルイ15世の寵姫 ポンパドゥール夫人】ベッドから国政を牛耳ったしたたかな女性

美王と呼ばれたフランス王ルイ15世。その寵姫こそ、生まれ持った美貌と才覚でのし上がったポンパドゥール夫人です。実際に国政にも参加し実績も残した彼女、最期の言葉は「ではこのへんで」と潔く、美しくも潔くかっこいい女性でした。今日はルイ15世の愛...
歴史に名を残した女性たち

【ルイ14世が頼りにした敬虔な王妃】マリーテレーズ・ドートリッシュの生涯 (前編)

フランスルイ14世の元へ嫁いだのは、スペインハプスブルク家の当主フェリペ4世の娘マリー・テレーズ。敬虔なカトリック国で生まれた彼女は、両国の平和のために慣れないフランス宮廷へと嫁ぎました。結婚の時に父帝は、娘へこう言ったといいます。 ...
家系図でみる王室物語

【家系図でみるシャルル10世と長男ルイ・アントワーヌ】 激動の時代を生きた皇太子

1830年に退位したシャルル10世の息子であり、フランスの皇太子 ルイ・アントワーヌ (アングレーム公)。処刑されたルイ16世とマリー・アントワネット間にうまれ、フランス革命を生き残った唯一の子マリー・テレーズと結婚し、一時は過激な王党派と...
タイトルとURLをコピーしました