メアリー スチュアート

悲劇の王妃

【メアリーステュアートの生い立ち】生まれながらのスコットランド女王

魅惑の女王メアリー・ステュアート。生後6日目にしてスコットランド女王となり、イギリスから逃れるためにフランス宮廷へはいります。多くの男性と恋をして自由奔放したたかに生きるも、最後は英国女王のエリザベス1世の暗殺計画をたて、処刑されるというな...
その他

【エリザベス1世とメアリーステュアート】運命を分つふたりの女王

イングランド女王エリザベス1世と、スコットランド女王メアリー・ステュアートは、歴史のなかで最もスキャンダラスなライバルでありました。戦術的で社交上手なヴァージンクイーンとしてイングランドに安寧を導いたエリザベスと、魅力的でロマンティックだけ...
その他

【メアリースチュアートの処刑失敗説】お騒がせのスコットランド女王

メアリースチュアートがスコットランド女王になったのは1542年、生後6日目のことでした。陰謀をもったイングランドに狙われフランスへ逃げ、あげく王妃になるも夫が亡くなり故郷へ帰国。その後は恋人を次々にかえ、あげく邪魔になった旦那を殺害。居場所...
タイトルとURLをコピーしました