ロンドン・ナショナルギャラリー

絵画や神話・物語

【愛の寓意をわかりやすく解説】ブロンズィーノが描いた憂いの欺瞞と愛欲

1545年頃、ブロンズィーノによって描かれた愛の寓意。これは寓意画という、色々要素 (たとえ) をいれこむことにより、絵画に物語を吹き込むスタイルの作品ですね。今日はこの意味ありげで、複雑な作品をわかりやすく解説していきます。
その他

ロンギの絵画にはなぜ不気味な仮面が描かれているのか

1701年にベニスで生まれたイタリア人画家、ピエトロ・ロンギ。彼は人間の個性や情熱をキャンバスで表現する独自の方法を発見しイタリアの絵画芸術の輝きを飛躍的に高めた人物で、彼の絵画にはとりわけ禍々しい『仮面の人物』が多く登場します。 今回ロ...
その他

知っておきたい【光と影の巨匠レンブラントの波乱万丈な人生】

光と影を魔術師 レンブラント、バロック期を代表する画家のひとりです。しかしその名声と、美しい絵画は、彼の波乱万丈な人生の上に成り立っていました。この記事では、巨匠レンブラントの波乱万丈な人生と、光と陰に隠された裏話をご紹介したいとおもいます...
スポンサーリンク
その他

無垢の象徴【クリヴェッリの聖エミディウスを伴う受胎告知を優しく解説】

ルネサンスの”奇才の画家”が巨大カンヴァスに描いた、超絶細密な受胎告知。パッと目を引く色鮮やかさ、そして繊細にディティールが描かれた圧巻の絵画です。右側に描かれている透明感溢れる美女が聖母マリア、その前にいるのが天使ガブリエル。まるでいまに...
その他

【信念を貫き自己破産】巨匠レンブラントの光に潜む影 (後編)

純中満帆にみえた画家の人生に、大きな影がチラつき始めた。こちらの記事に続く、後編です。 レンブラントの信用を大暴落させた、女性スキャンダル 乳母のヘールチェ・ディルクスを愛人にするが ティトゥスの乳母としてレンブラントに雇...
その他

【ボッティチェリ 聖ゼノビウスの生涯の四つの場面】を優しく解説

いい加減戦闘のゴタゴタにも飽き「ちょっとラクでもしたい、娯楽がほしい」「芸術にも自由を」といった風潮がうまれた14世紀のイタリア。今日はそんな時代に生まれたフィレンツェ派の代表画家ボッティチェリと、彼の名画『聖ゼノビウスの生涯の四つの場面』...
その他

ロンドンナショナルギャラリー【自宅で名画を再現 オマージュまとめ】

新型コロナウイルスで外出禁止が続くイギリス、休業を余儀なくされたロンドンナショナルギャラリーのスタッフが「自宅で名画を再現」し、SNSで話題になりました。 キッチンタオルの帽子など身近なもので小物を代用したり、ペットが加わったりウナギ...
奇人変人

【どこか切なくて怖い】ゴッホのひまわりにこめられた10の物語

2020年6月から開催となった、上野国立西洋美術館のロンドン・ナショナル・ギャラリー展。「英国が誇る至宝、奇跡の初来日」をキャッチフレーズにしたこの展覧会ではゴッホのひまわりが来日しました。この記事では本物を思いっきり味わうための事前知識と...
その他

【マルタとマリアの家のキリスト】あなたはどちらに共感しますか

物語の主人公は、まったく正反対の2人の姉妹。不満げにこちらを見つめる姉マルタと、後ろで主イエスの話しを穏やかにきくほがらかな妹マリア。ディエゴ・ベラスケスは彼独特の解釈と画法で、福音書に記された物語の1つをひとつのキャンパスに表現しました。...
その他

『 ロザリオを持つ老女の肖像画』にこめられた悲しい物語

ロンドン・ナショナルギャラリー展に所蔵されている、ポール・セザンヌの『ロザリオを持つ老女の肖像画』。険しい顔でうつむいた拳を握りしめた老婆からは、怒りなのか悲しみなのか、抱えきれない感情が溢れ出している。今日はこの絵画に込められた意味と魅力...
タイトルとURLをコピーしました