ロマノフ王朝

その他

【エカチェリーナ2世を知るための5つのこと】女帝は浮気し放題!?

1718世紀ロシアのトップに君臨し、大女帝と呼ばれたエカチェリーナ (旧名キャサリン)。この記事では、この有名なロシアの統治者『エカチェリーナ2世』に関して、知られざる5つのことをご紹介します。 スポンサーリンク (ads...
その他

【ピョートル3世】あっさりと妃に玉座を奪われたポンコツなロシア皇帝

わずか半年だけロシアのツァーリとして君臨した、ピョートル3世。ドイツで育ったピョートルは、プロセインに憧れフリードリヒ大王を崇拝しておりました。ツァーリになるや、彼のためにオーストリア、フランスと築き上げた同盟を破棄してロシア軍を撤退させる...
その他

【ロシアファッション】伝統衣装をより理解するための用語5つ

ロシアの伝統的なファッションは、9世紀から形作られてきました。18世紀初頭まで、農民や少年 (貴族) は伝統的な衣装を着ていましたが、18世紀ヨーロッパ文化に感化されたピョートル大帝は、都市で伝統衣装を着ることを禁じました。 そんな中...
その他

【ピョートル大帝】異母姉に何度も殺されかけたイケメン変革者

ロマノフ王朝 3代目のツァーリは、長身のイケメン『ピョートル1世』。望まれて『ロシア皇帝 (ツァーリ) 』の座についたのに、野心にあふれた義理の姉ソフィアに殺されかけ、骨肉の争いのすえに命からがら王冠を奪還。新しい首都を開拓し、絶対王政の基...
歴史に名を残した女性たち

エリザヴェータが歩いた茨の道【賢明で愛くるしいロココ風の女帝】

中世ロマノフ王朝にあらわれた長身のイケメン変革者のピョートル大帝の娘「エリザヴェータ」。王位継承権一位だった彼女ですが、なかなか良い風が吹かず次々別の人間が玉座につくのをただ見ているしかできない苦い日々がありました。この記事では、皇女エリザ...
タイトルとURLをコピーしました