メアリーステュアート

悲劇の王妃

【メアリーステュアートの生い立ち】生まれながらのスコットランド女王

魅惑の女王メアリー・ステュアート。生後6日目にしてスコットランド女王となり、イギリスから逃れるためにフランス宮廷へはいります。多くの男性と恋をして自由奔放したたかに生きるも、最後は英国女王のエリザベス1世の暗殺計画をたて、処刑されるというな...
魅惑のイギリス王室

【エリザベス1世】悲劇の王妃の元にうまれたイングランド女王

イングランド王ヘンリー8世と、2番目の王妃アン・ブーリンの間に生まれたエリザベス1世。イギリス史上最も有名な君主にして、イングランドに黄金時代を築き『発展の礎』を作り上げた人物です。この記事では、イギリスにほぼ半世紀の安定をもたらしたといわ...
その他

【メアリースチュアートの処刑失敗説】お騒がせのスコットランド女王

メアリースチュアートがスコットランド女王になったのは1542年、生後6日目のことでした。陰謀をもったイングランドに狙われフランスへ逃げ、あげく王妃になるも夫が亡くなり故郷へ帰国。その後は恋人を次々にかえ、あげく邪魔になった旦那を殺害。居場所...
タイトルとURLをコピーしました